カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「エルトン・ジョン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

どうせなら壮大に、宇宙へGO!

年度末の今週は、「卒業、別れ、旅立ち」をお題に

やってきたブログ★ラヂオになります。

本日の金曜をもって週末を向かえ、後は、新たな年度になるのを

待つって感じになってますけどね、まぁ、社会人にとっては、

区切りで仕事が忙しいというくらいで、あまり関係ないのかも

しれませんが、新年度ともなれば、会社員の方は、新入社員が

入ってきたりで、また雰囲気も変わるといったところだと思います。

といったところで、本日の年度末区切り「卒業、別れ、旅立ち」

の一曲は、いよいよ、宇宙にまでも旅立って頂こうといった

感じにまりますが(笑)、エルトン・ジョン(Elton John)の

「ロケット・マン(Rocket Man)」をピックアップです。

まさに、エルトンならではのメロディ、カッコ良くもあり、

壮大でもあり、やはり、こんな曲は、エルトンにしか書けない

だろうなぁ、って曲なんですけどね。エルトン・ジョンは、

イギリス出身の歌手で、作曲家、ピアニスト。1969年の

デビュー以来、今なお活躍し続ける希代のメロディメーカーです。

ココでは、過去には、コチラ←クリックして頂けると、下方に

2ページに渡って、その代表曲を取り上げているので聴いて

頂ければと思います。エルトン・ジョンについて詳しくは、

コチラWikiをどうぞ。

「ロケット・マン」は、1972年発表のアルバム

「ホンキー・シャトー(Honky Chateau)」(全米1位、

全英2位)に収録の一曲、シングルカットされヒットし、

ライヴでも定番の曲で、代表曲の一つです。

当時は、アポロ計画、月面着陸とかで、宇宙ももてはやされた

ものですが、そういった風潮に乗っかりつつ、宇宙旅行を

モチーフに作られた曲になるようです。

(訳詞及び原詞はコチラのサイト様で掲載されてます)

ということで、良い区切りの週末をお過ごし下さい♪、

エルトン・ジョンで「ロケット・マン」です。



スタジオ版CD収録の演奏のPVは、コチラ←クリックでどうぞ。

Elton John - Rocket Man





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

バレンタイン、なので男女デュオ♪

元気ですかぁー!!!

今日は、風の強い一日でしたが、

今までのただ冷たいだけの北風とは違い、

確かに、寒くはあったのですが、日差しには、

暖かさも感じられ、この強風はもしかして、

春一番

なのかなぁ?、なんて思ったりもしました。

というこで、前回に続き一流芸人のネタを拝借して

お送りするブログ★ラヂオということになりますが、

春の足音もだんだんと近づいている感じのする

今日この頃、来週には、聖バレンタインズ・デイも

控えているということで、ココは、毎週なにがしかの

テーマに沿った音楽で綴らせてもらっている分けですけど、

今週は、「LOVE×2、男女デュオ」ということで、

また一週間やってみたいと思っています。

本日は、エルトン・ジョン×キキ・ディー

実に今回のお題にピッタリな邦題がついている

「恋のデュエット」、原題は

「Don't Go Breaking My Heart」で行ってみます。

1976年の大ヒット曲で、アメリカ及びイギリスで

1位になってます。特に、自国のイギリスでは、

意外にもこの曲で初の1位を獲得しています。

当時は、シングルのみの発売で、アルバムとしては、

ベスト盤等の収録に留まるようです。(ボーナス・トラック

として「ロック・オブ・ジ・ウェスティーズ」に

収録されるパターンもあるようです)

エルトン・ジョンはココでも何回か登場していて、お馴染み

だとは思いますが、イギリスを代表するメロディーメーカー兼

歌手で(作詞は手がけないのでシンガーソングライター

ということではないみたいですけどね)、

数々の名曲を世に放ってきた1970年代初頭から、

現在も活躍し続けているベテラン大御所、

でも、今回貼らせて頂いた映像は、薄毛の時代

(現在はフサフサ)ということになりますが、長い芸歴の中では、

様々なことがあるということなんだと思います^^

(エルトンについて詳しくはコチラで)

キキ・ディーもイギリスの歌手で、自身の作品も何枚か発表

しているようですけど、なんと言っても、やはり、

この曲においてのエルトンとの息のあった共演が一番有名です。

(キキ・ディーはコチラに詳しいです)

ということで、フィリー・ソウル風の軽やかな

ストリングスと心躍る軽快なメロディーが、

「春一番」と共に訪れる春を予感させる、

そんな一曲になるかと思います、

エルトン・ジョン×キキ・ディーで、

「恋のデュエット」です。



Elton John & KiKi Dee - Don't Go Breaking My Heart





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

秋・悲しみ・バラード、って結構直球です

めっきりと涼しくなってしまいましたが、

いかがお過ごしでしょう。

今は上がってますが、昨晩から今日の午後にかけての

降雨で、肌寒い感じ、秋もたけなわになる気配。

ってことで、今週は、ちょっとブルーっていうんでしょうか、

ほろ苦く、そして、メランコリックな秋のメロディーと

いったところで、音楽をチョイスさせて頂こうと思ってます。

本日は、エルトン・ジョンの、これも名曲になるかと思います、

「悲しみのバラード」という邦題が付いていますが、原題が、

「Sorry Seems To Be The Hardest Word」で行ってみたいと思います。

直訳すると「ごめんなさいとは言えそうにない」ってことになりますか、

振られた直後の男の気持ちを歌った曲ということになりそうです。

まぁ、エルトンの場合、相手が女性とは限りませんが・・・(^^;

