スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユニークなシンガーの耽美的世界

昨日はプロ野球ドラフト会議があり、ハンカチ王子、

斎藤佑樹投手の入団交渉権を日ハムが獲得したりだとか、

季節外れの台風が接近中などというニュースが

目を引きましたが、そんな軽い前置きも織り交ぜつつ、

秋の夜長、アコースティックな調べということで、

本日も、ココ、ブログ★ラヂオはお送りしてまいります。

登場となるのは、カサンドラ・ウィルソン、曲は、

「ハーヴェスト・ムーン」です。

1996年、ブルー・ノートから発表され、絶賛を浴びたアルバム

ニュー・ムーン・ドーター」に収録された一曲です。

選ばせて頂いた映像は、イントロから何やら尋常じゃない

空気の漂う、非常にユニークな演奏形態、実に彼女独特の

世界が繰り広げられていく分けですが、静かな演奏ながらも

つい引き込まれていってしまうのは、

間違いのないところだと思います。

男勝りのドスの効いた低音で歌う彼女も、ホント、ユニーク

なんですけど、それでいて、超上手い、現代を代表する、本格派

ジャズシンガーであるとも言えます。

因みに、この曲「ハーヴェスト・ムーン」なんですけど、

オリジナルは、ニール・ヤングの名曲ということで、

これまた、畑違いのジャンルからのユニークなカバーになってます。

もっとも、カサンドラは、ジャズにカテゴライズされる人では

ありますが、あまりそこにこだわるという分けでもなく、ある意味

ミクスチャー、そして、オーガニックといった音楽性が、

この人の持ち味になってます。

ニール・ヤングのオリジナルは、↓URLで聴けるので、

興味のある方は、どうぞ。こちらも、メインにしたいくらいの

良い演奏でした^^

http://www.youtube.com/watch?v=ADUC4l6t3Bk

ということで、「ハーヴェスト・ムーン」、

意味は、「中秋の満月」(goo調べ)となるようですが、

カサンドラ・ウィルソンでどうぞ。



Cassandra Wilson - Harvest Moon

Harvest Moon - New Moon Daughter



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

優雅なオーケストラ・バージョンってことで

今日は寒いです。

長い夏、短い秋、早い冬の訪れとでも言うんでしょうか、

体に優しい、ちょうどいい気候というのは、

あっという間に過ぎ去ってしまうって感じで、

ん~、生きていくというのは、厳しいもんだ・・・

と、分けの分からない前置きは、さて置いて、

今週は、秋のアコースティック・サウンドということ

なんですけどね、本日は、豪華版です、なんてったって、

オーケストラがバックですからね^^

メインとなるのはクルセイダーズ、曲は、「ラプソディー&ブルース 」

という、1980年発表の同名のアルバムに収められた

タイトル・ナンバーです。

まぁ、アコースティックとは、言っても、ベースとピアノ、ギターは

エレクトリックだったりするんですけど、そこは、オーケストラ

が、バックということでお許し願いたいと思うところです。

ベースに到っては、当時、超流行りのチョッパーを弾いてたり

しますが・・・^^;、因みにこの人は、バイロン・ミラーという、

渋めだけど、スタジオ系のミュージシャンとしては、知られている人、

そして、ギターがこれまた渋い、デヴィッド・T・ウォーカー

ソロとしてもファンの多い人ですし、私も好きなギタリスト、

さらには、ドラムがレオン・"ウンドゥグ"・チャンクラーで、

スティックス・フーパーが抜けた後のクルセイダーズを支えた

このバンドでは、お馴染みのメンバーです。

と、ここまでが、ゲスト・メンバーということになりますが、

オリジナル主要メンバーは、ここでは、ソプラノ・サックスを

吹いている、ウィルトン・フェルダーとエレクトリック・ピアノの

ジョー・サンプルの二人だけってことになりますが、

逆に、この二人さえいれば、まさにクルセイダーズということにも

なります^^

と、メンバー紹介も終わったところで、本日、チョイスさせて頂いた

