スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

発明家の奏でる分厚いサウンド

いよいよ今年も残すところ1カ月とちょっとということで

始まった今週、年末へのカウントダウンも聞こえてきそうな、

そんな雰囲気になってます。

そして、秋も終わりを告げ、本格的な冬も間近、いよいよ

寒さも増してきた今日この頃ってことなんですけど、

そんな最中の今週のブログ★ラヂオってことになりますが、

鍋物も美味しい季節っていうんですか、暖かめな感じが

欲しくなるシーズンみたいなところで、暖色系の音とでも

言いましょうか、分厚い厚塗りで、骨太な感じのするロック、

見た目もちょっと鬱陶しく、むさ苦しく、暑苦しい^^、

みたいなところで、今週は何曲か行ってみようと考えてます。

で、本日の登場となるのは、ボストン

このバンドのリーダーでありギタリストのトム・ショルツの

ほぼソロ・プロジェクトと言っていいバンドなんですけど、

幾重にも重ねられたギターの多重録音により、実に分厚いサウンドが

構築されているバンドということになります。

まぁ、元祖宅録男って感じもする分けですが^^

ボーカル以外のパートはほとんど全て、トム・ショルツの演奏によって

録音されいるようです。(特にファースト・アルバムにおいて)

1970年代の中盤に頭角を現したバンドで、現在の様にパソコンの使用で、

ある程度は手軽に多重録音ができてしまうといった環境では、もちろん

なかった分けですが、それでも、シンセサイザーくらいは当時も

あったんですけど、あくまでも、ギターの多重録音にこだわった

ということで、アルバムジャケットにはわざわざ、

「No Synthesizers Used(シンセサイザー使用せず)」、

「No Computers Used(コンピュータ使用せず)」というファンの

間では有名な、そんなクレジットを記すほど、

手作りのサウンドにこだわった多重録音ってことになってます。

なので、レコードも生でバンドが演奏しているようなライブ感が

表現されているという寸法になってます。

お送りする曲は1978年の発表で、全米No.1にもなった

セカンドアルバム、「ドント・ルック・バック」からの表題曲で、

「ドント・ルック・バック」です。

映像は、ライヴ演奏といった様子になってますが、

向かって左端の白服のギタリストがトム・ショルツ、そして、

ヴォーカルのブラッド・デルプ以外は、ファーストアルバム発売後

急遽集められたツアー・メンバーということのようです。

それにしても、トム・ショルツっていう人、発明家としても

知られていて、当時は、ポラロイドカメラを発明したのはこの人だと、

まことしやかに噂されていたり(ポラロイド社の社員だったことは事実)、

ギターアンプやエフェクターの発明のみならず、「留守中の植物への水やり機」、

「絶対にチューニングの狂わないギター」といった数多くの発明で、

特許を取得していると言われています。

ロック界のドクター中松ってことになるんじゃないでしょうか^^

ということで、ボストンで、「ドント・ルック・バック」です。



Boston - Don't Look Back




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

土の香りのシンガーソングライター

「もの思う秋」に、いつも一人で思い悩んでいる感じのする

基本孤独な、もの思うシンガーソングライターということで、

今週はやらせてもらいました。

本日は、最近エルトン・ジョンと共作したアルバムを発表したりで、



話題になってる・・・というかあまり話題になってる様子もないの

で残念ではありますが(笑)・・・レオン・ラッセルの登場ということで

行ってみたいと思います。。

レオン・ラッセルは、アメリカ、オクラホマ州出身、

キーボーディストとしてレコーディング、セッションミュージシャン

としても活躍した後、ソロ・アーティスト、シンガーソングライター

として、最初はウェスト・コーストの地、ロサンゼルスで、

知られるようになりました。

でも、演奏していた音楽は、アメリカ南部のルーツ・ミュージックを

基本にしたもので、サザン・ロックなんて言われてますが、

それをさらに泥臭くしたようなスワンプ・ロックとも呼ばれ

るもので、その代表格のアーティストということになります。

で、本日の一曲は、そんなスワンプ・ロックテイストな、

ご機嫌でノリノリなナンバー、「デルタ・レディ」です。

とにかく、スタンダードと呼ばれるような、それこそ、

カバーしている人が大勢いる「ソング・フォー・ユー」、

「マスカレード」、「スーパー・スター」・・・等々といった

数々の名曲の作者でもあるレオン・ラッセルではありますが、

どちらかというと、しっとり系の曲で多くの人に

知られているということになるようです。

(しっとり系の代表曲「ソング・フォー・ユー」は、

過去にアップしてます、コチラでどうぞ)

