FC2ブログ

洗練サウンドに素朴な歌声

早いです、10月も今日でお終い、今年も残すところ

あとふた月となってしまいました。

そして、週末というこもあり、ブログ★ラヂオの

秋のポップ・ロック・サウンド特集も本日でひとまず

終了となりますが、最終日、トリを飾っていただくのは、

キャロル・キングの登場ということでまいりたいと思います。

ニューヨーク出身の言わずと知れたシンガー・ソングライター

ということになります。

曲は、定番の名盤、1971年発表のアルバム「つづれおり」から、

シングルカットされ、全米NO.1ヒットにもなっている

「イッツ・トゥー・レイト」です。

このアルバムの爆発的ヒットで彼女の名は一躍世界に知れ渡ることに

なりますが、それ以前にも、前々夫であるジェリー・ゴフィンとの共作で

裏方のソング・ライターとして数々のヒットを生み活躍していました。

有名なところでは「ロコモーション」なんてのもそうです。

(リンクが張ってありますが、飛び先は、ソフトバンク携帯のスマップ出演

のCMでお馴染み、グランド・ファンク・レイルロードのバージョンです。

以前ココで取り上げていて、このリンクを張りたいがために書いた

エピソード…みたいな^^)

で、この有名な「つづれおり」ってアルバムに触れておこうと思いますが、

一般的に言われてるのは、シンガー・ソングライターらしい私小説的な作品、

しかも、どの曲も素晴らしいメロディーの素晴らしい作品揃いということですが、

もう一つ、思うのは、サウンドが洗練されてるなあ、ということです。

当時としては、かなりカッコイイ部類に入る音だったんじゃないでしょうか。

スタジオミュージシャンの腕の見せ所的なアルバムのように思います。

そこに、いわゆる本格的なシンガー、発声がしっかりできていて、

声を張り、歌い上げるタイプではない、素朴な、まあ、あえていうなら

素人っぽい彼女の歌声が乗ることで、味をだしてるってとこだろうと思います。

例えば、このパターンは後世にも多く出現していて、ボズ・スキャッグスとか、

ボビー・コールドウェルとか、素人っぽいというのは極端過ぎですが、

私は、同類のように思います。

アップのビデオも、なにやら弾き語り風ですが、

なかなかカッコイイ演奏になってます。

ギターも良い感じですが、1970年代、トップ・セッション・ギタリスト

の一人、ダニー・コーチマーかと思われます。

因みに、後ろの方に薄く映っているベースの人は、

当時の彼女の夫で、チャールズ・ラーキーではないでしょうか。

ということで、キャロル・キングで、「イッツ・トゥー・レイト」です。



Carole King - It's too late

アルバムに収められたスタジオ録音のものは、

下URLクリックで聴けます。

http://www.youtube.com/watch?v=Kye5gntis8s

↓ライブバージョンで宜しければ
iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv