スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

黄昏のレンガ道の向こうへ

昨日より、この時期にふさわしい、

出会いや、別れ、旅立ちみたいな歌で綴っていこうとスタートした

ブログ★ラヂオのシリーズ、

昨日の「ハロー・グッドバイ」、ビートルズに続いて、

本日はエルトン・ジョンで「グッドバイ・イエロー・ブリック・ロード」です。

訳詞を読むと、どうやら町を出て故郷に帰る決心がついた、

といったニュアンスの歌みたいですけどね。(訳詞はコチラでどうぞ)

黄色く光る黄昏のレンガ道を後に、

ここは僕の住む所じゃないといって、旅立っていくわけですよ。

なかなか泣けるシチュエーションじゃないですか。

いろいろな経験と照らし合わせ、思いにふければさらに泣けるというものです。

いい曲だと思います。

エルトン・ジョンといえば「僕の歌は君の歌」が定番なのでしょうが、

エルトン・ジョンにしか書けない曲、といった視点からみれば、

この曲の方が上にくるように思います。

ぎりぎりの所で難解にならず、ポップ・ミュージックとして踏みとどまってる

って感じでしょうか。

希代のソング・ライター、エルトンならではの一曲です。

ということで、

エルトン・ジョン、「グッドバイ・イエロー・ブリック・ロード」です。



Elton John - Goodbye Yellow Brick Road






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

こんにちは、さようなら

さて、早いもので3月も最終週、今週中には4月を迎えることになります。

はえーよー、早過ぎる、このあいだ新年を迎えたと思ったら、

もう一年の四分の一が終わってしまいました。

こうしてるうちにもどんどん歳をとっていくようで、恐ろしいったらありません。

なんて無情なんだ、時っていうヤツは。

と嘆いていても仕方ないので、ブログの更新とでも参ることに致します。

無情な時に対抗して、生きてる証をここに刻んでやるぜ!ふふふ。

ってバカみたいですが、

この時期、なにかと世間で取りざたされるのは、出会いや別れ、

さらには、旅立ち、心機一転、しきりなおし、といった感じの風潮ですね。

ブログ★ラヂオでも、そんな感じを踏まえつつ、

ここしばらくは、それっぽい曲をピック・アップしていこうか、

などと考えています。

ということで今日は、ビートルズ、「ハロー・グッドバイ」…。

まんまですね。

発想の貧困さを問われてしまいそうです。

が、そこはブログ★ラヂオ、分かりやすさを売りにしたいと、

本人としては常々考えているところでもあり、これで良いのです、

と完全な言い訳も交えつつ先を進めます。

この曲はですね、中学生でも理解してしまえるような、

ごくごく簡単な英語の歌詞でできています。

ただ、ハローとグッドバイを繰り返してるだけじゃん、

手抜きなんじゃないの、いや、そう言われても仕方ないでしょうって感じですが、

それをこのような名曲に仕立て上げてしまうビートルズ、

やっぱ天才というのはどうしようもない、凄い、

と某渋谷陽一氏が語ってたのを憶えていますが、私もまったくの同感です。

ホント天才っていうのはまったくもう…、

となんかボヤキの多い今回ではありますが、

それでは、ビートルズで「ハロー・グッドバイ」です。どうぞ。


The Beatles - Hello Goodbye

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

The Beatles - Hello Goodbye






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アメリカン・バンド

今週一週間はアメリカのバンドをピック・アップ、ということでやってまいりましたが、

本日はグランド・ファンク・レイルロード(GFR)の登場ということになります。

昨日までピック・アップしてきたバンドは、

いかにもアメリカンなサウンドといった感じでしたが、

GFRは完全なハード・ロック・バンドということになります。

どちらかといえばブリティシュなハード・ロックといった方が近いと思います。

私がイメージするアメリカのバンドからは、大分遠い所に位置するように思いますが、

