カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「デイトン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

80'sロボット声の郷愁が秋

うかうかしている内に9月も今日で終わってしまうんですね~、

秋も徐々に深まっている様子といったところ、また新たな

週を迎えての今週のブログ★ラヂオとなりますが、今週の

テーマはと申しますと、先週に引き続き、秋晴れの様相、

基本的には、ご機嫌な音楽をチョイスしていこうと思ってますが、

でも、この辺が「秋」ということになると思う、今となっては

胸がキュンとして、郷愁を呼ぶような、1980年代ノスタルジーな

サウンドということで曲を選んで行こうと思ってます。

本日は、デイトン(Dayton)の「サウンド・オブ・ミュージック

(The Sound Of Music)」をピックアップです。

つっても、あまり知られてないので、胸キュンの郷愁どころか、

逆に新鮮に思われてしまう向きもあるのかもしれないですけど、

サウンド的には、間違いなく80年代のもの、まぁ、秋らしく

ちょっとオシャレな線を狙っての選曲ということでもあります。

1983年発表のブラック・ミュージック好きの間では評価も高い

アルバム「フィール・ザ・ミュージック(Feel The Music)」に

収録された一曲です。

デイトンは、その名の通りオハイオ州デイトン出身の

ファンクバンド。

オハイオ・プレイヤーズに代表され、多くのファンク・バンドを

輩出している「ファンクどころ」にもなりますが、このアルバム

「フィール・ザ・ミュージック」は、やはりオハイオ出身の、

ココでは以前コチラで登場している、当時結構な人気だった

ザップ&ロジャー・トラウトマンの全面サポートを得て制作されて

いるようで(詳しくはコチラのサイト様をご覧下さい)、

今回ピックアップの「サウンド・オブ・ミュージック」では、

トラウトマンお得意のトーキング・モジュレーターを使用した

ようなロボット声が、見事に曲にハマった形で彩りを添えてます。

まぁ、その辺でも、大いに80年代的近未来サウンドということになる

分けですが。ただ、最近の音楽でもロボット声は流行りだったり

しますよね、割といろいろな所で聴かれます。

(オタク的に突っ込んだことを言うと、このデイトンが使用して

いるのは、ヴォコーダーになります。トーキング・モジュレーター

ヴォコーダーには音を出す方式に違いがあり、詳しく知りたい方は

それぞれリンクが貼ってあるのでどうぞ)

ということで、デイトンで、あの有名ミュージカル映画とは、

全く関係のない(歌詞はコチラに掲載されてますが、関係ない

はず^^)、「サウンド・オブ・ミュージック」です。



Dayton - The Sound Of Music





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。