カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「キッス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

シンフォニック・キッス

昨日は、梅雨の晴れ間、それもスカっとした陽気で

過ごしやすい一日になりましたけど、今日は一転、

やはりこの時期らしい厚い雲に覆われムシムシと

うっとおしい天気に辟易となってます。

そんなところでの今週のブログ★ラヂオは、

このムシムシを吹き飛ばす音楽、さらには、一年の

半分が終わるということで、派手な打ち上げ花火をぶっ放しの、

後半戦に雪崩れ込むという思惑も込め、ハード/メタルな

サウンドでお送りして参りました。

本日は、キッス(Kiss)の登場で、曲は

「ブラック・ダイヤモンド(Black Diamond)」を

ピックアップしてみます。

このキッスも、前回のツェッペリン同様、過去記事を

見ると(コチラ下方)、以前の登場は2年前、やはり梅雨時

ということで、まったく進歩の見られないブログ★ラヂオ

にもなりますが(笑)、なので、今回は、少し変わった

キッスを見て頂こうということでですね、オーケストラと共演

しているという、まぁ、普通に考えたらありえない状況の

ライヴ映像を貼らせて頂いてます。

この共演、誰が思い付いたのか知りませんが、あまりにも

突飛、でも、それだけに見応えはあるので楽しんで

もらえることと思います。

2003年オーストラリア、メルボルンのテルストラ・ドームでの、

メルボルン・シンフォニー・オーケストラとの共演で行なわれた

一夜限りのライヴの模様になります。

「ブラック・ダイヤモンド」は、元々は、1974年に発表された

キッスのデビューアルバム

地獄からの使者~キッス・ファーストKiss)」に収録されて

いる一曲で、初期のころからのライヴでの盛り上げどころの曲と

なり、特に、ドラムが迫り上がり、火柱が上がるという演出が

見せ場になっていて、それは、今回貼らせて頂いている映像でも

見事に踏襲されてますし、ハードでありつつも、ドラマチックな

展開を見せる曲調が、意外や意外、オーケストラとの愛称も

バッチリだったりします。

(キッスいについて詳しくは、コチラWikiをご覧下さい)

