カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「プリファブ・スプラウト 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

美しくも切ない星の歌

この時期、私の住む地方では、寒く、風が強く、空気が乾燥する

特有の気候がデフォルトとなりますが、その分、空気の澄んだ夜空

には、沢山の星が綺麗に瞬いているということで、今週は、

「星」をテーマに音楽を選んで参りました。

にしても、寒い。これから、明日にかけてはかなりまとまった量の

雪が降るなんて予報も出ていて、どうやら、「星」などと悠長な

ことは言ってられない状況でもあるようです(笑)

でも、今週の企画は企画としてですね、最後に、もう一曲選んで

みたいと思いますが、プリファブ・スプラウト(Prefab Sprout)の

「We Let The Stars Go」、邦題は「星をきらめかせて」を

ピックアップします。

プリファブ・スプラウトの全盛時、1990年発表のアルバム

ヨルダン・ザ・カムバックJordan: The Comeback)」に

収録され、シングルとしても発売されていた一曲です。

美しいメロディとアレンジの、星と言えば連想する

ロマンス・テイスト。さらには、切ない風情が胸をキュンと

締め付ける、まさに「星」がテーマということでは、

打って付けの曲だと思います。

プリファブ・スプラウトはイギリスで結成されたバンド。

ヴォーカルとギターのパディ・マクアルーンが中心のグループで、

「ニュー・ウェイヴ以降に登場した最高のソングライターの一人」

とまで評されている分けですが、この曲を聴いてもらえれば、

並々ならぬポップ・センスと才覚の持ち主というのは、

十分にお分かり頂けることと思います。昨年アルバムを発表していて、

いまでも健在なバンドです。

(詳しくは、コチラのWikiを。ココでは、過去にやはりセンス溢れる

一曲「The King of Rock 'N' Roll」をコチラの記事で取り上げてます)

曲の内容は、若かかりし恋の思い出が歌われたもの、サビの部分が、

But I still hear her sing :

She sings :

Paddy joe, say paddy joe

Don't you remember me ?

How long ago one gorgeous night

We let the stars go

(いまでも彼女の歌が聞こえる、彼女は歌う

パディ・ジョー、私を覚えてないの?

遥か昔の素敵な夜に、私達は星をきらめかせたわね)

って感じでしょうか。

で、最後の方で、「Can't face this memory」、

((僕は)この記憶と向き合うことができない)と出てきたりして、

グっとくるってことになるかと思います。

因みに、パディ・マクアルーンはミドルネームがジョセフ

(Patrick Joseph McAloon)と言って、やたら耳につく

パディ・ジョーのフレーズは、本人のことと思われます。

(歌詞はコチラで掲載されてます。一部訳詞はコチラ

サイト様で掲載されてます)

ということで、今週は普段めったに雪の降らないところでも、

雪の週末となるようですが、どうぞ気を付けてお過ごし下さい、

良い週末を♪、プリファブ・スプラウトで、

「星をきらめかせて」です。



Prefab Sprout - We Let The Stars Go





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

夏のロックンロール王

梅雨が明け、夏になったと思ったら、いきなり猛暑の洗礼を

受けることになってますけどね~、最近の天候ってやつは、

加減というものをまったく知らない分けで、ウルトラマンで

言えば、出てきたとたんにスペシューム光線を発射してるような

もの、または、番組が始まったと思ったらいきなり印籠を出してる

水戸黄門のようなもので、情緒ってもんがありませんが。

とはいえ、今年の夏も始まったばかり、暑いばかりではなく、

何か楽しいイメージのある夏でもありますし、ここは一つ

テンションをアゲて向かえたいといった音楽のチョイスで

お送りしている、今週のブログ★ラヂオになります。

本日は、プリファブ・スプラウト(Prefab Sprout)の1988年の

ヒット、アルバム「ラングレー・パークからの挨拶状

From Langley Park to Memphis)」(詳しくはコチラ)に収録された

「キング・オブ・ロックンロール(The King of Rock 'N' Roll)」

をピックアップして参ります。

まぁ、これを聴いて誰しもがテンションが上がるとは思いづらいの

ですけど、PVは楽しい夏のイメージ、そして、何と言っても

タイトルが「キング・オブ・ロックンロール」ですからね、

そのくらいの気持ちで、たとえ猛暑の夏であっても乗り切っていく気概

っていうんですかね、テンションで行ってみようってことであります。

とは言いつつも、訳詞はコチラ(原詞はコチラ)のサイト様で掲載

されているんですが、これは例えて言うなら、J-POPの有名曲、

「完全無欠のロックンローラー」(コチラ)と、心情的に共通して

いるように思えるもので、かなり知的な表現になってはいますが、

自虐的に自らを「ロックンロール王」と言ってるものでもあります。

ただまぁ、今回は、自虐的であろうが何にせよ、そのくらいの

気持ちで、猛暑に臨んで行こうってことです。

プリファブ・スプラウトは、ヴォーカルのパディ・マクアルーンを

中心に結成されたイギリスのバンド。パディ・マクアルーンの

ソング・ライティングの素晴らしさで高く評価されるバンドに

なります。(詳しくは、コチラWikiをご覧下さい)

この「キング・オブ・ロックンロール」の一捻りしたようなメロも

やはり良くて、実は、これを聴いて私がテンションの上がるのは、

その辺の理由が大きかったりします。

紅一点の女性ヴォーカルは、ウェンディ・スミスと言います。

ということで、プリファブ・スプラウト、プールに飛び込みそうで

飛び込まない筋骨隆々の男性が気になったり、不思議なセンスのPV

でもありますが、「キング・オブ・ロックンロール」です。



Prefab Sprout - The King Of Rock 'N' Roll





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。