カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「サンドパイパーズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

去りゆく夏に「Chotto Matte Kudasai」

日中は暑さも残りますが、吹く風が爽やかだったり、

朝夕は涼しく秋の気配が感じられるようになった

今日この頃、今週のブログ★ラヂオは、いくら過酷な

猛暑が去って良かったとは言え、やはり感じてしまう過ぎゆく

夏のもの悲さといった雰囲気の音楽でお送りしています。

本日はサンドパイパーズ(The Sandpipers)の

「ちょっと待ってください」、英タイトルもそのままで、

「Chotto Matte Kudasai」(副題は、Never Say Good-bye)

という曲をピックアップします。

まぁ、はっきり言ってしまうと、大いにウケ狙いの

選曲ではあるのですけどね~^^;、日本では、

セクシーアイドルグループとしては元祖といった感じの

「黄色いさくらんぼ」で有名なゴールデンハーフの

カバーで知られてたりする一曲です。(コチラで聴けます)

で、世界的に知られてるのが、今回取り上げる

サンドパイパーズのバージョンになると思われる分けですが、

これも実はカバー作品で、オリジナルは、ハワイの歌手で、

サム・カプー(Sam Kapu)になります。(コチラで聴けます)

今回ピックアップの「ちょっと待ってください」は、

1971年作のサンドパイパーズのアルバム「A Gift Of Song」に

収録されています。

サンドパイパーズは、前回のブレッドの引き続きにも

なりますが、アメリカのソフトロックのグループ。

A&Mレーベルに所属し、プロデューサーには、

トミー・リピューマ、アレンジャーとしてニック・デカロ

関わっています。(詳しくは、コチラのサイト様をご覧下さい)

なので、確かに、サウンド的にはかなり心地の良いものになって

ますが、いきなりの日本語、「Chotto Matte Kudasai」には

意表をつかれてしまうのではないでしょうか^^

さらには、貼らせて頂いているYouTubeに流れる映像は

「セカチュー」というね、なんとも言えないシュールさ加減が

凄いというか、でも、合ってるかなという感じも致します(笑)

ということで、サンドパイパーズの過ぎゆく夏といった一曲

(正確には、桜のシーズンの終わりの頃となるようですが・・・

雰囲気的にはやはり、夏の終わりでしょう^^)、

お聴きください、「ちょっと待ってください」です。



The Sandpipers - Chotto Matte Kudasai(Never Say Good-bye)

← アーティスト不明のiTunes独自バージョンです



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。