カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ヤード・バーズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヤードバーズ~「トレイン・ケプト・ア・ローリン」

前回はAC/DC「ロックンロール・トレイン」ということでしたが、

今回はトレインつながりで「トレイン・ケプト・ア・ローリン」。

ヤードバーズの代表曲です。

トレイン(列車)というのは楽曲の題材に昔からよく使われます。

「昔から」、ということでここではロックの祖というか、

ブルース・ロックの祖であるヤードバーズということにいたしました。

ヤードバーズというのは、いわゆるロック界の三大ギタリスト、

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジを輩出した、

なんてことをよく言われ、

まあ、それだけと言えば、それだけだったりします。

あまりにも、その後の三大ギタリスト達の活躍ぶりが絶大で、

ロック界においては、

ヤードバーズにおける仕事とは比べものにならないくらい重要であり、

楽曲のクオリティーにおいても、

やはりヤードバーズというのはかすんでしまうからだと思われます。

そんな、ヤードバーズですが、今回アップするビデオは、

いわゆる三大ギタリストの内の二人、ジェッフ・ベックとジミー・ペイジが

共に在籍していた当時の映像です。

というか、映画「さらば青春の光」という

モッズと呼ばれる人達を題材にした青春映画の一コマです。

演技なのでしょうが、ジェフ・ベックが何か知らないけど切れて、ギターをぶち壊し、

それを見てジミー・ジミーペイジがニヤリとするシーンが妙に印象的でした。


訂正・・・これは、映画「さらば青春の光」のシーンではなく、

ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「欲望」からのものでした。

お詫び申し上げ、訂正させていただきますm(_ _)m(2011.6.12)


Jeff Beck and Jimmy Page(The Yardbirds) 1966


The Yardbirds - Train Kept A Rollin

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。