映像なんですけど、1984年のライヴの模様で、オーケストラが、

読売日本交響楽団、指揮は、シド・ギャリス、ってYouTubeの

詳細情報には、記されてます。

これが何て言うか、若干、微妙に16ビートに乗れてない気がするんですよねぇ。

もちろん譜面通りには、演奏してるんでしょうけど、

クルセイダーズのノリと、オーケストラのノリが違うところが、

面白いというか、オーケストラが加わるといきなり普通の4拍子に

なってしまうって感じが・・・まぁ、それはそれで面白いのかもしれないし・・・

秋の夜長そんな視点で、音楽研究をして楽しんでいただくのにも、

もってこいな映像であろうということで、哀愁を帯びたメロディーが、

やはりこの時期に相応しい、クルセイダーズとオーケストラのコラボで、

「ラプソディー&ブルース 」です。



The Crusaders - Rhapsody and Blues




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

哀愁の超速

季節は秋ということで、そんなしっとりとしてシックな

オータムを感じる音楽を並びたててお送りしているここのところの

ブログ★ラヂオ、ではありますが、なんか今年は夏が

異常に強力で長かったせいか、なかなか、秋を

イメージする落ち着いた感じにはなってないような気が

するんですよね。「そうだ、京都へ行こう」と言われても

いまいちピンとこないような(笑)

世間も、落盤事故からの生還とか、奄美の大雨とか、

いろいろ騒がしいようですし。

まぁ、そんな最中、10月も最終週を迎えるってことになりますが、

いよいよ秋も本格化へと向かって行くことと思われ、

今週もまた、ココでは、秋に彩りを添えるような音楽

ということで、一週間綴らせていただこうと考えています。

で、今週は、アコースティックなサウンドに焦点を当てて

とでもいいましょうか、先週も、まぁ、そう言えばそうなってて、

引き続きってことにもなるかとは、思いますが、

もう少しジャンルの幅というかサウンドの幅を拡げて、

色々な音楽を聴いていこうと思ってます。

最初の登場になるのは、スーパー・ギター・トリオ

ちょっとグループ名はダサ目ですが^^、超テクニシャン揃いの

ギタリスト三人衆の演奏でお送りしたいと思います。

このグループ、その時々で、メンバーの入れ替わりがあるよう

なのですが、一般的に、スーパー・ギター・トリオと言えばこの人達

という時のメンバーのものを、今回アップの映像では、

チョイスさせてもらっていて、向かって左から、パコ・デ・ルシア

アル・ディ・メオラジョン・マクラフリンになります。

これは「フラメンコ」と言っていい感じの演奏になりますが、

曲は、「メディタレニアン・サンダンス」、邦題を「地中海の舞踏」

といって、元々はアル・ディ・メオラの「エレガント・ジプシー」に

収められたもので、スーパー・ギター・トリオとしては、1980年に

発表され結構な人気を得た、ライヴ・アルバム

フライデイ・ナイト・イン・サンフランシスコ」に収録されているものが

有名です。因みにこのライヴ盤での、この曲の演奏は

アル・ディ・メオラとパコ・デ・ルシアのデュオによる

演奏になってます。(詳しくはコチラ←クリックでどうぞ)

で、この映像は、おそらく、1996年に再び3人が顔を合わせた

ものになるものだと思われます。

とにかく速く弾くことに関しては、エキスパートの3人衆ということで、

メロディーこそ、哀愁を帯びてますが、私としては、あまりにも速く

左指や、弦をはじく右手が動くので、なんだか嬉しくなってくる

というか、見終わった後には、思わずガハハと笑ってしまいましたが、

それほどの、なかなか痛快感のある映像でもあると思います。

息もピッタリだし。

ということで、秋のアコースティック・サウンド第一弾、

スーパー・ギター・トリオで、「地中海の舞踏

(メディタレニアン・サンダンス)」です。



Paco De Lucia, John McLaughlin, Al Di Meola
Super Guitar Trio - Mediterranean Sundance

