カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ディープ・パープル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

紫の宇宙旅行

さて今週は、相変わらず続いている辟易とする寒さを

ハードで熱いサウンドで吹き飛ばし、もうじき訪れるであろう春を

心待ちにしたいということで、お送りして参りました。

まぁ、私がそういったハードロック的なサウンドを主に好んで

聴いてたのは、若かりし頃となり、オールドでクラシックな音楽を

連ねてしまっている分けなんですけどね、本日もやはり

そんなところ、と言うか、いよいよ真打ち登場ということで

行ってみたいと思います。ディープ・パープル(Deep Purple)で、

「スペース・トラッキン(Space Truckin')」のピックアップです。

ハードロック、ヘヴィメタルということでは、元祖的存在になり、

1968年に結成されたイギリスのバンド、ディープ・パープル

ってことになります。

(ディープ・パープルについて詳しくは、コチラWikiをどうぞ)

この「スペース・トラッキン」は、いわゆる彼等の全盛期と

言われる第2期の作品、「ハイウェイ・スター」や

スモーク・オン・ザ・ウォーター」(いずれも過去に取り上げ

ていてリンクが貼ってあります)と並ぶ代表作になります。

「スペース・トラッキン」とは、「宇宙との交流」といった

感じを意味するようなんですけどね(訳詞及び原詩は、

コチラのサイト様で掲載されてます)、今回貼らせて頂いた

YouTubeでは、10分を超える長い演奏になるんですけど、

3分過ぎ辺りからは、宇宙の旅に出てしまいます。

まぁ、そんな様子が、主にジョン・ロードのオルガン演奏で

表現されてるってことなんですが、体全体で表現する熱のこもった

演奏に思わず釘付けとなってしまうことと思います。

ただ、残念ながら昨年の7月に、ジョン・ロードは

お亡くなりになられてます。

で、このバンドのリーダー的存在で、花形スターでもある

ギターのリッチー・ブラックモアは、何をしているのかと言えば、

後半は、ギターを放り投げては壊すという盛り上げ役に

回ってるんですけどね、よく見ると、客席にギターが飛んで

いかないような投げ方に配慮が見られるのは良いです^^

あとは、ヴォーカルのイアン・ギランが、結構なイケメンと

思ったり・・・因みに、他のメンバーは、ドラムが、イアン・ペイスで、

ベースが、ロジャー・グローバーです。

これは1973年にアメリカで行われたライヴの模様になります。

「スペース・トラッキン」は、1972年発表のアルバムで、

第2期の傑作「マシン・ヘッドMachine Head)」に

収録されたのが初演となり、このYouTubeとほぼ同様の演奏は、

超名盤との誉れも高い「ライヴ・イン・ジャパン

Made In Japan)」に収録されています。

ということで、ディープ・パープルで、

「スペース・トラッキン」です。



Deep Purple - Space Truckin'





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

寒いけど「バーン!」と行きましょう

また今週も始まりました。月曜です。

毎週なにがしかのテーマに沿って音楽をお送りしている

ブログ★ラヂオということですが・・・それにしても、寒いです。

ここのところ大寒波が居座り続けて久しい分けですが、

最近の話題と言えば、もっぱら、伊達直人、祐ちゃん、そして、

大雪とこの寒さってことになると思います。

ってことで、この寒さを吹き飛ばすべく、

タイガーマスクにも、祐ちゃんにも負けない

「熱い、ホットな音楽」で、今週はお送りしていこうと思ってます。

で、本日の登場は、ディープ・パープル(以下パープル)。

曲は、「紫の炎(Burn)」ってことで、「バーン!」と

燃え上がっていただこうと思います。

パープルと言えば、老舗というか、元祖ハード・ロック・バンド、

ロック・クラシック王道って感じになる、イギリスのバンドです。

まぁ、こういったタイプのバンドは、血の気も多いという

ことになるんでしょう、内輪もめも絶えず繰り返されてる

と考えられますが、メンバーもコロコロと替わってしまいます。

メンバーが替わるごとに、第何期なんて言われ方をしますが、

一番の黄金期は、第二期というのが通説になってるんですけど、

この「紫の炎」は、第三期を代表する楽曲ということになります。

それでも、このバンドの顔と言って良い、ギターの

リッチー・ブラックモアは、まだ、在籍していますし、

第二期黄金期は、継続中といった感じにもなってます。

この時期、特徴的なのは、ヴォーカルを、

デヴィッド・カヴァーデルと、ベースのグレン・ヒューズが

担当しているということになります。

(パープルについて詳しくは、コチラでどうぞ)

