カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「マーク・ロンソン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ナツメロ風、今現在のナウいファンクヒット

まだまだ、依然として寒いですけど、そろそろ春の気配を

思わせるような暖かさをを感じられる日があってもいいような

頃合いにはなってきているということで、今週は、まずは、

冬に凝り固まった体の方からほぐして、来たるべく春へと備えて

みるといった様相で、「躍動するファンク」といったところから

音楽を選びお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日ピックアップするのは、つい最近のヒットというか現在も

ヒット中、昨年の2014年11月に発表されたシングルで、全米

全英で1位を記録しているマーク・ロンソン(Mark Ronson)の

「アップタウン・ファンク(Uptown Funk)」です。

前回の記事で、過去の音楽を引用、または、解体し、新たに

再編集する能力が、現代のシーンにおいて作曲を行っていく上で

一つの重要な要素になってるなんてこと書いてますが、

マーク・ロンソンは、まさにそんなタイプのソングライターであり、

DJにしてプロデューサーになります。エイミー・ワインハウスの

プロデュースに係わり一躍有名となった人です。

(詳しくは、コチラのWikiを)

この「アップタウン・ファンク」では、ヴォーカルに、こちらも

現代において抜群の人気を誇るシンガー・ソングライター、

ブルーノ・マーズ(詳しくはコチラのWiki、コチラは過去記事)が

フィーチャリングされてます。

まぁ、1970年代、80年代の古くからファンクに馴染みのある人間

(オジサン)にとっては、ひたすら懐かしい雰囲気をまとった曲に

なりますけどね、現代の若人達が、このような曲をやり

ヒットさせてるというのは、何か嬉しいような気になるもんです。

ということで、今年、2015年の1月に発売されたばかりのアルバム

Uptown Special」にも収録された

マーク・ロンソン feat. ブルーノ・マーズで、

「アップタウン・ファンク」です。



Mark Ronson - Uptown Funk ft. Bruno Mars






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。