でも彼らがこう言うのだからそうなのでしょう、

「ウイ・アー・アン・アメリカン・バンド」と言い切ってます。

一番らしくないバンドがこういってるところが面白かったりします。

まあ、大雑把、荒削り、粗野、よく言えば、豪快、細かいことは気にしない、

みたいなサウンドは気持ち良くもあり、そして、多分にアメリカ的

といえば、そうなのかもしれません。

もちろんこれは当時の話で、

今じゃ普通にアメリカにもイギリス的なバンドも沢山あるわけで、

ただ彼らはそのさきがけだったなじゃないのって、今にしてみれば思うところです。

ということで、グランド・ファンク・レイルロードで「アメリカン・バンド」です。



Grand Funk Railroad - We're An American Band

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

見たくない雨

引き続きアメリカのバンドで綴るブログ★ラヂオ、

本日はCCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)です。

これまでは、イーグルスやオールマン・ブラザーズ、ザ・バンドに代表されるような、

一見ユルいサウンド作りではあるけれども、

実は、楽器の達者な人達によって端正な音作りがされている

みたいなところにスポットを当ててきてみたのですが、

今回のCCRは、本当にユルユルというか、大雑把というか、荒削りというか、

スタジオ・ミュージシャン系の人が作り上げた音楽という感じではありません。

それだけに、逆にロックを感じるわけです。

で、本日アップするのは「雨を見たかい」です。

まあ、名曲であり有名な曲でもあります。

荒削りなサウンドにメッセージを込め、

それが結局聴く側にストレートにメッセージを伝えることになる、

といったロックの王道的な手法が取られているわけです。

まるでデモ・テープのよう、なんて言うと怒られてしまいそうですが。

どんなメッセージかといえば(詳しい訳詞はコチラをどうぞ)、

「晴れた日に降る雨を見たことがあるかい?」、

すなわち、こんなに晴れているのに僕の心には雨が降っている、

というロマンティックなとらえ方もあるでしょうし、

もう一つの意味として、一般的な解釈では、ここで言う「雨」を

「爆弾(ナパーム弾)」としてとらえているらしいです。

要するに反戦歌、ベトナムのことを歌った歌です。

ところで昨今、某北の国が人工衛星だか、ミサイルだかを打ち上げると発表したことで、

なにやらきな臭いムードがただよってますが、

どうか、この曲を胸に、冷静に対処して頂けることを願います。

そんな雨、何処の国に降ろうが見たくはありませんので。

それでは、CCRで「雨を見たかい」です。



Creedence Clearwater Revival - Have you ever seen the rain?

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

炸裂!トリプル・ギター

イーグルス、オールマン・ブラザーズ、ザ・バンドとアメリカのバンド、

ロック・バンドではあるけれども、個々のメンバーはプロフェッショナルな

演奏家の集まりで、しっかりとした、どちらかといえば伝統的な演奏を聴かせてくれる、

みたいなところをピック・アップしてきましたが、今日もそんな感じで

レーナード・スキナードです。

ただ、へーって思ったんですが、このバンドの場合は、

スタジオ系のミュージシャンが集まって結成されたのではなく、

元々は高校の仲間によって作られたバンドみたいです。

なるほど、それでハードロック的な指向も強い面があるのか、

などと、勝手にこじつけたりします。

完全に演奏指向のバンドだと思います。

曲のメロディーに酔うというよりも、

バンドの演奏、特に三人のギタリストによって産み出される

厚めのギター・サウンドを楽しむ、といった聴き方が正しいのではないでしょうか。

で、本日アップの曲は彼らのオハコのナンバー、

ライヴでの盛り上げどころ、「フリー・バード」です。

長いです。14分にも及ぶ演奏です。5分過ぎたあたりから盛り上がってくるのですが、

その後は、延々ギター・ソロ祭りです。

まあ、ここまでやってくれると私などは、ホント楽しいなあって感じですが、

皆さんにはどうなのでしょう?