が、本日は、ノリノリ、スワンプ・ロックの「デルタ・レディ」

ってことなんですけど、ソング・ライティングの巧みさは

やはり、しっかりと感じさせるいい曲であろうと思います。

まぁ、こんな感じで、ご機嫌な週末を、ってことでいかがでしょう^^

なんだか、このダミ声といい、サザン・オール・スターズを

私は思い出してしまうのですが、桑田佳祐に与えたこの人の

影響というのは、きっと絶大なものがあるんじゃないでしょうか。

ということで、これは、1970年発表の彼の名前を冠した

デビュー・アルバム「レオン・ラッセル」に収録されている一曲になりますが、

レオン・ラッセルで、「デルタ・レディ」です。

それにしても、演奏が終わった後の静寂はなんなんでしょう(爆)



Leon Russell - Delta Lady

Delta Lady - A Song for You




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ココは「誠実」なブログってことで

今週は、「もの思う秋」ということで、

いつも一人で思い悩んでいる感じがする、というか、

思い悩んで、それを歌にするのが仕事といった感もある^^、

シンガーソングライターの作品を何曲かチョイスということで、

お送りしています。

本日はビリー・ジョエルの登場、曲は、ちょっとベタな感じも

するところかとは思いますが、「オネスティ」で行ってみます。

まぁ、洋楽においての名曲の基本みたいな感じですけどね^^

そんな、スタンダード的なところは、取りあえずアップさせて

いただこうと考えているブログ★ラヂオ、ということでもありますが、

この「オネスティ」、1978年発表のアルバム

ニューヨーク52番街」に収録されシングルカット

されていて、意外にも全米のチャートでは24位止まり

ということだったようです。

日本では、CM等で起用されていたりで、ひょっとしたら、

ビリーの曲の中では、一番知られている曲なんじゃないかって

思うくらいなんですけどね。

この曲も日本人の心情に良くフィットする曲ということに

なるんだと思います。

なんたって、直訳すれば「誠実」ということになりますからね。

当然、誠実をテーマにした曲で、世の中は、不誠実に溢れ、

誠実さを得ることは難しいが、それでも誠実さを求めていくという

内容の歌です(訳詞はコチラでどうぞ)

・・・ってまぁ、ちょいと気恥ずかしい感じっていうんですかね、

その辺がベタなような・・・なんてことを言うと怒られてしまいそうですが(笑)

映像は、これは、2008年、東京ドームで行われた、

来日公演の模様なんですけど、さすがに、年取ったなぁという

印象は否めませんし、声も若干全盛期の頃よりは細っているよう

にも思うんですけど、それでも、私は、若い時の歌より、

俄然こちらの方が、感動的な歌に聴こえてしまいました。

この人もいい感じで年を取ってるってことになるんだと思います。

ということで、ビリー・ジョエルで、

「オネスティ」です。



Billy Joel - Honesty




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

一発当てた今時シンガーソングライターの応援歌

なんだか雨模様、冴えない天気の週が明けての月曜ということに

なってます。基本、まぁ、憂鬱な気分になってしまう人の

多い月曜かとも思うし、さらに天気まで悪いとなるとですね、

ロウなテンション、かったるさも倍増ってな感じに陥って

しまう分けですが、そんな悪環境の最中、ブログ★ラヂオは

本日も更新させていただくということになるんですけど、

ここのところ、秋という季節にかこつけて曲を選ばせて

もらっていて、まぁ、今週もそんな感じで行ってみる分けですが、

秋といえば「もの思う」っていうんですか、思わず

物思いに耽ってしまうような、そんなシチュエーションにも

ピッタリなシーズンでもある分けで、月曜で天気悪いところへ、

さらに追い打ちをかけるような感じに

なってしまうのかもしれませんが・・・^^、「もの思う」といえば、

なんか、いつも一人で悩み事を抱えてるって感じを漂わせる

シンガーソングライターの作品といったところで何曲か、

今週は行ってみたいと思います。

で、一発目、登場していただくのは、ダニエル・パウターって

ところでどうでしょう。

おそらく、基本オールド・スクールなココでは、異例な人の登場と

なるのかもしれませんが、それでも、今から4~5年前、

2005年から06年にかけて盛り上がったアーティストということに

なります。

カナダ出身の主にピアノの弾き語りスタイルの

シンガーソングライター、

で、まぁ、すでに、一発屋の雰囲気さえ漂ってますけどね(笑)

