カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ルーサー・ヴァンドロス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シルキー&スムースなウキウキ気分の春ーさー

来週は寒さの寄り戻しがあるようなことテレビで言ってて

ちょっと残念な感じではありますが、今週は概ね暖かい日が

続き、ようやくと訪れた待望の春、気分はウキウキと盛り上がる

一週間となり、そんな「春の訪れ気分」に相応しい音楽を

チョイスしてお送りしてきた今週のブログ★ラヂオ、

本日お送りするのは、ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)、

1986年のヒット(全米R&Bチャート1位、総合チャート15位)で、

「ストップ・トゥ・ラヴ(Stop To Love)」です。

5作目となったアルバム「ギブ・ミー・ザ・リーズン

Give Me the Reason)」収録の一曲です。

主にバラードの曲の方が人気がるタイプの実力派シンガーって

感じですけどね、この曲のように明るくテンポのよいナンバーも

難なく歌いこなしますし、よくフィットしていて、唯一無二、

ルーサーのシルキーでスムースな歌声に酔いしれ、盛り上がる

春のウキウキ気分となれば幸いといったところです。

ミスター・ブラコンって感もありますが、当時隆盛だったR&Bの

一ジャンル、ブラコンの牽引役を担った、ルーサー・ヴァンドロス、

この「ストップ・トゥ・ラヴ」も、いかにもといったブラコン・サウンドで、

打ち込みによるシンセベースがビヨンビヨン言ってる分けですが、

共同でプロデュースを担当しているのが、ルーサーの盟友的存在の

マーカス・ミラー、本来であれば、マーカスお得意の妙技、

跳ねたノリのスラップベースであって欲しいなんて思うところなんです

けどね、ここでは、やはり当時流行の打ち込みによるシンセサウンドの

方が優先されたってことになりそうです。

で、そんなサウンドには、やはり懐かしさも感じてしまうものの、

ルーサーの歌声に関しては、先にも触れた通り唯一無二、

ワンアンドオンリーな歌声は、いつの時代でも輝き続けています。

(ルーサーについて詳しくはコチラのWikiを)

残念ながら既に故人となられてる分けですが、この時期、今回こうして

登場しているってことでもありますし、明日のお彼岸には祖先と共に

偲んでみるみたいな選曲にもなるかと思います。

ということで、良い連休、良い週末を♪、ルーサー・ヴァンドロスで、

「ストップ・トゥ・ラヴ」です。



Luther Vandross - Stop To Love

← ライヴバージョンになります。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

クリスマス、ゴスペルーサー

さて、昨日は選挙でしたけどね、結果は、

民主の大敗、自民の大勝、維新の躍進ってことになりました。

といった感じから、私の受けた雑感を記しておくと、

多くの国民のトレンドは、原発ゼロや、エコな社会と言うよりも、

経済最優先、強い日本、活気のある日本、

体育会系の社会とでも言いますか、そんな感じを

望んでいるということになりそうです。

まぁ、その結果についてどうこう言うつもりはないし、

結果は、結果として受け入れ、踏まえつつ、果たして、

これからの日本、どうなっていくのだろうと見守りつつですね、

取りあえずココは、相変わらずのマイペース、何だかんだと

言いながら、音楽を上げ連ねていくってことになる分けですが^^、

今年も、残すところあと2週間ですか、みたいなことに

なってるんですけど、大晦日を迎える前の一大イベントとして、

クリスマスなんてのも間近に控えてるということから、

今週のブログ★ラヂオは、やはりクリスマスな装い、

まぁ、これも毎年やってる企画ではありますが、今年は、

ちょっと趣向を凝らして、単純にクリスマス・ソングというよりも、

クリスマスな感じとでも言いますかね~、ゴスペルコーラスといった

アレンジの楽曲をピックアップして行ってみたいと思ってます。

ある意味、クリスマスといったお祭りでもあると思うんですけどね、

大人数のコーラスってのは、結構盛り上がりますし、さらには、

聖なる感じも醸し出してて、なかなか良いのではと思うところです。

本日の登場は、ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)、

まぁ、最近でもコチラで登場していて、そこでは、

クリスマス・アルバムを紹介してたりするんですけど、

でも、いい加減へそ曲がりな感じではありますが、そのアルバム

には収録されておらず、1994年発表のカバー集、「Songs

というアルバムに収録された一曲、「ラブ・ザ・ワン・ユーアー・ウィズ

(Love The One You're With)」をピックアップして参ります。

オリジナルはCSN&Y等の活躍で知られる、

スティーヴン・スティルスのヒット曲。他には、

アイズレー・ブラザーズのカバーでも知られる名曲になりますが、

とにかく、曲の要めはコーラス部分ってことで、ゴスペル風アレジ

にもかなり映える一曲でもあります。

タイトルを直訳すると、「あなたと共にいる(側にいる)人を

愛しなさい」って感じで、恋人が去って行ってしまい落ち込んでいる

友人を励ましている歌になるかと思うんですけど、深読みすると、

もっと深い意味もあるのかな?、まぁ、原詞対訳は、コチラ

サイト様で掲載されてます。

ということで、ルーサー・ヴァンドロス、残念ながらすでに

この世からは去られてますが、唯一無二のシルキーな歌声は、

これからも語りぐさになるでしょうし、後世にその名を残し続ける

であろう偉大なシンガーでありますが、まぁ、例によって、詳しくは、

コチラWikiをご覧下さいということにさせて頂いて、

お聴きください、「ラブ・ザ・ワン・ユーアー・ウィズ」です。



Luther Vandross - Love The One You're With



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

今回は・・・そうだ!ルーサーで行こう!

