スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

洗練サウンドに素朴な歌声

早いです、10月も今日でお終い、今年も残すところ

あとふた月となってしまいました。

そして、週末というこもあり、ブログ★ラヂオの

秋のポップ・ロック・サウンド特集も本日でひとまず

終了となりますが、最終日、トリを飾っていただくのは、

キャロル・キングの登場ということでまいりたいと思います。

ニューヨーク出身の言わずと知れたシンガー・ソングライター

ということになります。

曲は、定番の名盤、1971年発表のアルバム「つづれおり」から、

シングルカットされ、全米NO.1ヒットにもなっている

「イッツ・トゥー・レイト」です。

このアルバムの爆発的ヒットで彼女の名は一躍世界に知れ渡ることに

なりますが、それ以前にも、前々夫であるジェリー・ゴフィンとの共作で

裏方のソング・ライターとして数々のヒットを生み活躍していました。

有名なところでは「ロコモーション」なんてのもそうです。

(リンクが張ってありますが、飛び先は、ソフトバンク携帯のスマップ出演

のCMでお馴染み、グランド・ファンク・レイルロードのバージョンです。

以前ココで取り上げていて、このリンクを張りたいがために書いた

エピソード…みたいな^^)

で、この有名な「つづれおり」ってアルバムに触れておこうと思いますが、

一般的に言われてるのは、シンガー・ソングライターらしい私小説的な作品、

しかも、どの曲も素晴らしいメロディーの素晴らしい作品揃いということですが、

もう一つ、思うのは、サウンドが洗練されてるなあ、ということです。

当時としては、かなりカッコイイ部類に入る音だったんじゃないでしょうか。

スタジオミュージシャンの腕の見せ所的なアルバムのように思います。

そこに、いわゆる本格的なシンガー、発声がしっかりできていて、

声を張り、歌い上げるタイプではない、素朴な、まあ、あえていうなら

素人っぽい彼女の歌声が乗ることで、味をだしてるってとこだろうと思います。

例えば、このパターンは後世にも多く出現していて、ボズ・スキャッグスとか、

ボビー・コールドウェルとか、素人っぽいというのは極端過ぎですが、

私は、同類のように思います。

アップのビデオも、なにやら弾き語り風ですが、

なかなかカッコイイ演奏になってます。

ギターも良い感じですが、1970年代、トップ・セッション・ギタリスト

の一人、ダニー・コーチマーかと思われます。

因みに、後ろの方に薄く映っているベースの人は、

当時の彼女の夫で、チャールズ・ラーキーではないでしょうか。

ということで、キャロル・キングで、「イッツ・トゥー・レイト」です。



Carole King - It's too late

アルバムに収められたスタジオ録音のものは、

下URLクリックで聴けます。

http://www.youtube.com/watch?v=Kye5gntis8s

↓ライブバージョンで宜しければ
iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

甘々、秋のバラード

今週は、秋のポップ・ロック・ヒットといえば、という感じで

どこかもの悲しい寂しさをたたえた名曲を連ねているわけですが、

本日は、悲しい、寂しいという雰囲気は残しつつも、

今日の天気のような秋晴れのほのぼの感も合わせ持つ、

スティクスの「ベイブ」でいってみたいとおもいます。

アメリカはシカゴ出身のバンドです。元々は、アーティスティック性に

富んだプログレッシブなバンドということになるのでしょうが、

時代の波とともにポップ性を増していったバンドということになります。

1970年代から80年代中頃にかけて、そういった趣のバンドを

アメリカン・プログレ・ハードなんていうジャンルで括ることが多いのですが、

その先頭を走っていたバンドということになるのではないでしょうか。

そして、ポップ化が見事に花開し、全米で1979年にバンド初の1位を

獲得したのが、この「ベイブ」です。

僕は、ここを旅立って一旗上げることにした。

でも、ベイブ、君のことは忘れない、いつも見守ってておくれ

(詳しい訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

といった昔風の男を思わせる内容の歌を、美しいメロディーに乗せた

ハイトーンボイスで歌い上げ、重厚なコーラスを加味したサウンドで

盛り上げる、この時代ならではのリッチな音ということになりましょう。

まあ、甘々ではあるけれど、秋の清々しさも感じさせるスティクスの人気曲、

ってことで、「ベイブ」です。


www.Tu.tv

Styx - Babe

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バート・バカラック、スタンダード

