カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ビージーズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

洋楽版「北国の春」?

め~ぐる~、めぐる~季節の中で~♪、お送りしている

ブログ★ラヂオ、すっかり春もたけなわ、本番となってます。

日中は、かなりのポカポカ陽気、思わず汗ばんでしまいましたが、

そんないい感じの陽気に誘われてのブログ★ラヂオ、今週の

お題はということになりますが、「長閑な春」といった感じの

音楽、長く寒かった冬を乗り越え一息つけるような、うららかな

癒しのサウンドで、今週もまた一週間お送りしていこうと思ってます。

で、本日は、ビージーズ(Bee Gees)の「マサチューセッツ

(Massachusetts)」をピックアップして参ります。

1967年に発表された、ビージーズ初期の世界的ヒット曲です。

ビージーズというと、1970年代中頃以降のダンス・ナンバー、

特に映画「サタデー・ナイト・フィーバー」絡みのものが、

私達世代では、もっとも知られてる感じになりますけどね、

この「マサチューセッツ」は、それ以前の、主にフォーク的、

牧歌的な曲を得意としていた頃のものになります。

(ココでは、以前コチラ下方で、新旧取り混ぜて何曲かピックアップ

してるので聴いて頂ければと思います。ビージーズについて

詳しくは、コチラWikiでどうぞ)

詞の内容は、故郷であるマサチューセッツへの望郷の思いを歌った

もの、まぁ、実際は、ビージーズは、イギリス出身のギブ三兄弟が

中心のグループなんですけどね、詞の方はそういうことになってます。

で、何故に実際には故郷でも何でもないマサチューセッツを故郷として

歌っているのか、知りたい人もいるのかなぁ~、まぁ、知りたい方は、

コチラ←クリックで飛ぶサイト様をご覧になって頂けると、

時代考証と共に考察を交え、興味深い内容で書かれてます。

原詞対訳は同サイト様のコチラで掲載されてます。

とにかく、当時若者文化の先端を行っていた、サンフランシスコへと

旅だった若者が、やっぱ故郷の田舎、マサチューセッツが恋しい

という歌になるようです。洋楽版「北国の春 by千昌夫」って感じにも

なりますかね~(笑)

ということで、貼らせて頂いたモノクロ映像もまた長閑って感じの

ビージーズで、「マサチューセッツ」です。



Bee Gees - Massachusetts






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

若葉の恋メロ

風薫る、爽やか5月、新緑の季節ということに因んで、

音楽を選んでいこうという今週のブログ★ラヂオ、

・・・ってか、暑いですけどね^^、

本日は、ビージーズの「若葉のころ」です。

まぁ、こんな感じで音楽をチョイスしていくとしたら、

当然のように外せない一曲になるかと思います。

私は、よく知らないのですが、キンキ・キッズがキャスティング

された同名の日本のドラマでも有名ということらしいです。

1969年のヒットで、原題を「First of May」と言います。

ビージーズが音楽を担当した、映画「小さな恋のメロディ」の

挿入歌でもあります。でも、日本では、主題歌の「Melody Fair」

コチラでどうぞ)の方が大ヒットになってて、

欧米で、この「若葉のころ」の方が圧倒的な知名度があること

からすると、ちょっと変なことにもなってます。

私は、「小さな恋のメロディ」は、多分、テレビで放映されたのを

見た記憶はあって、でも、内容は憶えてなかったりするんですけど^^、

それでも、当時子役のマーク・レスターがすこぶる人気が

あったのは憶えてます。因みに女子役はトレイシー・ハイドに

なり、現在では二人ともその世界からは引退ということになってます。

いずれにしろ、日本では、大ヒットした映画で、感銘を受けた

方も数多くいることと思われます。(詳しくは、コチラでどうぞ)

で、本日の一曲「若葉のころ」なんですけど、そんな少年少女の

純愛っていうか、若葉マークの恋愛とでも言いましょうか、

さらには、フレッシュな5月の新緑っていうイメージにも

繋がっていくのではないかと思います。

歌詞にクリスマスツリーが出てくることから、クリスマス・ソング

と捉える向きもあるようなんですけど、訳詞はコチラにありますが、

やはり、題名通りの5月の爽やかなイメージのメロディとするのが、

私は、合うように思います。

まぁ、「First of May」と付けられたのは、今回貼らせていただいた

映像にも説明されてる通り、ビージーズのギブ3兄弟の長男、

バリー・ギブの愛犬が5月に生まれたからという、

いかにも、ミュージシャンらしいひらめき、というか、

いい加減な感じでもあるらしいです^^

ということで、イメチェン後、「サタデー・ナイト・フィーバー」で、

再フィーバーするのは、この後しばらくの低迷期を経てから

ということになるビージーズで、「若葉のころ」です。

(ビージーズについて詳しくは、コチラ←クリックでどうぞ)



