カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ニーナ・シモン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

リバイバルで大ヒット、永遠のシック

さて、今週はシックな秋の装いといった感じで、オシャレ系

音楽をピックアップして参りました。

本日は、ニーナ・シモン(Nina Simone)の

「My Baby Just Cares for Me(マイ・ベイビー・ジャスト・

ケアーズ・フォー・ミー)」のチョイスで行ってみます。

ニーナ・シモンはアメリカのジャズ・シンガーでピアニスト。

人種差別に反対した黒人公民権運動に精力的に参加するなど

社会への大きな貢献を果たしていたり、音楽的にもジャズに

留まらない多彩さで、現在でも多方面から称賛されている

アーティスト、カリスマと言っていい人です。

(詳しくはコチラのWikiを)

1958年のデビュー以来、2003年、70歳でその生涯を閉じるまで

長きに渡って活躍した人になりますが、今回ピックアップの

「My Baby Just Cares for Me」は、1958年、デビューの年に

発表されたアルバム、すなわちデビュー盤ってことになりますが、

リトル・ガール・ブルーLittle Girl Blue)」に収録

された一曲です。

・・・ではありますが、実は、この曲を一番有名にしたのは、

その30年後の1987年、シャネルの香水「No.5」のCM(コチラ

見れます、監督はリドリー・スコット!)で使われたことが

きっかけとなり、大きなリバイバル・ヒットとなってます。

まぁ、このことからも、彼女の歌とピアノがいかに普遍性を

得ているかというのはお分かり頂けると思います。そして、

シャネルのCMに使われているほどですからね、今回のテーマ、

秋のシック&オシャレってことでも、これほどハマる曲は

ないです。

元々は、1928年公開のミュージカル「ウーピー(Whoopee)」の

ために書かれた曲になるようで、そのカバーになります。

(詳しくは、コチラのサイト様をどうぞ。訳詞も掲載

されてます。原詞はコチラを。)

ということで、明日からは三連休になる人も多いですかねぇ、

秋のまったりってところでも、いい感じの一曲になると思います、

良い週末を♪、ニーナ・シモンで、

「My Baby Just Cares for Me」です。



Nina Simone - My Baby Just Cares for Me






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

まさにその時、新しき人生の門出

3月も残り少なくなったこの時期、今週のお題は、

「卒業、別れ、旅立ち」ということで、音楽をピックアップ

してお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日は、ニーナ・シモン(Nina Simone)の登場で、

曲は「ジャスト・イン・タイム(Just in Time)」を

チョイスします。

1956年のミュージカル「Bells Are Ringing」に使われたのが

初演となるスタンダード・ジャズのナンバー、1960年に公開の

同名映画で、ディーン・マーティンが歌ったことで有名になった

一曲です。(詳しくはコチラのサイト様を、訳詞も掲載されて

います。原詞はコチラ

「人生のどん底のまさにその時(Just in Time)に、出会った

彼女(彼氏)のお陰で、人生を新しく始めることができた」

って歌になりますが、まぁ、今回のテーマに含まれる別れって

ことでは、違うニュアンスなんですけど、でも、それまでの

生活とはお別れして、自分の道をしっかりと歩んでいくという

内容ですし、なによりも、ニーナ・シモンのほろ苦系の歌と演奏が

ですね、単にハッピーでバラ色の人生を始めるといった感じ

だけではない、「卒業、別れ、旅立ち」といったニュアンスを

感動的に醸し出すものになってます。

ニーナ・シモンは、アメリカのジャズ・シンガーでピアニスト。

1950年代から長きに渡り活躍し、人種差別に反対した

黒人公民権運動でも大きな役割を果たし、ソウルフルで

スピリチュアルな歌声で、アレサ・フランクリンから

アリシア・キーズに至るまで、現在でも多大な影響力のある

作品を残したカリスマなアーティストです。

(詳しくはコチラWikiを)

今回ピックアップの「ジャスト・イン・タイム」、貼らせて

頂いたYouTubeのバージョンは、調べてみたところによると、

1968年のパリでのライブの模様、1975年に発表された

アルバム「The Great Show Live in Paris」に収録されて

いるもののようなんですが(コチラWiki)、このCDは

現在日本で売られてる様子は、ありませんでした。で、

今聴けるこのバージョンのものは、「Tomato Collection

という編集物ベスト盤CDに収録されています。

入手可能な「At the Village Gate」にも

「ジャスト・イン・タイム」は収録されていますが、

別のライヴ・テイクになります。

2004年公開の映画「ビフォア・サンセット」(コチラ)で、

このニーナ・シモン版「ジャスト・イン・タイム」が、

印象的なシーンに、アルバム「Tomato Collection」と共に

流れ、多くの人に知られることとなってます。

ということで、お聴き下さい、ニーナ・シモンで

「ジャスト・イン・タイム」です。



Nina Simone - Just in Time






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。