カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ゲイリー・クラークJr. 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

現代版リズム&ブルースのご機嫌な疾走

まだまだ寒いこちらの地方ではありますが、2月も後半になり、

そろそろ春の兆しが見えてきもいい頃合い、ここは一気に

この寒さをやり過ごし、春を迎えることにしたい気持ちから、

今週は、「疾走感のある音楽」をピックアップしてお送りして

きました。

本日は、ゲイリー・クラークJr.(Gary Clark Jr.)の

「エイント・メッシン・ラウンド(Ain't Messin' Round)」

という、R&Bテイストな一曲、というか、昔ながらの

リズム&ブルースな一曲と言った方が伝わる曲のチョイスです。

ブルース・ロックってことでもいいですが、最近こんな感じ、

見直されている傾向もあるんでしょうか、ココの数回前の

記事(コチラ)では、ザ・ストライプスという注目を集める

ブルース・ロックの若き新人バンドをピックアップしてたり

しますけど、オジさん音楽愛好家にとっては、非常に喜ばしい

傾向ではあります。

このゲイリー・クラークJr.は、2011年、EP盤の

「The Bright Lights」でCDデビュー、2012年10月に、初の

フルアルバムとなる「ブラック・アンド・ブルーBlak & Blu)」

を発表し、この「エイント・メッシン・ラウンド」は、

そこに収録の一曲になります。

それ以前には、2010年の「クロスロード・ギター・フェスティヴァル」

に出演し注目を集め(コチラ)、その時点では、生粋の

若手ブルースマンとしての評価を得ていた分けですが、そこは、

1984年生まれの現在30歳、アルバムでは、ブルース、ロック、

ソウル、ヒップホップといった様々な音楽が織り込まれ

展開されています。

この「エイント・メッシン・ラウンド」も、前述のように、

ブルースというよりは、かなりポップ寄りな現代版

リズム&ブルースになりますが、まぁ、私のところのように、

何でもありの人にとっては、諸手を上げてのグッドな作品、

昔ながらの本格派ブルース一辺倒といった骨のある方々には、

不満の残る作品となっているようです。その辺、好みの問題なので

正直何とも言えない分けですが、もちろん骨無しの私は、

こりゃカッケーと大いに絶賛してしまう一曲、さらに、今回のテーマで

ある疾走感も心地良く、春に向かうご機嫌な週末を♪、ってことでも

いい感じなナンバー、ゲイリー・クラークJr.で、

「エイント・メッシン・ラウンド」です。

(ゲイリー・クラークJr.について詳しくは、コチラの公式

サイトをどうぞ)



Gary Clark Jr. - Ain't Messin' Round






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。