Bee Gees - First of May


この曲をバックにした、懐かしの映画「小さな恋のメロディ」の映像は

↓URLクリックでどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=lqcxeStXFE0

First of May - Odessa




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

深い愛

去りゆく夏の終わりの寂しさ、そんなシチュエーションに

似合う音楽ということで、今週は選ばせてもらっている分けですが、

もう、なんだか秋ですね。

今日の明け方などは、タオルケット一枚掛けただけでは、

寒くて目が覚めてしまい、あわててもう一枚掛け足して寝直すなんてこと

やってました。一番絶好調で寝てる時間帯なのに…

で、夏の終わりにこの一曲、本日はビージーズ

愛はきらめきの中に」でいってみましょう。

1977年公開の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の中でいくつか楽曲を

取り上げられたことで、絶頂期を迎えた双子(バリー・ギブ、ロビン・ギブ)

とさらにその下の弟(モーリス・ギブ)で編成されるこのコーラス・グループ、

当時は、昨日のジョナサンじゃないですが、

まさに飛ぶ鳥を落とす勢い、ヒット・チャート1位の常連状態でした。

たしかに、そのころの曲って今聴いても良い曲だなあって思ってしまいますね。

っていうか、私としては、今だからこそなんだか余計に

良い曲に聴こえるような気がします。

実はあの当時、あまりの人気っぷりに、どこか「ウゼー」って思ってた面も

なきにしもあらずなんですけど…

素直で、キャッチーなメロディーっていうんですかね、

高度な技術を駆使された楽曲の多い今だからこそ、

逆に新鮮に聴こえてしまうのかもしれません。

とにかく、メロディー・メーカーとしても優れたグループだったのだなあ

と改めて思い知らされる人達である分けです。

現在は末弟のモーリス・ギブの急逝でグループとしての活動は終了となってます。

で、本日アップの「愛はきらめきの中に」も

同映画「サタデー~」で使用された一曲です。

映画公開同年にシングルとしてヒットしてます。

原題は「How Deep Is your Love」といいますが、

まあ、「あなたの愛はどんだけ深いのでしょう?」といったところでしょう。

(訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

それでは、ビージーズのキラー・バラード・チューンで、

「愛はきらめきの中に」です。


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Bee Gees - How Deep Is Your Love

そして、この曲、英国のコーラス・グループ「テイク・ザット」がカバーして、

ヒットもしてるのですが、そのPVが、この曲のパロディーってことなのでしょう、

なかなかの出来で笑えた、ってか恐かったので下にURLを記しておきます。

クリックでどうぞ。(夏の終わりのムードがぶち壊しなので、あまりオススメ

ではないですが^^)

http://www.youtube.com/watch?v=TvBzSSNUMik

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フィーバーの前は

昨日はジム・クロウチ、「タイム・イン・ア・ボトル」という

懐かしの癒しソングをアップしたわけですが、今日もそんな感じです。

映画、「小さな恋のメロディ」(←クリックで詳細)のタイトル曲ですね。



スミマセン、私観てません・・・ってか、テレビで見たような、

でも、あまり憶えてないです…ツッコミ入れないでね^^;

まあ、当時観た人はいまだに胸がキュンとしてしまう

映画なのではないでしょうか。

サタデイ・ナイトでフィーバーする前は、

こんなフォーク・ソングをやってた分けですね。

特に日本で大ウケしました。

ビージーズで「メロディ・フェア」です。


Videos tu.tv

The Bee Gees - Melody Fair

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ステイン・アライブ

最近ホンダ・オデッセイのCMでよく耳にするこの曲。

ホンダ・オデッセイ


映画「サタデイ・ナイト・フィーバー」の挿入曲、ビージーズによるものです。

そして、ディスコブームへ。

そんな時代もありました。もちろん私もディスコ、嫌いじゃないですw

でも、このCM

ジョージ・クルーニー


確かにジョージ・クルーニーもカッコいいけど、

なんでトラボルタにしてくれなかったんでしょう。


Bee Gees - Staying Alive

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Bee Gees - Stayin' Alive

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。