曲はもちろん、世界中でヒットした

「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」(原題:「Bad Day」)です。

日本でも洋楽としては、異例の大ヒットを記録していて、

当時は、いたるところで聴かれたように思います。

でも、通しで、じっくり聴いた人というのは、実は私を含めてそうは

いないのかなという気もするし、今回ココで、そのPVをじっくり

観て頂ければ幸いかなとも思います。なかなか、物語性のある

良くできた面白いPVだったんだなぁ、って私は思って

しまったんですけどね^^

最近は、日本の洋楽シーンだと、やはりレディー・ガガといった

ところが持てはやされてるようですけどね、どうなんでしょう、

こういった人より、ダニエル・パウターの方が圧倒的にヒット

してしまう日本、なんだかんだ言っても、人の心情を歌にしたような、

落ち着きのある曲の方が皆のウケは良いってことで、

人それぞれだとは思いますが、私はこの国は、やはり良い国なんじゃ

ないかなぁと思ったりもします。

ということで、ダニエル・パウターで、

「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」です。


映像が切れ切れになってしまう人(または見れない人)は

コチラ(YouTube)でどうぞ。

Daniel Powter - Bad Day

Bad Day - Daniel Powter




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

秋のエレガント十字軍

本日も、秋のオシャレ、シックでエレガントな

ブラック・ミュージック、っつーことでやらせて頂く

ブログ★ラヂオということで、ご登場して頂くのは、

クルセイダーズ with ランディ・クロフォードって感じに

なりますが、昨日の「モ・ベター・ブルース」に引き続きの

クルセイダーズというのは、ちょっと前にもあったような展開だと

思うんですけど、まぁ、最近のブログ★ラヂオはそんなモード、

そんなデジャヴということで、ご容赦頂くといたしまして^^、

曲は、「ソウル・シャドウズ」で行ってみます。

1980年発表のアルバム、「ラプソディ&ブルース」に

収録されている一曲なんですけど、そこでのヴォーカルは

ビル・ウィザースがとっていて、渋く、そして、ちょっと

泥臭い感じのする名演、ファンの間では良く知られている

名曲になってますが(コチラでどうぞ)、

今回は、ランディ・クロフォードが歌っている映像で、

これが、なかなかグッとくる演奏を発見しましたので、

そちらを取り上げさせて頂くことにいたします。

ランディ・クロフォードとクルセイダーズと言えば、

「ストリート・ライフ」というヒット曲がどうしても思い

浮んでしまう分けですが(こちらも、ノリのいい名曲、以前に

ピック・アップさせてもらってます、コチラでどうぞ)、どうやら、

クルセイダーズとランディというのは、相性の良さは抜群

ということのようです。

伸び伸びと気持ちよさそうに歌ってる様子が伝わってきます。

ランディ・クロフォードの歌というのは、もの凄く

情感を込めて歌っているという感じなんですけど、

でも、さほど重くはならない、みたいなのが、

ホント、いい感じ、いい歌手だと思います。

で、今回もジョー・サンプルともう一人のクルセイダーズ、

サックスのウィルトン・フェルダーが、渋くもあり

豪快で男前のソロを披露してくれてますし、客演で

ギターを弾いているのは、あの「ゴースト・バスターズ」、

レイ・パーカーJr.ってことになってます。

2003年、モントルーでのライヴの模様です。

ってことで、シックでエレガントというお題には、

まさにピッタリな演奏になるのではないでしょうか、

クルセイダーズ with ランディ・クロフォードで、

「ソウル・シャドウズ」です。



The Crusaders - Soul Shadows

Soul Shadows (Edit) - The Crusaders - Gold




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

女優が歌うからこそのオシャレ

エレガントでシックなオシャレな秋の

ブラック・ミュージック、なんていうことで始めた

今週のブログ★ラヂオですが、本日は、

何週間か前に取り上げていて、

その時についでに見つけておいた映像となりますが、

スパイク・リー監督の1990年に公開された映画、

モ・ベター・ブルース」から、シンダ・ウィリアムスの

歌唱で、「ハーレム・ブルース」を行ってみます。

前回はそのテーマ・ソング(コチラでどうぞ)だったんですが、

今回は、劇中歌ということになります。

これもまた、すこぶる良い出来、ヒットもなにもしてませんが、

名曲だと思います。

