カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジョン・メレンキャンプ&ミシェル・ンデゲオチェロ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

異色のデュオでロックンロール・ホワイトデー

明日の3月14日は、ホワイトデーということで、

今週のブログ★ラヂオは、ラヴラヴ男女デュオといった

音楽のピックアップで送りしています。

本日は、ジョン・メレンキャンプ(John Mellencamp)と

ミシェル・ンデゲオチェロ(Me'Shell Ndegeocello)という

かなり異色な取り合わせで、1994年に全米で3位となる大ヒット

になった「ワイルド・ナイト(Wild Night)」をチョイスして

参ります。

ラヴラヴ男女デュオと銘打った割には、想像されるバラード

とは違う、結構なロックンロールのナンバーなんですけどね~^^

まぁ、「ワイルドだぜ~」なんて流行り言葉もあったことだし、

今年のホワイトデーは、こんな感じでワイルドに攻めるのも

良いのではと思います(・・・よくわかりませんが(笑)、

因みに、原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されてます)

ヴァン・モリソンのカバーになりますけどね、1970年代

半ばから活躍する大御所シンガーソングライターで、

カントリーやフォークに基づいた、正統派アメリカンロック

といったサウンドを得意とする、いかにも

ジョン・メレンキャンプといった一曲です。

(ジョン・メレンキャンプについて詳しくはコチラWikiを

ご覧下さい)

アルバム「Dance Naked」に収録されています。

で、この曲調ということでは、かなり意外な

ミシェル・ンデゲオチェロなのですが、最近では、

ニーナ・シモンのカバー集を発表したりもしている、

独自の音楽を深く掘り下げ追究していくタイプのアーチスト、

アーティスティックな作品を作り続けている人で、

私的にも注目の人ではあるのですが、このポップな

ロックンロールを歌い演奏する姿というのは、結構

びっくりです^^、まぁ、デビューして間もない頃という

ことでもあり、やれることは、なんでもやってみようという

事だったのではと思います。

それにしても、このベースライン、基本的にはオリジナル

コチラで聴けます)を模範としているものとは言え、半端ない、

カッコ良過ぎです。

さらには、全般的にカッコいい演奏で、やはり、才人なんだろうなぁ

と思います。

(ミシェル・ンデゲオチェロは、ココでは、以前コチラ

登場しているので、ご覧頂ければと思います。詳しく

お知りになりたい方は、コチラのサイト様でどうぞ)

ということで、ジョン・メレンキャンプと

ミシェル・ンデゲオチェロで、「ワイルド・ナイト」です。



John Mellencamp, Me'Shell Ndegeocello - Wild Night





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。