カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「コモドアーズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コモドの日

ということで、長いようで短い連休もあっという間に最終日、

いつもとは、違うテンションで過ごされ、お疲れの方も多いかと思います。

明日からは普段通りの生活に戻られることと思いますが、

そんなこんなで、本日は、疲れた心と体に馴染む、そして、明日への鋭気を

養う「癒し」の曲、しかも、5月5日「子供の日」にちなんだ曲ってことで、

いろいろ考えを巡らせて、選んだのが、「コドモアーズ」(正確には

コモドアーズ」とも言う、笑)の「永遠の人に捧げる歌」で行ってみたいと

思います。(・・・ん~、なんて冴えてるんだ・・・オヤジ的に、笑)

原題が「Three Times A Lady」と言いますが、私は今回初めて邦題が

あることを知りました。

「3人(回)目の女」とでも訳すのだろうか?・・・と今までは、あらぬ事を

考えていましたが、どうやら、一度でも、二度でも、三度でも、美味しい

(・・・何かのコピーにあったような気がします)、または、

素晴らしい女(人)という意味のようです。

すなわち、永遠に素晴らしい女性という事になるのかな。

(詳しい訳詞はコチラ←クリックでご覧下さい)

ということで、「コドモアーズ」いや、「コモドアーズ」、

ライオネル・リッチーの甘く伸びやか朗々とした歌声でお楽しみ下さい、

1978年のヒット、「永遠の人に捧げる歌」です。



映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

The Commodores - Three Times A Lady

The Commodores - Lionel Richie: The Definitive Collection - Three Times a Lady




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

物騒じゃない「マシン・ガン」

冬の寒い時期、音楽はホットにお送りしていこう

といったところでしたが、今日は暖かかったですね。

春を思わせるような陽気に、いささか拍子抜けってところですが、

ここで油断は禁物、またぶり返すであろう寒さに気を引き締める

意味も込めて、本日は、コモドアーズで、「マシン・ガン」を

いってみたいと思います。前回に引き続きのファンキーなナンバー

ということになります。

「マシン・ガン」・・・なにやら物騒な曲名がついてます。

寒さに備え気を引き締めるにはもってこいといった感じですが、大して

曲名に意味があるようには思えず、なんらかのメッセージが込められていると

いうよりは、明るいノリノリのファンク・インスト・ナンバーでお楽しみを

みたいなところです。

例えば、プロレスの番組で次回登場する外人レスラーを紹介する時の

BGMなんかにピッタリって感じですかね。

それも、新日よりは、全日のプロレスの感じの方が合うようです・・・みたいな(笑)

ビデオでは、ここからソロとして旅立ち大成功をおさめたライオネル・リッチー

がまだ在籍していますね。向かって左側で、キーボードを弾いている人が

その人です。そういう目で見るからかもしれないですが、

キーボードを弾いているという地味な姿でも、

なんとなく華があるように思えます。

ってことで、コモドアーズで、「マシン・ガン」です。


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Commodores - Machine Gun

The Commodores - The Universal Masters Collection: Classic Commodores - Machine Gun




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夜勤の歌?

「夏に聴きたくなるソウル・ミュージック」…

まあ、私が勝手にそう思ってるだけなのかもしれませんが、

そんな感じで、今週は音楽を上げ連ねています。

で、本日はコモドアーズで「ナイトシフト」です。

ナイトシフト=夜勤ということですかね。

なんか変な歌だなあと思って、歌詞をみてみましたが、

もちろん大体でしか分かりませんが、

おそらく、夜勤には、マーヴィン・ゲイやジャッキー・ウィルソンといった

そんなスウィートなソウル・ミュージックが良い、合ってる、

おかげで夜勤も頑張れる、みたいな内容と理解しました。

この辺あまり信用しないでください(笑)


Lyrics | Commodores - Nightshift lyrics

(こんなの張ったらかっこいいかなと思いやってみました)

(後日追記:原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されてます)

まあ、夜勤といわず、この曲は夏の夜に合うような気がするのです。

サラっとし過ぎず、かといって暑苦しくもなく。

快適な夏の夜のBGMといったところでしょうかね。

基本今週はそんなイメージでやってますけど。

この「ナイトシフト」はライオネル・リッチーが抜けた後の

コモドアーズということになりますか、1985年のヒットで、

初期のバリバリ、ファンク・バンドのイメージはもうないですね。

この頃の流行り、ブラコン・サウンドということになりますか、

そして、この曲でグラミー賞も受賞してます。

映像は、何故かマチャアキと井上順を思い出してしまいましたけど…

まあ、そんな感じで、

コモドアーズ、「ナイトシフト」です。



The Commodores - Nightshift

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コモドアーズ

昨日、ライオネル・リッチーを久々に思い出したついでに、

このバンドも思い出してしまいました。

彼がソロとなる前に在籍していたコモドアーズです。

ライオネル・リッチーがソロとして爆発的に売れた後よりも

このコモドアーズの方が好きという人は私を含め多いと思います。

昨日アップしたライオネル・リッチーは80年代の匂いプンプンでしたが、

こちらは未だにカッコいいように個人的には思えます。

このバリバリのファンクチューン、やっぱイイっす!



The Commodores - Brick House

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。