カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジェフ・ベック 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

是非、羽生結弦に舞って欲しい、ロック・ギター・バラード名曲

今週は初夏の様相のブログ★ラヂオ、概ね爽やかだけれども、

ちょっと暑い(熱い)くらいの感じをギターがメインにフィーチャー

された音楽で表現してみようということで、お送りしています。

今日は一日雨でちょっと肌寒かったですけどね、夏に向かって

いくには、その前に梅雨の時期があるってのも思い起こす

一日でもありました。

ってことで、本日の一曲は、ロック・バラードのギター・インスト

では名曲となる「哀しみの恋人達(Cause We've Ended as Lovers)」

をピックアップします。もちろんレジェンドなロック・ギタリスト、

ジェフ・ベック(Jeff Beck)の演奏でお送りしますが、実は、この曲は、

以前コチラで取り上げてますけど、今回は、2004年に開催された

クロスロード・ギター・フェスティヴァルにおけるライヴの模様で、

このフェスティヴァルの主催者である、エリック・クラプトンと共演

しているYouTube映像が実に素晴らしい演奏ということで貼らせて

頂いてます。ジェフ・ベックとクラプトンというのは、二人とも(同時期

という分けではないですが)ヤードバーズに在籍経験のある旧知の仲。

同じ時代を共に歩んできたイギリス出身のギタリストということで、

なかなかいい感じのコラボが繰り広げられてます。

まぁ、この二人の感じからして、今回テーマの初夏の爽やかって

ことでは、ちょっと違うのかもしれませんが、ジェフ・ベックの切れ味

鋭いギタープレイには、ちょっとした爽やかさも感じてもらえるのでは

ってところです。もう、アームの使い方なんか神の域だと思いますし、

ボリュームノブでの音のコントロールとか素晴らしいです。

クラプトンはクラプトンで、結構美味しいところでソロをとっていて、

この演奏をガッツリ盛り上げている様子も楽しんでもらえることと

思います。もう一人のギタリストは、クラプトン・バンドの一員で

あり、ソロでも活躍するドイル・ブラムホール二世です。

この「哀しみの恋人達」は、スティーヴィー・ワンダーの書き下ろしで、

ジェフ・ベックのために送られた曲になるんですけどね、この曲を送る前に、

スティーヴィーのアルバムでベックが共演したお礼に、「迷信

(Superstition)」(コチラ)が送られてたんですけど、

ベックがリリースするより先にスティーヴィー側がこの「迷信」を

大ヒットさせてしまうなんてことをやらかしてしまい、さらに

そのお詫びとして書かれたのがこの「哀しみの恋人達」っていう

いわく付きでもあります。

1975年リリースの「ブロウ・バイ・ブロウBlow By Blow)」に


収録されてます。ジェフ・ベックがロイ・ブキャナン(コチラ)に

捧げた演奏でもあり、本来テレキャスターで演奏されるのが然るべき

なんでしょうけどね、コチラの過去記事は、テレキャスで演奏されてます。

フィギュア・スケートですっかり有名になった、ゲイリー・ムーアの

「パリの散歩道」(コチラ過去記事、正調フィル・ライノットとの

共演バージョン)、さらには、こちらもフィギュア・スケートで

使用している選手もいるサンタナの「哀愁のヨーロッパ」(コチラ)と

並んで、ロック三大ギター・バラード名曲と呼びたい分けですが、

次期シーズンでは、是非、羽生結弦にこの曲で舞って頂きたいと

思います。もう、クルクル、クルクルと4回転ジャンプをし、

着地もスィーっと決めている姿が目に浮かぶようです(笑)

ということで、ジェフ・ベック&エリック・クラプトンで、

「哀しみの恋人達」です。



Jeff Beck & Eric Clapton - Cause We've Ended as Lovers

← ライヴバージョンになります。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レス・ポール・トリビュート

