カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「マックスウェル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ネオ・メロウ大王の歌う梅雨でも快適グルーヴィ・ナンバー

今日も見事にこの時期に相応しい雨降りの一日になりましたが、

今週は、そんな梅雨の時期でも快適に過ごせるR&Bということで、

音楽をピックアップしてお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日は、マックスウェル(Maxwell)の登場、1996年発表の

デビュー・アルバム「アーバン・ハング・スィート

Maxwell's Urban Hang Suite)」収録の「Sumthin' Sumthin'

(サムシン・サムシン)」(邦題は何故か「ソウル・シティ・グルーヴ」)

をピックアップします。

前回同様90年代R&Bってことになるんですけど、とにかく、

90年代~2000年代初頭にかけ、今週のようなテーマで曲を

チョイスするには、宝庫の時代ってことになってまして、テーマに

合う曲が多過ぎで、逆に悩んだりする分けですが、前回の記事でも

ちょこっと触れてるマックスウェル、これも何かの縁ということで、

ピックアップさせて頂くことにしました。

前回触れた通り、ネオ・ソウルのブームに乗って出てきたアメリカの

シンガーです。(その辺の経緯は、コチラの過去記事でご覧頂くと

嬉しいです。コチラはWiki)

実にメロウな歌い手で、バラード系、スロージャムなナンバーを

得意としますが、この「Sumthin' Sumthin'」はその中では

グルーヴ感のある曲になるんですけど、そのメロウな歌声が、

すこぶる軽やか、心地良くフィットしていて、この梅雨の時期でも、

気分を穏やかに、気持ち良く高揚させてくれるってところです。

マックスウェルは、その歌い振りからも分かる通り、

マーヴィン・ゲイのフォロワーとなり、リスペクトするシンガーに

なるんですけど、この曲は、マーヴィンに楽曲提供している

ことでも有名で、シンガーでもある大御所、リオン・ウェアと

共同制作されてます。(コチラの過去記事で登場、リオン・ウェア版

「Sumthin' Sumthin'」ってのもYouTubeにはあって、「続きを読む」

以降に貼らせてもらってます)

で、メロウってことでは、リオン・ウェアは、代表格な存在で、

メロウ大王などとも呼ばれてる分けですが、さしずめマックスウェル

は、ネオ・メロウ大王ってことになるのかもです^^

そして、さらなる進化を遂げ、2009年にアルバムが発表されたのを

最後に新譜こそ発表さてないものの、現在もライヴ活動は行われていて

活躍を続けてます。

ということで、マックスウェルで、「Sumthin' Sumthin'」です。



Maxwell - Sumthin' Sumthin'






続きを読む
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コーヒーの香りのような・・・?

さて、今週は、すっかり秋の様相を増してきた天候を受けて、

ここらで、一息、過酷な夏を乗り切った体に潤いをみたいなことで、

ネオ・ソウルと呼ばれるジャンルから音楽を選んで行ってみよう

ということでお送りしています。

本日は、マックスウェル(Maxwell)の「Whenever Wherever Whatever

(邦題:永遠のふたり)」をピックアップです。

1996年発表のデビューアルバム、「アーバン・ハング・スィート

Maxwell's Urban Hang Suite)」に収録された一曲、

アコースティックなサウンドで、オーガニック感濃厚、

かなりまったりな一曲です。

ネオ・ソウルの走りといった作品になり、まだこの当時は、

バリバリのR&Bといった音楽が全盛の時代、このアルバムも、

発表の2年前には完成されていたと言われてますが、この

お蔵入りの期間を経て、シングル「アセッション」のヒットを

きっかけに、さらには、ディアンジェロ等と共に、ネオ・ソウルの

波に乗り、それでも、発表から1年をかけてゴールドディスクに

輝いたという作品になります。

(詳しくはコチラのサイト様をご覧ください)

マックスウェル、何やらインスタントコーヒーのような名前

ですけどね(今はマキシムやら、ブレンディと名前を変えてる

ようですが昔はそういうのがありました^^;)、お湯にさっと溶け

豊潤でリラックスな香りを放つ、そんなシンガーになるかと思います。

(ちっとも上手くないですが、笑)

ということで、マックス・ウェル、

「Whenever Wherever Whatever」です。



Maxwell - Whenever Wherever Whatever






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。