秋のポップス&ロック名曲選といった趣の今週のブログ★ラヂオ、

本日は、バート・バカラックの手による、これはもう

スタンダード・ナンバーといっても良いのではないでしょうか、

恋の面影」です。正確には、「恋の面影~カジノ・ロワイヤル」

というみたいですけどね。映画「007カジノ・ロワイヤル」の挿入歌

ということになります。

バッカラック風アンニュイな雰囲気がこの時期にピッタリだと思います。

アップの映像はこの曲のオリジナルとなる

ダスティ・スプリングフィールドのものです。

イギリス出身、1960年代に人気のあった歌手で、この曲は、

1967年のヒットということになります。

ソウルミュージックに影響を受けたであろう、シルキーでしっとりとした

歌いっぷりが魅力的です。

1970年代以降は低迷していくのですが、ロック系の人にも

人気のある人で、1986年、ペットショップ・ボーイズと共演した

とどかぬ想い(What Have I Done To Deserve This?)」がヒットし

復活を遂げます。

が、1999年、乳ガンのため59歳でお亡くなりになってます。

で、この「恋の面影」なんですが、名曲ということもあり、

沢山の人にカバーされています。

代表的なこところでは、

ジャズ・シンガーでピアニストのダイアナ・クラール、

(因みに現在はエルビス・コステロの奥さん)

http://www.youtube.com/watch?v=FsZXauFs4o0

セルジオ・メンデス、

http://www.youtube.com/watch?v=FOkSTVzEO0A

そして、スカパラ(途中から田島貴男が歌ったりしてます…ともさん用)

http://www.youtube.com/watch?v=z-kwYaFXW4w

などがあります。いずれもURLクリックでご覧になれます。

時間のある方はどうぞ。

それにしても、様々なアレンジの仕方ってのがあるもんですね。

ということで、正調、ダスティ・スプリングフィールドで「恋の面影」、

この時代のサイケな雰囲気漂う映像と共にどうぞ。



Dusty Springfield - The Look of Love

高音質なYouTubeはコチラ←クリックで。

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

疑惑の名曲

今週は、秋に似合うちょっぴり寂しさの漂う音楽

ということで、曲を選んでます。

今日は、エルトン・ジョンで「ダニエル」です。

彼のベスト盤には必ず含まれるし、今でも、ライブでは

演奏される、彼ならではのメロディー・センスの

光る一曲ということになりましょう。1973年のヒットです。

とまあ、素晴らしい一曲であることに間違いないのですが、

問題は、最初に彼が同性愛者であることの疑惑がもたれた曲

ということになります。もちろん、今ではカミングアウトも

されてるし、全然問題ないのですが、当時は、こういったマイノリティー

には偏見も多かった時代です、この歌の歌詞には、さまざまな憶測が

飛び交う事態となったようです。

「ダニエル」とは、もちろん男に付けられる名前で、

ブラザー・ダニエルが飛行機で旅立ってしまう…寂しい、

といった内容の歌です。

(訳詞はコチラ←クリックで見れるのでどうぞ)

まあ、今回アップの映像は、演奏者の周りで踊っているのが、

女の子ばかりということで、ちょっと救われる感じになりますけどね。

これが、男ばっかりだったらって考えると…ん~、きついかなって感じですが…

ってことで、エルトン・ジョンで「ダニエル」です。



スミマセン、当初貼らせて頂いていた映像は、削除になりました。

↓ のライヴ映像をどうぞ。



(2013/9/14追記、また元々の映像もアップされて

いましたので、コチラ←クリックでどうぞ)

Elton John - Daniel

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

よみがえる「痛い思い出」 ♪

秋のポップ・ロック・フェスタと題して、

秋らしい哀愁と透明感を漂わせたサウンドを

何曲かチョイスということで、今週は綴らせて頂く

ということでやってますが、本日は、

エレクトリック・ライト・オーケストラ(以下ELO)、

曲は「テレフォン・ライン」でいってみたいと思います。

メールも携帯もない、「電話」が恋愛においても重たい位置を

占めてた頃の歌ですね。1976年のヒット曲です。

まあ、この曲を知っている世代であれば、間違いなく

「電話」ってやつに胸の締め付けられるような思い出の

一つや二つは持ってるはずです。

もちろん、私も例外ではないですが、

ただ、この曲の歌詞を見ると、

誰もでない電話に、闇の中で沈んでいるフラれ男が

ベルを永遠に鳴らし続けていたいっていう歌で、

ちょっとストーカー入ってるかな?

