カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジャクソン5 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アシュフォード&シンプソン的ジャクソン5

いつものように、昨日は、というか、今日の深夜、

ブログを巡りをさせて頂いた分けですが、最近、ココにもたまに

ありがたいコメントも寄せて頂いている、女性ヴォーカリストPATTIさん

ところでお見受けした記事なんですけど、アメリカの夫婦デュオにして、

ソング・ライターチームである、アシュフォード&シンプソン

(Ashford & Simpson)の夫方、ニコラス(ニック)・アシュフォードさん

が、22日にお亡くなりになられたということを知り、

そ~なんだぁ~、と残念な気持ちにもなっているところなんですが、

おりしも、今週のブログ★ラヂオは、まだまだ暑さも残る残暑にも快適で、

夏の名残を思わせる、ソウル、R&Bのチョイスということで

スタートさせていて、まさに、そんなシチュエーションにも

合う美メロのソウル・ミュージックも多々残されている

アシュフォード&シンプソンということでもあり、ここはやはり、

ご冥福を祈りつつ、そんな中から一曲選ばせて頂こうと思ってます。

1960年代後半、モータウン所属のソング・ライター・チームとして

活躍していた時期のものなんですけどね、特に、マーヴィン・ゲイ&

タミー・テレルのデュオに提供された楽曲で知られていて、もちろん、

「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」が、一番の有名曲になると

思われますが、過去にコチラで取り上げてたりするので、本日は、

「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング

(Ain't Nothing Like The Real Thing)」で、行ってみます。

・・・と、まぁ、実はこれもココでは過去にグラディス・ナイトと

ヴィンス・ギルのデュエットという私のかなりのお気に入りバージョン

コチラで紹介してたりするんですけど、ならば、今回は本家、

マーヴィンとタミーのバージョンかというと、これも、YouTubeでは、

コチラにありますが、でも、動画は見当たらない、ってことで、

見つけたのが、ジャクソン5のカバーです。

これがなかなかいい感じなので、今回のアップということに

させていただくことにしました。ちょっとスローなテンポのアレンジが、

さらに今回テーマのブログ★ラヂオの残暑的なイメージにも

ピッタリという気がした分けです。

で、まぁ、考えてみたら、マイケルも、マーヴィンも、タミーも

みんなあちらの世界へ行かれてしまった人達ばかりで、そして、

今回ニコラス・ラシュフォードもってことになるんですけど、

天国は、そりゃ大変なことになってることと思います。

ということで、音源的には、1972年発表のジャクソン5のアルバム、

Lookin Through the Windows」に収録されているものになり、

子供時代でありながら、マイケルの非凡さもやはり感じてしまう

映像になるんじゃないでしょうか、で、パーカッションの本当の子供は、

やはりジャネットってことになるんですかね?、って感じですが、

ジャクソン5で、

「エイント・ナッシング・ライク・ザ・リアル・シング」です。



The Jackson 5 - Ain't Nothing Like The Real Thing

Ain't Nothing Like the Real Thing - Goin' Back to Indiana / Lookin' Through the Windows




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

天才kids

並木瑠璃

天才ギター少女・並木瑠璃ちゃんです。

なんでも、『さんまのスーパーからくりTV』に出演し今話題らしいです。

CDデビューも果たしたそうで、デビュー曲は「学園天国」です。

「学園天国」といえば、小泉今日子、そしてオリジナルはフィンガー5

フィンガー5といえば、オズモンド・ブラザーズ(昔いたなァ…)

いや、そうじゃなくてJackson 5 です。

そう、Jackson 5 のこの人もかつては天才少年と呼ばれていました。

この人とは、もちろんマイコーのこと、ていうかマイケル・ジャクソンです。


The Jackson 5 - I want You Back 投稿者 cosmo626

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

The Jackson 5 - I want You Back

iTunes ダウンロード icon

PS. しかしこの曲のイントロがかもし出す高揚感は何なのでしょうね。

私の中でのイントロ大賞はこの曲で決まりです。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。