因みに、シカゴのヒット曲に「Hard To Say I'm Sorry」というのがあって、

似たような意味になると思いますが、こちらは「素直になれなくて」

という格段に上手い邦題が付いてます。

作詞はエルトンと言えば、盟友として名高い、

バーニー・トーピンが手がけています。

(訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

1976年発表の「蒼い肖像(Blue Moves)」に収録されています。

1970年にヒットした「僕の歌は君の歌」以来、ずっとポップ・スターと

してトップを走り続けてきたエルトンではありますが、

パンク・ムーヴメントの台頭等による音楽状況の変化、

そして、それまでの、ハードワークによる、肉体的、精神的な疲労から、

このアルバム発表後、2年程の間、シーンからは遠ざかることになります。

一つの時代の区切りといったアルバムになるのかもしれません。

でも、そんなことがありつつも、概ね、現在まで、

レコードセールスの浮き沈みこそありますが、

第一線で活躍し続けている人です。

この曲でもお分かりの通り、レノン-マッカートニーに匹敵する

希代のメロディーメーカーということになります。

ただ、映像では、視線が頭部の方へと行きがちに

なってしまうのかなぁ・・・

でも、ご安心下さい、現在ではフサフサです(植毛ってんですか、爆)

ということで、エルトン・ジョンで、「悲しみのバラード」です。



Elton John - Sorry Seems To Be The Hardest Word

Sorry




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

疑惑の名曲

今週は、秋に似合うちょっぴり寂しさの漂う音楽

ということで、曲を選んでます。

今日は、エルトン・ジョンで「ダニエル」です。

彼のベスト盤には必ず含まれるし、今でも、ライブでは

演奏される、彼ならではのメロディー・センスの

光る一曲ということになりましょう。1973年のヒットです。

とまあ、素晴らしい一曲であることに間違いないのですが、

問題は、最初に彼が同性愛者であることの疑惑がもたれた曲

ということになります。もちろん、今ではカミングアウトも

されてるし、全然問題ないのですが、当時は、こういったマイノリティー

には偏見も多かった時代です、この歌の歌詞には、さまざまな憶測が

飛び交う事態となったようです。

「ダニエル」とは、もちろん男に付けられる名前で、

ブラザー・ダニエルが飛行機で旅立ってしまう…寂しい、

といった内容の歌です。

(訳詞はコチラ←クリックで見れるのでどうぞ)

まあ、今回アップの映像は、演奏者の周りで踊っているのが、

女の子ばかりということで、ちょっと救われる感じになりますけどね。

これが、男ばっかりだったらって考えると…ん~、きついかなって感じですが…

ってことで、エルトン・ジョンで「ダニエル」です。



スミマセン、当初貼らせて頂いていた映像は、削除になりました。

↓ のライヴ映像をどうぞ。



(2013/9/14追記、また元々の映像もアップされて

いましたので、コチラ←クリックでどうぞ)

Elton John - Daniel

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Bu Bu Bu ベニー&ジェッツ ♪

今週はアコースティックなアレンジが光る作品ということで、

音楽を連ねていますが、本日はエルトン・ジョンで、

「ベニーとジェッツ」です。エルトン・ジョンでアコースティックな

曲といえば「僕の歌は君の歌」ということになるのでしょうけど、

そんなベタな選曲はココではいたしません…ってか嘘です、過去にすでに

取り上げてるので今回は、ってことなんですけど…(いやいや、

これは名曲ですよね、リンクが張ってあるのでクリックでどうぞ)

で、「ベニーとジェッツ」、この曲はカッコイイという表現が私的には

一番ピッタリといった感じです。一拍一拍にアクセントを置いたような

リズムアレンジがイカしてます。いやが上にも緊張感が高まって高揚して

いくわけですが、そこへ、間奏では、ピアノの腕も一流と思えるエルトンの

ジャズっぽいソロが絡めば、そりゃもう粋の世界ってもんで、カッコイイです。

この人の曲を聴いたり、演奏している姿を見るといつも、

ピアノが弾けるっていうのは、羨ましいことだと思います。

ただ、今回のPVでもそうなんですけど、この人のビジュアルセンスというのは

独特なものがあって、まあ、同性愛者ってことでカミングアウトもされてる

そうですが、そんな感じのハデハデなところが、ちょっとねえ…と思ったりもします、

だいたい、なんでセサミ・ストリートなんだって気もしますが、

音楽に関しては素晴らしい作品を数多く残しているというのは間違いの

ないところでしょう。

ジョン・レノンも認めた作曲のセンスとでもいったところでしょうか。

ということで、エルトン・ジョン、1974年のヒット、アルバム

黄昏のレンガ路」に収められた、「ベニーとジェッツ」です。



残念、動画は削除になりました。

なので、↓ のライヴ映像をどうぞ。



Elton John - Benny & the Jets

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。