Mediterranean ← アル・ディ・メオラのライヴです




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

煙草片手にって、今はないなぁ~

今週は、澄んだ空気感、ロマンティックであり、アートに

浸りたいみたいな、そんな秋に合うジャズということで、

音楽をチョイスさせてもらっているブログ★ラヂオ、

今日は、モニカ・ゼタールンドという女性ジャズ・ヴォーカルと

ビル・エヴァンスの共演で、「モニカのワルツ

(ワルツ・フォー・デビィ)」(Monicas Vals)を行ってみます。

まぁ、例によって、YouTubeで雰囲気のある映像を見つけて

しまったということなんですけどね。

元々のオリジナルの「ワルツ・フォー・デビィ」は、

ピアノ奏者、ビル・エヴァンスのトリオの演奏によるもので、

ジャズファンの間では、当然のうように知られている、

1961年、ライヴハウスのヴィレッジ・ヴァンガードで録音された

同名のライヴ盤に収録された演奏が超有名となっていて、

そのCDは、名盤であり、定番、素晴らしいものなのですが、

まぁ、その辺、詳しくは、コチラを見て頂き、曲はコチラ←クリックで、

聴かれることをお勧めするという感じにして、本日取り上げさせて頂く、

映像の話に移らせてもらう事になるんですけど・・・この女性、

モニカ・ゼタールンドはスウェーデンの歌手で女優です・・・

って実はこの映像で見るまで、知らなかったんですけど^^、

このビル・エヴァンスと共演を果たした、1964年に発表された

アルバム「ワルツ・フォー・デビィ」も、なかなか、世の中に

知られるものとなっているようです。

そこに収録されている「モニカのワルツ」は、スウェーデン語

で歌われているってのも珍しいですが、

私的には、ヴォーカルの伴奏をするビル・エヴァンスというのも

初めて見たし、聴いたし、新鮮でした。

この人の、間とか、音にアタックを効かせるタイミングとか、

そういうのは、前から絶妙だなぁと思ってたんですけど、伴奏者としても

変わらずに冴え渡っていて、ヴォーカルを盛り立てるのも上手いです。

それと、ベースを弾いてるのが、これがまた、うまいことに昨日の

ステップス・アヘッドからの引き続きってことになり、

若き日のエディ・ゴメスっていう、結構いい感じの展開に

なってます(笑)

最近値上げもあり、目の敵のようになってる煙草なんですけどね。

こういう映像で、なんのてらいも、後ろめたさも感じさせずに、

リラックスして、左の指に挟んだまま歌うモニカ・ゼタールンド、

いい感じだと思うんですけどねぇ~・・・やはり、古き良き時代

という事になってしまうんでしょうか。

まぁ、不幸にも、くしくも彼女は、2005年、自身の煙草の不始末が

原因とみられる火災で、お亡くなりになられてます。

やはり、百害あって一利なしということになってしまうんですかね・・・

ということで、モニカ・ゼタールンドとビル・エヴァンス・トリオ

の演奏で「モニカのワルツ(ワルツ・フォー・デビィ)」です。



Monica Zetterlund with Bill Evans Trio
- Monicas Vals(Waltz for Debby)