シンダ・ウィリアムスは、本職が女優ということになりますかね、

映画では、主人公のデンゼル・ワシントンの浮気相手という設定に

なっていたと思いますが、今回ピック・アップさせていただいた映像で

歌っているのがその人、サントラ盤でも実際に彼女が歌ってます。

でも、他のメンバーは、特にソプラノ・サックスの

ウェズリー・スナイプスが目を引きますが、演技です。

実際に吹いてるのは、この映画の音楽担当をしていて、

昨日も登場した、ブランフォード・マルサリスということになります。

まぁ、シンダ・ウィリアムスは先ほども書いたとおり、

女優が本業というこで、本格的な歌手と比べてしまうと

ちょっぴり見劣りする歌、なんとなく余裕がないような、

ぎこちなく聴こえてしまうように感じることろもあるんですけど、

でも、その辺が今回テーマの「オシャレな秋」ということに

なるのではないかと思ったりもする分けです。

松坂慶子の「愛の水中花」パターンとでも申しましょうか^^

例えば、この歌は、ホイットニー・ヒューストンあたりが歌っても

バッチリハマると思うんですけど、それだと、本格的に

上手過ぎて、あまりオシャレにはならないよな気もします。

・・・って、まぁ、ものは言いようってやつですが^^

因みに、この曲は、意外なところで、というか、それもあるのかな

というか、どっちだかよく分かりませんが、日本では、UAがカバー

しているようです(コチラでどうぞ)

そしてさらには、この映画「モ・ベター・ブルース」のあらすじ、

解説等は、Wikiに詳しいので、コチラでどうぞ。

ということで、シンダ・ウィリアムスで、

「ハーレム・ブルース」です。



Cynda Williams - Harlem Blues

Harlem Blues - Fine Feathers Make Fine Birds ← UAのバージョンです




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヒップホップ・ミーツ・ジャズ

深まりゆく秋、というか、冬の訪れを感じさせる様な

今日この頃ということになってますが、

いかがお過ごしでしょう。

今週のブログ★ラヂオは、そんな流れを受けて、

まぁ、いつものことではありますが・・・今週もそんな感じで、

オシャレを楽しむ秋とでも言っちゃいましょうか、

シックでエレガントな装い、なんつー感じの

ブラック・ミュージックといったところで、

何曲かいってみたいと思います。

で、最初の登場になるのが、バックショット・ルフォンク、

つっても聞き馴染みのないバンドなのかもしれませんが、

ジャズのサックス奏者、ブランフォード・マルサリスが中心になって

結成された、バンドというかプロジェクト・ユニットです。

曲は、「ミュージック・エヴォリューション」という

1997年に発表された同名のアルバムに収められた、

タイトル曲です。

1997年って、もうそんなに経つのか?、と思ってしまいましたが、

この曲は、ジャズとヒップホップがオシャレに且つ、カッコ良く

融合されたナンバー、ノリがいいので今週のテーマにしようと

思っていたシックでエレガントというのとは

早くもちょっと違う気はしますが^^;、

今でも十分オシャレなのは間違いないし、

今週一発目ということで、掴みとしてはノリが良いのもいいのでは、

と思い選んでみました。

私は、最近は常々、ボーダーレスな音楽が今っぽいし、

今日的な音楽としてカッコイイと思ってるんですけど、

このバックショット・ルフォンクは、まさにそんな感じ。

ジャズ、R&B、ヒップホップ、さらにはロックといった

音楽が高レベルで融合されているよになっていて、

この「Music Evolution」というアルバムは、

この曲のように、一曲の中で融合されていたり、さらには、

ジャズ寄りの曲、ロック寄り、はたまた、バラード調R&Bの曲と

雑多に、ごった煮的に収録されていて、

それでいて、どれもが素晴らしい出来、しかも聴きやすいということで、

今でも私の愛聴盤になってます。

ブランフォード・マルサリスは、ジャズに留まらず、

スティングのバックで演奏したりと、多方面の分野で活躍する

アーティスト、ここ日本では地味ではありますが、

注目に値するアーティストであろうと思ってます。

ということで、バックショット・ルフォンクで、

「ミュージック・エヴォリューション」です。


buckshot lefonque - music evolution live npa 投稿者 npanthony

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Buckshot LeFonque - Music Evolution

PVもあったので↓でどうぞ







(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。