カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「カーペンターズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

低音から高音まで驚異のスムース・安定した歌声が癒しの名曲

今週は癒しの音楽ということで、5月病のように精神的には

キツイ面もある時期を乗り越えた5月最後の週、さらに今度は、

身体的に大変な、ジメジメとした多湿の時期や猛暑を前に、

ほっと一息といった様相でお送りしてきました。

まぁ、癒しの曲といっても人それぞれで、皆がどんな曲に癒される

かってのは分からない分けなんですけど、初夏といった今の季節を

感じつつ、私的にこんな曲に癒されるってところをピックアップして

きました。

本日は、カーペンターズ(Carpenters)、1974年のヒット曲で、

「愛は夢の中に(I Won't Last A Day Without You)」の

チョイスです。

ちょっと前にこのブログで、ロジャー・ニコルズ(コチラ)を

ピックアップして、その際、調べ事をしてて見つけ、思い出した曲で、

「お~、コレは!!」とすっかり感慨に耽ってしまった分けですが、

ひょっとして、この曲と意識して聴いたのは、ヒットしていた年以来

なんじゃないかってくらいなんですけど、その旋律はしっかり覚えて

いたし、いやいや、これは、他に大ヒットしたカーペンターズの曲に

比して、露出度は低いにしても劣らない、超名曲なんじゃないかと

思った次第です。

私が所有しているカーペンターズのベスト盤には、収録されて

いなかったりで、本当に忘れてたのですけど、この曲の感触は、

鮮明に思い出すことができました。74年当時、私は、ロックの

信者だった分けで、異宗派であるカーペンターズに興味はなかった

のにも関わらずです。

と、まぁ、それほどの名曲となり、前出のロジャー・ニコルズと

ポール・ウィリアムズとのコンビで書かれ、カーペンターズに

提供されてます。

原詞及び訳詞はコチラのサイト様で掲載されてますが、

「I Won't Last A Day Without You」、直訳では、「あなたなしでは、

一日も(生活を)続けたくない」、転じて「あなたなしでは生きていけ

ない」ってことになりますか、ここで使われている「Last」は、前回の

「Built to Last」と同じ使い方で、「続ける」って意味になりますけど、

歌詞的には結構ありがちな内容ですかね。でも、どうして生きて

いけないのか、そして、あなたがいるとどんな風なのか、例えば、

明日地球が滅んでも大丈夫みたいな(まぁ、私の例えはこの程度なので、

まったく作詞能力がない分けですが^^)説明的な部分での詩的な

表現は、見事だと思います。

邦題の「愛は夢の中に」は、こうして見るとどこから付けられたのか、

解釈不能ではありますが(笑)

元々、作者の一人、ポール・ウィリアムズによって歌われ世に出た曲で、

やはり、これほどの美メロなナンバーということで、カーペンターズの

他にもカバーしている人は多数いて、「続きを読む」以降に

リンクを貼っておきます。時間のある方はどうぞ。特に、

バーブラ・ストライサンド、メル・トーメのバージョンは秀逸だと

思いました。

ということで、アルバム的には、ヒットの2年前、1972年に発表された

ア・ソング・フォー・ユーA Song for You) 」に収録されており、


カレンの低音から高音まで、どの音域でも余裕で延びる驚異の安定感

ある歌声が生む癒しのナンバー、カーペンターズで、

「愛は夢の中に」です。良い週末を♪

(カーペンターズについて詳しくはコチラのWikiで。貼らせて頂いた

YouTubeで、印象的なピアノのエンディングは、調べたところによると

シングルのヴァージョンのものになるようで、4分30秒のロング

ヴァージョンのものは、現在は、「Singles 1969-1981」に

収録されているようです)



Carpenters - I Won't Last A Day Without You












続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハイハットを踏みつつの名唱

昨日の日中は汗ばむほどの陽気でしたけどね~、昨晩から雨が

降りだし、一転、今日は雨こそ上がりましたが、いよいよ秋も

深まって来たという感じ、日中でも寒さ感じてましたし、これはもう、

本格的な秋の到来ということになるようです。

で、まぁ、今週のブログ★ラヂオは、そんな深まり行く秋の様相にも

フィットといった感じのポップなテイストの、ロマンチックで

ドリーミーなバラード系、ちょいベタな感じにも心が和むといった

サウンドでお送りしてきました。

本日は、カーペンターズで、「ふたりの誓い」という邦題の付いた

「For All We Know」をピックアップしてまいります。

1971年のヒットで、全米で3位になってます。

元々は映画「ふたりの誓い」のサントラで、アカデミー賞も取っている

ということになるようですが、そのカバーです。

(詳しくはコチラWikiでどうぞ。原詞、訳詞はコチラのサイト様で

掲載されてます)

カーペンターズは、言わずと知れたというか、泣く子も黙る、私達

世代にとっては、超人気を誇った、リチャードとカレン・カーペンターの

兄妹デュオになりますが、残念ながら、カレンの32歳という

あまりにも若すぎる死によって、活動を終わらせています。

(カーペンターズについて詳しくはコチラのWikiで)