もっとも、この頃はストーカーなんて言葉もありませんでしたが…

(訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

ELO…「ロックとクラシックの融合」をコンセプトに、

ギターとボーカル、ソングライティングを手がけるジェフ・リンが

中心となるイギリスのバンドです。

チェロやバイオリンを担当するメンバーがいるユニークな

バンド編成が売りなのと、やはり、「世界最高のメロディメイカー」

とまで称されるジェフ・リンの作曲能力の高さが目を引くバンドです。

ジェフ・リンはコアなビートルズ・ファンとしても有名で、

ELOは、ビートルズよりもビートルズらしい、などと

わけの分からないことを言われています。

ということで、ELOで「テレフォン・ライン」です。



ELO - Telephone Line




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

オータム・ポップ・ロック

今日は寒いです。

こちらでは、冷たい雨が降り続ける一日になりました。

くれぐれも健康には注意って感じですが、

これで一気に秋も深まるということになりましょう。

紅葉で彩られるシーズンももうすぐという気もします。

ここのところのブログ★ラヂオも芸術だのなんだかんだと、

秋っぽくやってるつもりですけど、今週もその路線で、

秋を演出、「オータム・ポップ・ロック名曲集」ということで、

また一週間やってみたいと思います。

まあ、秋のうら寂しくも、透明感もあり、ある種清々しいみたいな、

そんな感じの音楽をチョイスしてまいりたいと思ってます。

初日になります、本日、最初の登場はスティングです。

言わずと知れたってことになるとは思いますが、

人気バンド、ポリスのリーダー的存在として活躍してきた、ボーカル兼

ベース奏者ですね。

曲は、ジャン・レノの主演映画としてお馴染みということになりますか、

「レオン」のエンディング・テーマで「シェイプ・オブ・マイ・ハート」です。

この鬱々とした哀愁を帯びたメロディーで、

寒々とした雨の降る秋の一日に、さらにメランコリックな

追い打ちをかけたいと思います(笑)

アップのビデオは、実は、スティングがメインというのではなく、

クリス・ボッティというイケメン・ジャズ・トランペット奏者の

ボストンでのコンサートにゲストとして参加したものです。

格調の高さを漂わせる、素晴らしい演奏なんじゃないでしょうか。

この模様を収めた、CDやDVDは、日本では未発売にもかかわらず、

結構話題になってるみたいですね。



後、もう一人ボーカルで参加している人は、私は今回初めて耳にするし、

見るのも初めてなんですが、ジョシュ・グローバンという人です。

こちらも、ファンも多くいるようで、検索すると多くの記事を見つけることができます。

アメリカの「千の風になって」by 秋川雅史って感じでしょうか…

ということで、スティング、1994年発表の「シェイプ・オブ・マイ・ハート」です。



Sting & Josh Groban & Chris Botti - Shape of My Heart

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

教会風、荘厳なオルガンの調べ

さて、今週は季節柄、「芸術の秋」と呼ぶに相応しいバンドを

挙げ連ねてまいりました。

アーティスティックな一週間になったことと思います。

例によって、週末、特集最終日となる本日は、

これはもう、プログレ名曲選なるものがあるとすれば、

必ず顔を出す一曲となることでしょう、超有名であり名曲、

プロコル・ハルムで「青い影」です。

とまあ、プロコル・ハルム…って、他には知らなかったりするのですが…

1967年にイギリスで結成されたバンドで、

ピアノとオルガンというツイン・キーボードという編成

が目を引くバンドということになります。

この曲の他にも、アルバムは多数発表されていて、

クラシックやブルースを色濃く取り入れた独自の

音楽性で、この曲以外には、チャート・アクションという点では、

恵まれなかったものの、ファンはそれなりに獲得しているバンド

ということになります。メンバーチェンジを繰り返しながらも、

現在でも地道に活動を続けるているようです。

とはいっても、やはりこの「青い影」ということになりますか。

1967年に発表された彼等のデビューシングルで、

このオルガンの荘厳な調べに乗った、ゴスペル風

ロックバラードといったボーカルが、なんとも雄大な

世界を築き上げます。

今でも、CM等いろいろなところで耳にする機会も

多いのではないでしょうか。

まあ、場末のスナックの閉店という感じもしないでもない…ってことで、

プロコル・ハルムで「青い影」です…See You Next Week!(笑)



Procol Harum - A Whiter Shade Of Pale

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。