カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジル・スコット 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ラヴリーな秋晴れ、名曲カバー

さて、そんなこんなで、トラブルに見舞われつつも

お送りしてきた今週のブログ★ラヂオ、今週は、

清々しい秋晴れの日に合いそうな音楽のピックアップ

ということでやって参りました。

今日は、天気の方もまさにイメージ通り、やっとブログの

方も気持ち良く更新できる状況になったといったところでの

本日登場となるのはジル・スコット(Jill Scott)、曲は

「ラヴリー・デイ(Lovely Day)」のチョイスで行ってみます。

ビル・ウィザースがオリジナルで、良く知られる名曲の

カバーなんですけどね、もちろんレジェンドなシンガー、

ビル・ウィザースのヴァージョン(コチラで聴けます)を

ピックアップさせてもらっても全く問題はなかったのですけど、

何となく今の時代の空気感にはマッチしていると思える

ジル・スコットのカバーの方を選ばせてもらいました。

あと、YouTubeにPVがあったからというのも大きな理由に

なりますかね。やらしい話、子供または、動物が主人公の

映画はヒットすると言われますが、そんなズルイ感じにも

あやかりたいということでもあります(笑)

ジル・スコットは、ココでは以前コチラで登場していますが、

ネオ・ソウルのムーヴメントの時代に頭角を現したアメリカの

シンガーであり、ソングライター。グラミー賞の受賞経験も

あって、多くの人に受け入れられる親しみのあるキャラの持ち主で

人気、実力を兼ね備えた、今や大物感漂う存在になってます。

(詳しくは、コチラWikiをご覧ください)

この「ラヴリー・デイ」は、2011年発表のアルバム

ディス・イズ・ジ・オリジナル・ジル・スコット

Vol. 1-Original Jill Scott from the Vault)」に収録

されていて、その先行作品としてネットで公開されています。

因みにこのアルバムは、それまで所属していたレコード会社

「Hidden Beach」を去ることが決まった後リリースが発表

されたもので、「Hidden Beach」に残された未発表曲集という

性質のものになります。

といことで、まさに、秋晴れのラヴリーな日にはもってこいな

一曲になるかと思います(原詞はコチラ、訳詞はコチラ

サイト様で掲載されてます。「ラヴリー」とは、本来は

快いとか素敵なって感じの意味になりますかね)

ジルスコットで「ラヴリー・デイ」です。

ラヴリーな週末を♪



Jill Scott - Lovely Day






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

人の良さそうなキャラのネオ・ソウル

とうとう長かった残暑もようやく終わりとなった

ようで、今日はよく晴れた一日であったにもかかわらず、

秋の気配が一段と漂う清々しい一日になりました。

にしても、今年の夏のしぶとさというか、太平洋高気圧の

しぶとさには驚くべきものがありましたけどね。これから

しばらくは過ごしやすい日が続いてくれたらありがたいなぁ

といった感じです。

ということで、9月も残り1週間となった、今週の

ブログ★ラヂオになりますが、深まり行く秋の気配を受けて、

少しまったりとした感じ、ここらで、ちょいと一息みたいな

ことにもなりますか、90年代の後半から注目を集めた、

ネオ・ソウルもしくは、オーガニック・ソウルと呼ばれる

ジャンルから音楽を選んでいってみたいと思ってます。

生音が主体のサウンドって感じから、自然派志向、

オーガニックってことになるんだと思いますけどね、ヒップホップ

以降のR&Bと、それ以前のクラシックなソウルがいい感じで

融合されたような音楽で、さらには、まったり感のあるサウンド

を指してそう呼ばれてます。(詳しくはコチラWikiをどうぞ)

で、本日は、ジル・スコットの登場。

2000年に発表されたデビューアルバム「Who Is Jill Scott」に

収録された1曲で、「ア・ロング・ウォーク(A Long Walk)」の

ピックアップで行ってみます。

ジル・スコットはアメリカ出身の女性シンガーで、ソングライター、

さらには、女優業も営んだりもしています。

このデビュー以来順調にキャリアを重ね、グラミー賞も獲得していて

現在では、ちょっとした大物感も漂う歌手になります。

コチラWikiに詳しいです)

私は、彼女のCDはライヴ盤の「Experience: Jill Scott 826+」を

所有してるんですけど、コレがまた良くてですね、今でも聴くと

やっぱ素晴らしいと思います。何よりも、率いてるバンドの演奏力の

クォリティーの高さに感激してしまうんですけどね。もちろん、

それに負けない彼女の歌の上手さも当然のことながら素晴らしい

ってことになります。因みに、この「ア・ロング・ウォーク」も

このライヴ盤に収録されてます。

CDでは、あまり感じることもなかったのですが、貼らせていただいた

PVから見受けられる、彼女の人の良さそうな感じというのも、

この人が広く受け入れられている要因になってるようにも思いました。

そう先端を行くような、革新的な音楽に挑まなくても、

歌の上手さだけで、オーソドックスな安心感を与えるようなサウンドでも

やっていけるキャラの人のように思われます。

ということで、心地良しの一曲、ジル・スコットで、

「ア・ロング・ウォーク」です。



Jill Scott - A Long Walk


↓ は同曲の演奏で、今もまったく健在な様子のごくごく最近(今年9月)

のライヴ映像、今後もますます楽しみな人といった感じです。

http://www.youtube.com/watch?v=i_yU0lnPfRg




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。