やはり、カレンの歌声というのは、唯一無二、素晴らしいものと

こうして改めて聴くと思うし、一つのブレもない安定した歌いっぷりは、

凄いです。

さらには、今回は、ハイハットを踏みながらってことになります

けどね(笑)、まぁ、貼らせて頂いた映像は、ハイハット以外の

ドラムセットは無駄のようになってますが、実際にドラムを

演奏できる人でもあるというのは、フォローとして付け加えさせて

頂きたいと思います^^

ということで、カーペンターズ、なかなかお題通りの良い曲なんですけど、

ちょっとあっさりし過ぎで終わってしまう感もあり、もっとベタに盛り上がると

今回に関してはよりベターだったんですが・・・(って、ダジャレをベタに

決めてみた分けですが、笑)、まぁ、いいでしょう^^;、

ドリーミー&ロマンチックではあると思います、「ふたりの誓い」です。



Carpenters - For All We Know






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新生活のプレリュードは嵐?

今年度の幕開けは、嵐でしたね~。

爆弾低気圧ってんですか、低気圧ボム、結構な破壊力だったよう

ですけど、まぁ、嵐を呼ぶ新年度って感じ、これで昨今続いていた

悪い事を一気に振り払ってもらったということにしてですね、

良い嵐が吹きまくる年度にして頂きたいものだと思います。

ってな感じで、今週のブログ★ラヂオは、新年度の始まりに相応しい、

変化やスタート、旅立ちという音楽でお送りしている分けですが、

折しも昨日は「チェンジズ」という曲、嵐と共に良い変化を

むかえるには、もってこいな曲でもあった分けです(笑)

で、本日は、カーペンターズ(Carpenters)で、

「We've Only Just Begun」をピックアップしていきたいと

思います。2Pacの次は、カーペンターズというね、

ちょっと考えられない流れになってますが^^、まぁ、ココならでは

ということにして頂ければと思います。

「We've Only Just Begun」、邦題に「愛のプレリュード」なんて

付けられてますが、1970年のヒット、曲の内容は、愛する人と

新たな生活を始めるってことになるんですけど、新年度に始める

新生活の定番と言えば一人暮らしってことではありますが、

まぁ、そこは、少々乱暴ですけど、新たな生活を始める

ってことでは、二人も一人も一緒でしょみたいな・・・^^;

ってことで、お願いできればと思いますm(_ _)m

コチラのサイト様で訳詞を掲載されてます。さらには、

下URLクリックで、歌詞を見ながら聴くことできます。

これもまた、なかなかジ~ンとくる良いYouTube映像だと思いました。

http://www.youtube.com/watch?v=jwskQcoZ2YU

ぶっちゃげ、とにかく良い曲であることには間違いないってことで、

選んでみた分けなんですけどね^^

カーペンターズは、70年代、一世を風靡した兄弟デュオ。

カレン・カーペンターの唯一無比の澄んだ伸びのある歌声と、

この曲でも聴ける、ふわっとした、実はちょっと危ない系なんじゃ

ないかと思わせるような、トリップ感のあるコーラスワークが

魅力になります。(詳しくはコチラWikiでどうぞ)

ということで、カーペンターズ、「We've Only Just Begun」です。



Carpenters -We've Only Just Begun




時間のある方は聴いてみて下さいって感じではありますが、

美メロの良い曲ということで、いろいろカバーもされてます。

私のお気に入り、カーティス・メイフィールドのバージョン。

http://www.youtube.com/watch?v=eopufSMODLo

今回偶然見つけた、スティーヴィー・ワンダーの貴重映像。

こりゃ、興味深くて面白い、良かったです。やっぱ天才だわ(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=Xx6tvoyD22U



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バカラックな休日3

連休いかがお過ごしですか。

私は、できれば癒されていたい派です。

最近癒しの1枚(2枚組か)といえば、もっぱらコレです。



バート・バカラック作品集です。

しばらくは、この中から何曲か、

連休楽々更新モードです m(_ _)m

カーペンターズで「遙かなる影」です。



Carpenters - Close To You

iTunes ダウンロード icon


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

イエスタデイ・ワンス・モア

ここのところまさに「イエスタデイ・ワンス・モア」なブログ★ラヂオ

ということで、本日はカーペンターズ。

私が洋楽の最新のヒット曲、ヒット・チャートなるものに

興味を持ち始めた頃、1972~3年の頃ですか、

世の中を席巻していたのがカーペンターズです。

当時日曜の朝といえば毎週のようにラジオに釘付けになっていました。

洋楽ベストヒット番組的なものをどの局も放送していたからです。

パーソナリティーはといえば、久米宏、小島一慶、みのもんた、

そして、ライブドア問題で話題になった日本放送の亀淵社長といった

今考えてみるとそうそうたる人たちが努めていました。

で、毎週のように1位だったのがカーペンターズです。

正直ロック少年だった私は勘弁して、みたいな感じだったのですが、

今となっては、やはり皆の感性は間違ってなかったって思う次第です。

こうやって改めて聴き直してみると、なんかゾクっとするような

凄みさえ感じてしまいます、と同時に当時の思い出と共に感動してしまくりですw。

それにしても、あの時代、パソコンでこのような映像を

ブログに貼り付けて配信出来るような状況を誰が想像したでしょうか。

とんでもない未来に生きているような気がします。



Carpenters - Yesterday Once More

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。