カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジャパン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハロウィンゴースト

トリック・オア・トリート!

ハッピー・ハロウィン!

・・・みたいなことになるんですかね、いまいち要領の

分からないハロウィンの日の更新になります。

まぁ、分からないなりに時節に乗ってみたということですが、

本日の一曲は、そんなハロウィンにちなんで

「ゴウスツ(Ghosts)」、ジャパン(Japan)の演奏を

ピックアップしてみたいと思います。

ハロウィンと言えば、主役はオバケってことなんですけど、

間違ってないですよね(笑)

で、ジャパンってバンド、かなり懐かしい分けですが

(因みにX JAPANとは全くの別もの)、その昔、1970年代後半の

デビュー当時、ここ日本では、相当の人気を博していました。

ってかその頃は、日本に限られた世界に先駆けての人気、

グループ名ももちろん手伝ったでしょうし、イケメン集団でも

ありますしね、アイドル的人気で盛り上がってました。

雑誌、ミュージック・ライフでも頻繁に取り上げられて

たんじゃなかったかな~・・・懐かし^^

で、そんなジャパンも1980年前後になると、いよいよ本領発揮、

独特のアーティスト性を表出していくようになり、

本国イギリスでも評価され、ヒットを放つようになります。

この「ゴウスツ」は、そんな彼等の1981年発表のアルバム

錻力(ブリキ)の太鼓Tin Drum)」に収録され、シングルと

しても、最高のヒット(全英4位)を記録した一曲です。

ゴーストと言っても(原詞・訳詞はコチラのサイト様で掲載

されてます)、実際のオバケとは、あまり関係なさそうです

けどね。リーダーで、ヴォーカルのデヴィッド・シルヴィアンの

憂鬱でアンニュイ、退廃的な感覚で貫かれた一曲ということに

なります。それがそのまま、このバンドのカラーということにも

なってます。(ジャパンについて詳しくは、コチラwikiでどうぞ)

にしても、このミニマムで前衛的なサウンドを1980年代の初頭に

やってのけ、ヒットを飛ばしていたっていうのは、凄いことだと

思います。今週のブログ★ラヂオのテーマにしている芸術的

サウンドということでもマッチした、非常にアートな一曲に

なると思います。

ということで、ジャパンで、「ゴウスツ」です。

トリック・オア・トリート!



Japan - Ghosts





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。