カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「シャリーン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

かげろうを追ったキリギリスの春

暑さ寒さも彼岸まで、なんて諺もありますが、

今日のお彼岸を境に、いよいよ本格的な春の到来、

スプリング・ハズ・カムということになりますか、

こちらでは、すでに十分過ぎるくらい、気温で言うと

25度を上回る暖かさになってます。

そんな過ごしやすい春の陽気に誘われての今週の

ブログ★ラヂオは、長閑な春、うららかな春といった感じの

音楽をピックアップしてお送りしています。

本日は、シャリーン(Charlene)の歌う

「I've Never Been to Me」、邦題は「愛はかげろうのように」

のチョイスです。

1982年の大ヒット曲、まぁ、多くの人が知るところの一曲に

なるとは思いますが、長閑な春に相応しい、癒しのメロが

心地良いということで選んでみました。

発表されたのは、ヒットする6年前、1976年で、実は70年代の曲に

なるんですけど、82年にフロリダ州タンパのラジオ局が取り上げた

ことで、大きなヒットに結びついたということになるようです。

(詳しくはコチラWikiでどうぞ)

アメリカの歌手、シャリーン(詳しくはコチラ)自身にとっても、

おそらくは、寝耳に水のような出来事だったのではと思われます。

曲の内容はというと、原詞対訳がコチラのサイト様で掲載

されてますが、自由奔放に生きてきた女性が、気付いてみれば、

今は一人ぼっちというのを後悔している、といった結構重たい内容、

例えて言うならば、「アリとキリギリス」のキリギリスさん状態、

「幻(かげろう)の愛を追い続けた、私のような生き方などする

もんじゃない。私は、本当の私を見つけることはなかった

(I've Never Been to Me)」と歌われてます。

でも、訳詞を読むと、「若い頃はやんちゃでね~」的な自慢話風な

ところも感じられなくはないです^^

こういう人、酒の席では結構いるような気もします(笑)

・・・と、春の長閑な感じとは、どんどん遠ざかる一方になってますが、

曲の方は、いたって軽やかに歌われ、清々しくもあるくらいで、

この辺が、洋楽って不思議と思うところです。日本語詞が付けられた

歌も椎名恵によるもの(コチラで聴けます)が有名で、こちらは、

いたって前向きな歌詞が付けられているのに、歌の方は重たく

聴こえたりするんですよね(笑)

ということで、お聴きください、シャリーンで、

「愛はかげろうのように」です。



Charlene - I've Never Been to Me





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。