カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「スモール・フェイセス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

初代モッズ、伝説的バンドの小粋ロック

すっかり秋めいてきてますけどね、ここのところの

ブログ★ラヂオは初秋な感じの曲をテーマにお送りして

いますが、9月も後半に入り、また新たな週の始まり、

今週もそんなテイストの過ごしやすい気候にウキウキとした

感じもありつつ、シックな秋のオシャレといった様相の

「小粋なロック」ってことで、また一週間音楽を選んで行って

みたいと思ってます。

本日は、スモール・フェイセス(Small Faces)の

「シャ・ラ・ラ・ラ・リー(Sha La La La Lee)」を

ピックアップします。

スモール・フェイセスは1960年代の中頃から後半にかけて

活躍したイギリスのバンド。日本やアメリカでは、いまいち

メージャー感はありませんが、地元イギリスでは、カリスマ的

影響力を誇る伝説のバンドで、後の70年代後半、ジャム等が

活躍したモッズ・リバイバルの時や、90年代、オアシス等の

ブリッド・ポップのムーヴメントの時も再評価されてます。

一番の売りは、スティーヴ・マリオットの実にソウルフルな

ヴォーカルになりますが、ポール・ウェラーが大ファンだったり、

ロバート・プラントにいたっては、追っかけまでしていたと

言われてます。スモール・フェイセス脱退後は、

ピーター・フランプトンとハンブル・パイを結成し、こちらでも

大きな人気を博してます。

そして、もう一人、中心になる人物は、ベースのロニー・レーン

スティーブ・マリオットが抜けた後には、ロッド・スチュアートを

招き入れ、フェイセスとして再出発。こちらの形態の方が、

日本では、よく知られてると思います。

残念ながら、スティーヴ・マリオットもロニー・レーンも今は

故人となられてます。(詳しくは、コチラWikiをご覧下さい)

今回ピックアップの「シャ・ラ・ラ・ラ・リー」は、1966年、

全英3位のヒット。デッカレーベルに所属の時に発表した

デビューアルバム「スモール・フェイセスSmall Faces)」

に収録の一曲です。日本では車(スズキ・ラパン)のCMで

使われてたので聴き覚えのある人も多いと思います。

なかなかの秋の「小粋ロック」といった感じではないでしょうか。

スティーヴ・マリオットのヴォーカルは熱いですけど^^

ということで、お聴きください、スモール・フェイセスで、

「シャ・ラ・ラ・ラ・リー」です。

(「続きを読む」以降にはライヴ映像を貼らせて頂いてます)



Small Faces - Sha La La La Lee






続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。