まぁね~、前回のツェッペリン辺りは、実は、私達よりも前の

世代が見出したビッグネームといった印象の方が強いのでけど、

このキッス、もしくは、クイーン、エアロスミス、

チープ・トリック・・・etc、といったところが、我々世代の

ど真ん中、代表選手にもなる分けで、思わず遠い目にもなって

しまうってもんでもありますが・・・(笑)、お聴き下さい、

さらには良い週末を♪、

キッスで「ブラック・ダイヤモンド」です。



Kiss - Black Diamond





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハードなロックスピリットでスカッと

梅雨のジメジメをハードなサウンドでぶっ飛ばしてみよう

という今週のブログ★ラヂオ、本日の登場はキッスと相成ります。

前回は、様式美系のヘヴィメタでは元祖となるようなレインボー

でしたが、このキッス、一応はメタルなサウンドということに

なるようですが、どちらかと言うと、そのサウンドは、

ブルース系に軸をおく、ハードロックって感じになりますかね。

レインボーのような、演奏技術の高さを感じることもない分け

なんですけど、でも、ロックの原点とも言えて、また、今回の

テーマでもあるところの、とにかく、ぶっ飛ばす的なところでは、

十分リスナーの欲求に答えてくれるバンドであろうと思います。

今回貼らせていただいたた映像では、PAの調子が悪いらしく、

ギターソロなんて、ほとんど聴こえなかったりするんですけど、

そんなのはお構いなし、とにかく勢いで突っ走ってしまう演奏は、

お見事、これぞロックといったところです。

様式美ということで言えば、顔面にほどこされたメイクってことに

なりますが、日本の歌舞伎にヒントを得たとも言われていて、

まさに、ロックにおける一つの古典的様式ということに

なるかと思います^^

まぁ、勢い以外にあまり着目する点のないような演奏みたいに

書いてますが、ただ一点、コーラスはばっちり決まってます。

意外にもこの辺が上手であったことが、このバンドをポップにし、

皆に親しまれることになってるのかなぁと、今回聴いていて

思ったりもしました。

あと、そうですね、曲のメロディが良いのもこのバンドの

大きな売りになっています。

ということで、キッス、1977年に発表されたヒット・アルバム

Love Gun」からの表題曲で、「ラヴ・ガン」です。



Kiss - Love Gun

Love Gun - The Very Best of Kiss




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

猫怪人のバラード

幽愁のアコースティックサウンド」と題して、

今週はアコースティックなアレンジが光る音楽を特集するという

企てで、本日はキッス、「ハード・ラック・ウーマン」です。

昨日のエクストリームのつながりって分けでもないのですが、

ハードロック・バンドが演奏するアコースティック・サウンドといった

趣です。ドラムスのピーター・クリスがボーカルをとっていて、

しゃがれた声が泣かせる佳曲ですね。

ベースのジーン・シモンズやギター、ポール・スタンレーが

ボーカルをとる曲に比べれば、ほのぼのとした、微笑ましい感じになり、

毒々しいキッスに一服の清涼感を与える効果をもたらします。

他には、同様の趣向で「ベス」なんていうのもあります。

いかにも肉食的な前へ前へといった人達の中でこういった役回りの人は

結構、得なポジションなのかもしれません。ビートルズのリンゴ・スター

なんかもこんな感じかな…「イエロー・サブマリン♪」みたいな。

ロックン・ロール・オールナイト」や「デトロイト・ロック・シティ

というハードなナンバーを立て続けにヒットさせ全盛期をむかえていた頃の曲で、

最初に聴いた時は「アレ…?」ってなんだか拍子抜けしたのを憶えてます。

1976年のヒットということになりますか。

ピーター・クリス、メイキャップの様子から、パンダやタヌキと誤認されることが

多いようですが、正式には、猫怪人という設定で、両腕の鋭い爪が武器

ということになってるようです。因みに、ジーン・シモンズは、

地獄からやって来た悪魔、ポール・スタンレーは愛の戦士、リード・ギターの

エース・フレーリーはジェンダル星出身の宇宙人という設定です。

…とまあ、そんなところで、キッス、「ハードラック・ウーマン」です。



Kiss - Hard Luck Woman

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

単純明快、スカッと痛快ロックン・ロール

スカッと晴れた夏の青空の下、

アメリカのハイウェイを爽快に疾走中、

といったイメージの音楽でお送りしている、今週のブログ★ラヂオ、

本日は、キッスで「ロックン・ロール・オールナイト」です。

えっ、キッス!?、どこが爽快なんだ?

と、お思いになる方も多いとは思いますが、

それはあくまでも、そのヴィジュアル面から受ける印象ということで、

一般にヘヴィメタ・ヴィジュアル系の元祖的な存在として

受け止められているようですが、彼等の生み出すサウンドに

注目してみれば、それは、単純明快なロックンロール、

さすがに爽やかとは言わないまでも、今週のテーマに則して、

アメリカンテイストの痛快なロックそのものです。

しかしながら、本日アップの映像は、そのサウンドにこだわった、

音質重視のものというわけでもなく、さりとて、画質を重視、

というものでもない、単に面白映像ということで選んでしまいました。

アメリカの一大イベント、アメリカン・フット・ボールの

No.1を決するスーパー・ボールのハーフ・タイム・ショーで

行われたライブの模様だと思われますが…

なんだ、この火薬の量は…、爆発しまくりです。

引田天功ではないのですからね、大丈夫なのでしょうか、

この人達…いや、彼等は人間という設定ではないとしてもです…、

さすが、アメリカのショー・マン魂、人を楽しませるためなら

どこまでもやってしまう、といったところでしょうが、

はたして、この国に世界のリーダー・シップをまかせておいて

良いのだろうか?、という不安もよぎる映像でもあります…。

ということで、キッス、1975年の作で

「ロックン・ロール・オールナイト」です。



KISS - Rock and Roll All Night

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

X-JAPAN、YOSHIKI が選んだ「3枚」

X-JAPAN の YOSHIKI は過去こんなアルバムを聴き感銘を受けたそうです。



アライヴ!~地獄の狂獣/キッス



レッド・ツェッペリンIV



キラーズ/アイアン・メイデン

詳しくはコチラ。アルバムの詳細は画像をクリックしてみてください。

奇をてらわずストレートにメジャーどころを選んでいるところに好感がもてます。

もちろん私もキッスやレッド・ツェッペリンはリアルタイムで好きでした。



Kiss - Detroit Rock City

iTunes ダウンロード icon


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。