カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「チャールズ・ライト&ザ・ワッツ・103rdストリート・リズム・バンド 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ユル目が渋いレア・グルーヴ・ファンク

まずは、台風被害に遭われた方々へ、お見舞い申し上げます。

皮肉なもので、昨日今日と台風一過の抜けるような青空の晴天、

陽射しこそ夏の名残の暑さも感じましたが、概ね爽やかな秋晴れ

といった一日になりました。

今週のブログ★ラヂオはと申しますと、そんな深まり行く

秋ということで、渋目のサウンド、でも、まったりとしてしまう

時期にはまだ早いので、ファンクといったジャンルから音楽を

チョイスしてお送りしています。

本日は、チャールズ・ライト&ザ・ワッツ・

103rd(ワンハンドレッド・アンド・サード・)ストリート・

リズム・バンド

(Charles Wright & the Watts 103rd Street Rhythm Band)の

「エクスプレス・ユアセルフ(Express Yourself)」を

ピックアップして行ってみます。

1970年作の同名のアルバム「Express Yourself」に収録され

ヒットした一曲です。

何だか、えらい長いバンド名なので、

チャールズ・ライト&ザ・ワッツ~とさせて頂きますが、

まぁ、それほど知られている分けではない、レアな感じの

バンドではありますが、ドラムには、モータウンの黄金期を

支えたジェイムス・ギャドソンが在籍していたり、ギターは、

後にEW&Fに参加することになるアル・マッケイを擁し、

50年代末から70年代初頭にかけて活躍した西海岸の

実力派ファンクバンドです。

リーダーであり、ヴォーカルのチャールズ・ライトは、

ギターやピアノ、そしてプロデューサー業もこなすという

多才さを持ち合わせてます。(まぁ、コチラのサイト様に

詳しいのでご覧頂ければと思います)

で、この「エクスプレス・ユアセルフ」という曲、ユル目の

腰抜け感が何とも心地良いファンクビートといった印象で、

これは、音と音の隙間の使い方が上手いっていうんですかね、

さらには、良く聴くと各楽器の絡み具合が絶妙で、決して

分厚いという分けではありませんが、何とも言えない

グルーヴを産み出しており、その辺で今回テーマの「渋い」

ということになってるかと思います。

ドクター・ドレとアイス・キューブが在籍したN.W.A.が、

同名曲でサンプリングしたことで、レア・グルーヴ・シーンでは

知られている一曲でもあります。(コチラで聴けます)

ということで、何とも平和なYouTubeを貼らせて頂いてますが、

チャールズ・ライト&ザ・ワッツ・103rdストリート・

リズム・バンドで、「エクスプレス・ユアセルフ」です。



Charles Wright & the Watts 103rd Street Rhythm Band
- Express Yourself





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。