ということで、レーナード・スキナードで「フリー・バード」です。



Lynyrd Skynyrd - Freebird

iTunes ダウンロード icon

実は、レーナード・スキナード、オリジナルの主要を成していた

メンバーの内の何人かは、1977年の飛行機事故でお亡くなりになっています。

その後バンドは解散するも再結成、このビデオは再結成後の最近のものだと

思われます。他にも観てみたのですが、このビデオのクオリティーが

一番よく思えたので選んでみました。

オリジナル・メンバーによる演奏はコチラで。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

長い間ずっと疑問に思ってました~「ザ・ウェイト」

本日も昨日書いたオールマン・ブラザーズ・バンドと同様の意味で、

アメリカのプロフェッショナルなバンドらしいバンドで、その名もザ・バンドです。

元々は、ボブ・ディランのバック・バンドです。

とはいっても、ドラムスのリヴォン・ヘルム以外は

カナダ出身ということらしいですが。

ま、そこら辺のことはコチラ、Wikipediaに詳しいです。

で、今日アップする曲は、彼らの代表曲「ザ・ウェイト」、

名曲であり、スタンダードといってもよいほどのナンバーなのですが、

私、この曲名、長い間ずっと疑問に思っていました。

ウェイトって、体重?重さ?分からないな~、変な曲名だなあって、

ずっと思ってました。

これを機に、一つ調べてみようって、あれこれ検索してみると、

さすがはインターネット、解りました。

(これも詳しく知りたい方はコチラを)

「(心の)重荷」のような意味だったんですね。ありがとうございます。

やっと長年の重荷を一つ下ろせたような気がします。

それでは、ザ・バンドで「ザ・ウェイト」です。



The Band - The Weight

iTunes ダウンロード icon

ギターのロビー・ロバートソン、カッコいいです。

ホント、渋い、味のあるギターを弾く人です。

まあこの曲での見せ場はちょろっとしたイントロだけですけど。

それでも光っちゃうからさすがです。

ところで、この曲、映画「イージー・ライダー」でも使われていました。

そのシーンはコチラで。

これもカッコイイ!ただバイクに乗って走ってるだけなんですけどね、

なんなんでしょうこのこみ上げてくるものは…




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

基本プロフェッショナルなアメリカのバンド

スティーヴ・ミラー・バンド、イーグルスとアメリカを代表する

いかにもアメリカ的なバンドでつないできたブログ★ラヂオ。

今日もそんな流れで、オールマン・ブラザーズ・バンド、「ランブリン・マン」です。

因みに世間では、侍・ジャパン、WBC優勝の報を受け盛り上がってるみたいですが、

当ブログとしてはとりあえず「おめでとう」というコメントのみを送り、

淡々と進めてまいりたいと思います。(本人的にはかなり嬉しがってます)

で、ベースボール発祥の地アメリカです。

昨日のイーグルスもそうですが、本日のオールマン・ブラザーズ・バンドも

私たちが普通に思い描くバンド、つまりは、高校の仲間が寄り集まり結成したバンド

というイメージとはちょっと違います。

元々プロとしてスタジオの仕事などをこなしていた人達のバンドです。

そんなこと言えば、イギリスのレッド・ツェッペリンやディープ・パープルも

みなそうだろうと言われそうですが、

もっと、オーソドックスでコンサバな職人肌の人達が集まったバンドです。

なので、ロックとはいっても、過激な演奏で世の中をアジテートしていく

といった種類のものではなく、堅実、確実、ソフィスケイトされた安定した演奏で、

オーソドックスな音楽として曲を盛り上げる、

といったパターンをとるのがアメリカ的なバンドといった感じです。

奇をてらう、若しくは実験的というよりも、アンサンブルや心地よい音色、

そこに込められた思いみたいなのを楽しむといった感じですかね。

とは言ってもこのオールマン・ブラザーズ・バンド、ライヴ・アルバム

「フィルモア・イースト・ライヴ」では、相当に熱い演奏を繰り広げています。

ブルースという音楽形態の中、持てる技量を最大限に発揮し、

ありったけの思いや熱を込めて演奏してるのが伝わってきます。



で、本日アップの「ランブリン・マン」なのですが、

これはそれまでリーダー的役割を果たしていた、

スライド・ギターの名手、デュアン・オールマンが亡くなられた後、

ディッキー・ベッツを主軸に据えた、新生オールマン・ブラザーズ・バンドの

ブラザース&シスターズ」に収められた曲で、

カントリー・ロックとでもいうのですか、いかにもといった感じで

前述したとおりのアメリカのバンドらしい演奏が楽しめる一曲です。

それでは、オールマン・ブラザーズ・バンドで「ランブリン・マン」です。



The Allman Brothers- Ramblin Man

もっとポップな感じのスタジオ録音の演奏はコチラで聴けます。

iTunes ダウンロード 




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。