Monicas ← Monicas Vals

Waltz ← Waltz for Debby




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

涼秋感漂うヴァイブの調べ

秋のジャズということで、綴らせていただく今週、

本日は、ステップス・アヘッドの登場、

曲は、「アイランズ」でいってみます。

ヴァイブ(ヴィブラフォン)奏者のマイク・マイニエリ

サックスのマイケル・ブレッカーが中心になり結成された

グループで、今回取り上げさせて頂く映像のメンバーは、

他に、ドラムがピーター・アースキン、ベースがエディ・ゴメス

といった、ジャズ若しくは、フュージョン・シーンを代表する

腕利きメンバーで構成されたスーパー・バンドということになります。

紅一点のピアノは、このグループで、鳴り物入りのデビュー果たした

ブラジル人、イリアーヌ・イリアスです。

元々は、六本木ピットインで録られたライヴ盤、

Smokin in Pit」で、特に日本で人気を博していて、

その頃は、ステップスと名乗っていたのですが、その時のメンバーには、

スティーヴ・ガッド(ds)、ドン・グロルニック(p)が加わって

いました。その後、アメリカに帰り、メンバーチェンジを行い、

同名のグループが存在するということで、ステップス・アヘッドと

改名し、再スタート、メジャー進出第一弾として、1983年に発表された

グループ名を冠したアルバム「Steps Ahead」に

収められた一曲ということになります。

コペンハーゲンの美術館で行われたライヴのDVDの冒頭シーン

ということのようなんですけどね、何やら観光旅行風なところから、

スタートしてますけど、その後、演奏シーンもちゃんと映ってます。

ドラムのピーター・アースキンのスティックさばきが見事に見えたり、

やはり、この人は、スティーヴ・ガッドの双璧だと思うし、

「いるのか、いらないのか」よく分からない感じの名前の

イリアーヌ・イリアスの美貌ぶりもうかがえる分けですが、

因みにこの人は、マイケル・ブレッカーのお兄さんでトランペッターの

ランディ・ブレッカーと結婚し、離婚したという人で、

最近には来日もしたようでもあり、近況は、コチラ←クリックで見て下さい

って感じなんですけど・・・まぁ、とにかく、この季節の空気感に、

透明感漂うマイク・マイニエリのヴァイブのサウンドは、

とても心地良くマッチするのではないでしょうか。

ってことで、ここのところ、ブルージーな曲が続いてたということもありますが、

今回は、涼秋といった、清涼感溢れる軽快な一曲という感じで

いってみたいと思います、ステップス・アヘッドで、「アイランズ」です。



Steps Ahead - Islands

Islands




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Mo' Betterな秋ジャズ

10月も中盤を過ぎ後半にさしかかったところ、

秋も深度を増してきて、いよいよ紅葉の季節も

到来かって感じになってますが、いかがお過ごしでしょう。

今週のブログ★ラヂオは、そんな季節を感じつつの選曲で、

しっとりした、秋のフィーリング、オッシャレーで、

シックなジャズといったところで、また何曲か、行ってみたいと

思ってます。

まずは、一曲目、「モ・ベター・ブルース」って曲なんですけど、

これは、スパイク・リーがメガフォンを取り、1990年に公開された、

同名映画の主題歌です。

デンゼル・ワシントンが主演で、ジャズの流れる、美しい映像が

印象的で、全般的に、やはり綺麗な映画だったなぁと記憶してます。

(あらすじ等は、Wikiに詳しいので、コチラ←クリックでご覧下さい)

今回選ばせて頂いた映像で、トランペットを吹いてるのが、

デンゼル・ワシントン、サックスが、ウェズリー・スナイプス

(ほとんど暗い映像でよく分からないとは思いますが^^)

他には、サミュエル・L・ジャクソンも、出演していて、

今にして思うと、豪華共演だったんだなぁと思います。

まさか、この頃、デンゼル・ワシントンが、アカデミー賞を

取るほどになるとは、思ってもいませんでした。

因みに、最後の方で男達に話しかけられる、メガネの人物が、

スパイク・リーです。

まぁ、この映像に映っている人達が、実際に演奏している分けでは

なくて、映画の一場面、演技なんですけどね。

実際の演奏者は、トランペットが、テレンス・ブランチャード

サックスは、ブランフォード・マルサリスという、ジャズ界では、

名の知れた人達です。

そして、テレンスもブランフォードも、スパイク・リーとは、仲良しさん

ということになります。

また、ブランフォード・マルサリスは、私も、好きなミュージシャン

なので、今後、ココで登場することもあろうかと思います。

ということで、先週からのブルースつながりということにも

なるかとは思いますが、この心に残るしっとりとしたメロディー、

この季節には、ピッタリな一曲になるのではないでしょうか、

「モ・ベター・ブルース」です。



Mo' Better Blues




※関連記事

同映画に使われた曲で、シンダ・ウィリアムスの

「ハーレム・ブルース」(コチラ

ブランフォード・マルサリスが、中心となったグループ、

バックショット・ルフォンク(コチラ


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

王様の超熱演

ブルースは、やはりいいもんだ、ということで、

音楽を連ねてみた今週、癒しのルーツサウンドに心を

温められたことと思ってます^^

で、本日は、真打ち、B.B.キングの登場で行ってみたいと思います。

言わずと知れたブルース界の巨人ということになりましょう。

曲は、「スウィート・シックスティーン」という代表曲のうちの

一つなんですけど、これも、昨日に引き続きYouTubeで見つけた

映像が素晴らしかったということで、選ばせてもらいました。

1959年に録音され、「Great B.B. King」というアルバムに

収められていて、60年初頭にR&Bチャートの2位に上がるヒット

になった曲です。

全身全霊を込めて演奏している姿に、胸を熱くし、

思わず釘付けになってしまう映像なんですけど、

最後の方では、B.B.キング自身、テンションの上げすぎで、

よろめいて倒れそうになるところを、バンドの人達に助けられる

なんていう場面もあるほどです。

まぁ、これは、ジェームス・ブラウンでもお馴染みの演出と

いう気もしないでもないですが、JBかBBか、どちらが、先に

やり出したのかは、ちょっと分からないです。

でも、ぶっ倒れても、まったくおかしくないような演奏であることも確かです。

完全に曲の中に入り込み、陶酔し、豊潤な歌とギターを

聴かせてくれていますが、とにかく凄い!

ただ、口をパクパクしてるところが、鯉のようにも見えてしまう・・・

ってことで、B.B.キング、「スウィート・シックスティーン」です。


B.B.King - sweet sixteen 投稿者 dami1621

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

B.B. King - Sweet Sixteen

Sweet




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。