カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「リー・モーガン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

もの思う秋のトランペットの調べ

この記事を書いてる今は夜なんですけど、最近夜になると

めっきり冷え込んできます。昼間は暖かなのですが、というか、

昼間暖かなだけに、夜の寒さが一層身に滲みるのかもしれません。

で、まぁ、そんな秋の夜長、物思いに耽るみたいな感じに合う

音楽を、ジャズ・テイストなサウンドから選んでお送りしている

今週のブログ★ラヂオになります。

本日のピックアップは、リー・モーガン(Lee Morgan)の演奏で、

「アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)」です。

1957年3月24日にレコーディングの「リー・モーガン VOL.3

Volume 3)」収録の一曲です。

邦題には「クリフォードの思い出」とも付けられてますが、

1956年6月26日に交通事故で亡くなられた、名トランペッター、

クリフォード・ブラウンを偲んで作られた曲で、多くの人に親しまれる

スタンダード・ナンバーにもなってます。

リー・モーガンは、アメリカ出身の主にハード・バップの時代に

活躍したトランペッターで、ここでは、以前コチラで、

これも代表曲になるジャズ・ロックな一曲、「The Sidewinder」を

ピックアップしています。(詳しくはコチラWikiを)

1960年頃には、アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズにも

所属していて、今回貼らせて頂いているライヴ映像は、まさに

この時期のもの。リー・モーガンというよりも、

アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズの演奏という

ことにもなっていて、メンバーは、ドラムがアート・ブレイキー、

ピアノがボビー・ティモンズ、ベースにジミー・メリット、

そして、テナー・サックスがこの曲の作者でもある

ベニー・ゴルソンです。で、もちろんトランペットが、

リー・モーガンになります。なんか、映像が残されてること自体驚き

なんですけどね、音も、映像も鮮明だったりして、いやいや、感動的です。

貴重なものなんじゃないでしょうか。

でも、やっぱ、今回のお題でもある、物思いに耽る秋といった感じに

浸り、アルバムジャケットなど見つつ、音楽を聴きたい向きには、

コチラ←クリックで聴けるYouTubeのCD録音バージョンが、

オススメかと思います。いや、ホント、そんな感じで聴くのが

一番楽しめる聴き方なんじゃないかとも思わせられる、

凄くいい曲、さらには、美しい一曲です。

ということで、リー・モーガン

(アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズ)で、

「アイ・リメンバー・クリフォード」です。



Lee Morgan - I Remember Clifford






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

おめでた干支ジャズ

さて、今週は、新春事始めといった様相でお送りしてきた

ブログ★ラヂオになりますが、本日は、今年の干支「蛇」に

ちなんだ一曲で、「ザ・サイドワインダー(The Sidewinder )」

という曲をピックアップして参ります。

ヨコバイガラガラヘビの別名ってことになるニョロ(笑)

1963年にレコーディングされ、ブルーノートレーベルから発表

されたリー・モーガン(Lee Morgan)のリーダー作、

ザ・サイドワインダーThe Sidewinder)」のタイトル曲です。

本来4ビートであるジャズに8ビートのロックの要素を取り入れた、

ジャズ・ロックと呼ばれる曲として有名で、当時ブルーノートと

しては異例の全米25位のヒットをアルバムは記録し、シングルカット

もされたこのタイトル曲は81位という記録を残しています。

現在では、ジャズ・スタンダードの一曲になりますが、

かなりポップな曲調で、多くの人に親しまれ、カバーも多数

行われてます。

リー・モーガン(詳しくはコチラWikiを)は、この曲で、

あまりにも有名ということになりますが、別にジャズ・ロックを

専門にやっていたという分けではなく、バップの時代の

正統派ジャズ・トランペッター。

粋でカッコ良く洗練された吹きっ振りは、ジャズファンに

定評のあるところで、この曲に関してもその辺、大いに発揮

されています。さらには、他のプレイヤー達(Joe Henderson (ts)、

Barry Harris (p)、Bob Cranshaw (b)、Billy Higgins (ds))の

演奏も実にカッコ良く、10分を超える長い演奏になりますが、

最初から最後までノリノリで聴いて頂けることと思います。

ということで、リーモーガンのクインテットで、

「ザ・サイドワインダー」ですニョロ。



Lee Morgan - The Sidewinder






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。