さてさて、こちらでは、かなり冷え込んできてますけど

今日から3連休ということになりますか、初日は、残念ながら

雨模様の寒い一日になってしまいましたけどね、今シーズンの

秋の行楽といった感じもいよいよラストの機会にもなるのかな

ということで、今週のブログ★ラヂオはそんな秋の行楽に

合いそうな、そして、思わずお出かけしたくなるような音楽、

ジャンル的にはジャズといったテイストを持つサウンドで

お送りしてきました。

本日は、前回に引き続きのスタンダード・ナンバーで、

マイ・フェイヴァリット・シングス(My Favorite Things)」の

ピックアップ、邦題は、「私のお気に入り」なんて言いますが、

そう、あのJR東海のコマーシャル、「そうだ!京都へ行こう!」

ってのに使われて有名な曲で、もちろん、その点で、今回の

テーマにもピッタリということになります^^

で、そのCMのフルバージョンはコチラのYouTubeで見れたり

するんですけどね、ココは、洋楽ブログということで、

さて、誰のバージョンにしようかなぁってことなんですけど、

元々は、ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の中の

一曲で、映画化もされヒットもした分けですが、そこで主演した、

ジュリー・アンドリュースのバージョンにしようか、さらには、

ジャズのスタンダードとして知られるきっかけとなった、

ジャズ・ファンなら誰もが知る名演、ジョン・コルトレーンの演奏に

しようかってことなんですけど、もちろん、コルトレーンの演奏は、

私もかなり好きだし、ジャズといったジャンルから選曲している

今回のテーマにも合うところなんですけど、秋の行楽ということでは、

ちょっと重いかな~、ってことで、他を当たってみると、

見つけたのが、ルーサー・ヴァンドロス(Luther Vandross)の

バージョンです。(すっかり、ジュリー・アンドリュースは、

何処かへ行ってますが、今回は話の流れで出てきただけで、

取り合えず忘れて下さい^^)

ルーサー・ヴァンドロスは、アメリカの歌手、ジャンル的にはR&Bに

カテゴライズされ、特に80年代のブラコン時代の大御所的な人に

なるんですけどね(詳しくはコチラWikiを)、

この「マイ・フェイヴァリット・シングス」には、かなりジャズ的な

アレジも施されていて、まぁ、良しということにさせて頂くことにし、

チョイスしてみることに致しました。とにかくカッコいいです^^

1995年、クリスマス用に発表されたアルバム「ラヴ・クリスマス

This Is Christmas)」に収録された一曲になります。

「マイ・フェイヴァリット・シングス」の原詞対訳はコチラ

サイト様で掲載されてますが、特にクリスマス・ソングってことでも

ないですけど、このアルバムには、まぁ、拡大解釈ってことで、

収録されてるんだと思いますけどね、クリスマスも近いですし、

このアルバム、購入されてみるのも宜しかろうと思います^^

・・・って、話がそれてしまってますが、秋の行楽、

「そうだ!京都へ行こう!」ってことになる、

ルーサー・ヴァンドロスで、

「マイ・フェイヴァリット・シングス」です。



Luther Vandross - My Favorite Things




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シルキー・ヴォイス

昨日、おとといとナイトなムードな癒し(ヒーリング)の曲、

NMHと名付けましたが、ボービー・コールドウェル、

エリック・カルメンと、まあ割とポップなところでつないできた分けですが、

今日は、もうっちょっとディープな夜で行ってみたいと思います。

ルーサー・ヴァンドロスで「スーパースター」です。

カーペンターズのヒットで有名ですが、彼の十八番の

ナンバーでもあります。

引っ張って、引っ張って歌い上げていきますが、

あまりねちっこくならないのは、シルキーでスムーズ、

伸びやかな彼ならではの声と歌唱法によるところだと思います。

納豆のように糸を引くけれども、それは絹の糸で

決してネバネバとはしてないというか(笑)

まさにワン・アンド・オンリーな歌手だったのではないでしょうか。

残念ながらお亡くなりになってますけどね。

ステージでは、女の人が後ろで踊ってたりしたのですね。

ピアノの上でポーズをとったりします。知りませんでした。

ルーサー・ヴァンドロスで「スーパースター」です。


Luther Vandross - Superstar (Live) 投稿者 Larolke

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Luther VanDross - Superstar

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ブラコン~ルーサー・ヴァンドロス

昨日登場した、コモドアーズ、ライオネル・リッチーといった

人達の音楽を私が好んで聴いていた時代というのは、

いわゆるブラック・コンテンポラリー(略してブラコン)と呼ばれる

ジャンルの音楽が隆盛を極めていた時でした。

ブラコンとゆうのは、要するにそれまでのソウルやファンクといったような

ブラック・ミュージックを都会的にオシャレな感じで

ソフィースケイトしたものです。

当時は何でもソフィースケイトするみたいな感じが流行で、

例えばロックからはソフト・アンド・メロー、A.O.R、ジャズからは、

クロス・オーヴァー、フュージョンなんて音楽が派生していました。

そんなブラコンの波に乗って、ライオネル・リッチーなども

大ヒットをかっ飛ばしていたわけです。

で、そのブラコンの第一人者と呼んでもいいのが、

このルーサー・ヴァンドロスです。

そして、今回アップするこの「ネヴァー・トゥー・マッチ」、

最初に聞いた時は軽い衝撃でした。

なんなんだ、この長いフレーズを猛スピードで一気に歌い切る感じはって。

考えてみれば、今のR&B、そしてロックなどでもよく聴かれる手法であったりするわけで、

皆これ聴いて影響受けたんだろうなって、勝手に分析してます。

ただ、このビデオに出てくる、でっかいラジカセ、ウォークマン(カセット・テープ式)、

ソバージュのお姉さん、は見事に80'sっすけどね。



Luther Vandross - Never Too Much

iTunes ダウンロード ♪ (ライヴ・ヴァージョンです)icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。