カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「カトリーナ・アンド・ザ・ウェイヴス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春のアメリカナイズド・ブリティッシュ・ポップ・ロック

今週のブログ★ラヂオは、この時期、待ち望まれるのは、

暖かな春の日差しということで、そんなイメージを思い浮かべる

楽曲のチョイスでお送りしていますが、今日は、思い浮かべる

までもなく、まさに、うららかで暖かな春の陽気となりました。

まだまだ、油断は禁物ではあるかと思うんですけどね。

ってことで、早速、本日の春の暖かな日差しイメージの一曲は、

カトリーナ・アンド・ザ・ウェイヴス (Katrina And The Waves)で、

「ウォーキング・オン・サンシャイン(Walking On Sunshine)」の

ピックアップで行ってみます。

前回登場のトラヴィス「Walking in the Sun」に、やたらタイトルが

似てますが、一緒にYouTubeで見つけただろう、っていうツッコミは、

無しにしてもらいたいです(笑)

私は、散歩好きでもあるので、気持ちの良い暖かな日差しの中を

闊歩するイメージは、たまらないものがあったりする分けです。

貼らせて頂いたPVがいいです。半袖の女性と、いまだコートを

羽織った男達、まさに季節の変わり目にお送りしている、今週の

ブログ★ラヂオのテーマそのものといったところです。

この「ウォーキング・オン・サンシャイン」は、1983年のリリース、

同名のアルバム「Walking On Sunshine」収録のタイトル曲で、

1985年に火が付き、このバンド初の大ヒット、全米のチャートで

9位をマークしてます。

とは言っても、カトリーナ・アンド・ザ・ウェイヴスは、イギリスの

バンド、ギターのキンバリー・リュー(Kimberley Rew、

元ソフト・ボーイズ)が結成したグループになりますけどね、ただ、

中心となるヴォーカルのカトリーナ・レスカニック

(Katrina Leskanich)が、アメリカ出身で、とてもイギリスのバンド

とは思えないアメリカナイズの陽気なサウンドになってます。

このヒットの後、99年にカトリーナが突然の脱退、バンドは、同名の

二代目カトリーナを見つけ出し、同じバンド名で活動を続けるも、

あまりにも初代カトリーナの印象が強烈であり、多くの人からの支持を

得ていたため、ファンから叱責を浴びることとなってしまい、やむなく

活動休止に追い込まれる、なんていうちょっと笑える(失礼)エピソードも

あるバンドになります。(コチラのサイト様を参照させて頂きました)

ということで、モータウン風ポップ・ロックな風情、ひたすら

楽しんでもらえればOKという春の日差し的一曲、

カトリーナ・アンド・ザ・ウェイヴスで、

「ウォーキング・オン・サンシャイン」です。

)

Katrina & The Waves - Walking On Sunshine





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。