取り上げさせてもらった映像もそんなパープルの依然好調第三期の

模様を見事にとらえたものになってます。

残念なのは、ソロの時、リッチーの手元が後方からしか映っていない

というのがありますが、この頃、そのテクニックというのは、

企業秘密ということだったのでしょう^^

でも、かなり納得のいく演奏が出来たというのは、

最後にリッチーの頷く様子をごらん頂いても、

お分かりになることと思います^^

ということで、1974年発表の同名のアルバムに収められた

タイトル曲、ディープ・パープルで、

「紫の炎」です。



Deep Purple - Burn

Burn - When We Rock, We Rock and When We Roll, We Roll

余談・・・この曲は、最近よく耳にするような気がしてましたが、

そうそう、キムタク、↓コレでした。







(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

湖上の煙

今週は「ギター・アイドル」ということで、私を含めおそらくは、

多くの人にとっても、ミーハー的に愛されているであろう

と思われるギタリスト達を上げ連ねているのですが、

見事にヤードバーズ出身3大ギタリストと称されるお歴々の

登場を果たした後の本日は、これも、やはり出たかって感じで

リッチー・ブラックモアの登場です。

東に、レッド・ツェッペリンあれば、西のディープ・パープルって

くらいのもんで、横綱級ハード・ロック・バンド、ディープ・パープルの

全盛時を牽引した初代ギタリストです。

後のハード・ロックといか、ヘヴィー・メタルなギタリスト達には

絶大な影響を与えた元祖的存在ということになりましょう。

ブルース・ギター的なフレーズが主体となりますが、

クラシックというか、スパニッシュのようなフレーズを

早弾きで織り交ぜてソロを構成していくのが得意な人です。

そう、まさに、現在でも受け継がれていて

人気のあるあのヘヴィーメタルなスタイルを

作り上げた人と言って良いでしょう。

海外というよりもここ日本で絶大な人気を誇り

多くのファンを獲得している人でもありますね。

なんつったって代表作は、1972年、武道館でのライヴを収録した

ライヴ・イン・ジャパン」ってことになりますし。

もちろん、ハード・ロックのバイブルってことで、海外でも

高い評価を得ているアルバム、まさに、武道館を世界的に

有名にした作品ってことになりましょう。

実のところ、音響的にはどうなのって感じの武道館を

どのロック・バンドでも「武道館でのコンサート」を目標に

掲げるようなライブの聖地にしてしまった作品

ということになるのではないでしょうか。

で、本日は、そこにも収められてる超人気曲で、

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」です。

ま、直訳すれば、あの人「王様」が歌っている通りの

「湖上の煙」ってことになりますか。

「火の粉がパチパチ」ってやつですけど、どうやら実話というか、見たまま

をそのまま歌にしてしまったもののようです。

ディープ・パープルの面々が鋭気をやしないながら、ゆっくりとレコーディング

を行なおうと宿泊していたスイス、レマン湖のほとりのホテルから見えた

光景ということらしいですが、フランク・ザッパがコンサートをしていた

会場が火事になってしまっている様子を歌にしています。

ということで、そんな内容の歌を激しいサウンドに乗せて

シャウトしながら歌うのはなぜ?というもっともな疑問は、

さておいて(それがハード・ロックというものです!)、

ディープ・パープルで、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」です。

(あれ、今回はリッチーが主役のはずなのに、ビデオでは

ギター・ソロあまり弾いてないじゃん…って不満もあるとは思いますが

…まあ、代表曲ってことで選んでしまいました、ご勘弁…)


映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Deep Purple - Smoke On The Water

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

古典なんだろうなァ、ディープ・パープル

昨日のレッド・ツェッペリン(正確にはレズ・ツエッペリン)に続きましては、

やはりディープ・パープルの登場ということになります。

東西の横綱って感じですかね。

ただ、このバンドのような、ある意味、力づくそしてテクニックで押し切っていくような音楽は、

例えば、スポーツのように新記録が次々と塗り替えられていくような感じで、

時代とともにそのパワーは増す一方という風になってしまい、

どうしても現代のへヴィメタと呼ばれる音楽とくらべてしまうと、

まあいい言葉で表現すれば、古典という感じになってしまいます。

でもです、古典にはアンティークとしての良さっていうんですか、

ちょっと苦しいですが、そんな良さってあると思いますよ。

このディープパープルには。

語弊を恐れずに言うならば、アットホームな安心感みたいな。昔なじみって言うんですか。

正直ナツメロといか。

勿論ロックと呼ばれる以上、たとえ時代がたったとしても

何がしかのきらめきやドクドクしさみたいなものを放っていなければならず、

そういうことはあってはならないことというのは、まあ重々承知なんですけど。



Deep Purple - Highway Star

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。