さて、今週は、昔ながらのR&B、R&Rでお送りしよう

ということで、やっていく予定だったのですが、前回の

ゲイトマウス・ブラウンで、ほぼ分けの分からないことになって

しまって、ん~、次どうしよう、みたいな・・・

まぁ、ジャンルなんてのはですね、ほぼ目安というか、

カテゴライズすることで色々と語りやすくなったりするメリットは

あるものの、基本的には、ジャンルを飛び超えることで、

創造的かつ面白い音楽が生まれてくるというのは、歴史が証明している

ことなのでね・・・と、言い訳をかましたところで、本日の一曲に

参るわけですが、これもなんだろう、やはりR&R

(ロックンロール)といったジャンルには、カテゴライズされると

思うんですけど、分けの分からないところ、

「ハウ・ハイ・ザ・ムーン(How High the Moon)」という曲を

チョイスしてみます。

オリジナルは、1940年のブロードウェイのレヴューで、

発表されているそうなんですけど、ジャズのスタンダードナンバー

として知られてます(コチラを参照させて頂きました。

原詞、訳詞も掲載されているので、ご覧頂ければと思います)

これをR&R風アレンジでカバーし、1951年に見事全米No.1の

ヒットとしたのが、かのギタリスト、2009年に訃報が報じられた

記憶も新しいのですが、レス・ポール(Les Paul)ということになり、

当時は夫婦関係だったメリー・フォードによって歌われてます。

レス・ポールといえば、ギブソン社製のギター、その名も

レスポールの開発者にして、後に多くのフォロワーを生み、

ロックギターの原型といったスタイルを作り上げたギタリスト

ってことになりますかね(詳しくお知りになりたい方は

コチラをご覧下さい)

中でも、ジェフ・ベックが相当な影響を受けているというのは、

本人も公言してやまないですし、ファンの間ではよく知られている

ことと思います。

で、今回メインで、貼らせていただく映像は、大どんでん返し

とでも言いましょうか、ジェフ・ベックなんですけどね^^;

YouTubeにあった、これは、ほとんど、レス・ポールのコピーと

いった演奏になるんですけど、バックの人達の演奏も含め、

メチャメチャカッコいいのを見つけたので貼らせていただく

ことにしました。さすがは、ロックギタリストの草分けといった

ところでしょうか。(ジェフ・ベックについて詳しくは、コチラを)

因みにヴォーカルはイメルダ・メイという人が担当してます。

もちろん、ジェフ・ベックの弾いてるギターはレスポールです。

この映像は、レス・ポールへのトリビュートとして、2010年に

ジェフ・ベックが開催したコンサートの模様となり、

CDにもなっていて

ライヴ・アット・イリディウム~レスポール・トリビュート・ライヴ

Rock 'n' Roll Party (Honoring Les Paul))」

として発表されてます。

本家レス・ポールの映像(実はこちらも素晴らしいのですが)は、

下方に貼らせていただくこととしました。

ということで、老いても健在、今もなおキレキレな

ジェフ・ベックの演奏、お楽しみ下さい、

「ハウ・ハイ・ザ・ムーン」です。



Jeff Beck & Imelda May - How High the Moon



↓ レス・ポール&メリー・フォードです。



Les Paul & Mary Ford - How High the Moon





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

我が道を行くというか我が侭?

私のフェイバリットな「ギター・アイドル」達ということで、

一昨日は、エリック・クラプトン、昨日はジミー・ペイジと

俗に言うヤードバーズ出身三大ギタリストじゃね、こりゃ、

ってことでやってきたのですが、となれば、見え見えの本日の

登場はジェフ・ベックということになりましょう(笑)

でも、そしたら、ヤードバーズってどんだけ凄いバンドなんだって

感じですけど、この三人のロックシーンにおいて重要なギタリスト達を

輩出したという以外は、あまり目を引くところもない、

メンバー間の対立の激しいバンドってこところでしょうか。

基本的にはシングルヒットを狙っていたバンドなんだと思います。

そんな、バンドに嫌気のさした3人、このバンドでは自分の目指す

音楽は実現できないということで、バンドを去った3人のギタリストの

その後の活動がたまたま素晴らしく、となればヤードバーズも引き合い

に出さざろう得ないといったところなのではないでしょうか。

で、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジに誘われて、1965年、

ヤードバーズに参加しメジャー・デビューを果たします。

二人は旧知の仲だったようですね。

ヤードバーズを離れた後はソロとしてシングル、

「Hi Ho Silver Lining」をリリースしてヒットさせてます。

しかしながら、これも、かなりのポップ路線だったようで、

そんなの嫌だ、ということで、1968年、

(第一期)ジェッフ・ベック・グループを結成、2枚のアルバムを

発表するも解散させてしまいます、続いて第二期となる

ジェフ・ベック・グループを結成します。私、個人的には、

ロックでファンキーなこの時が一番好きなのですが、

これも2枚のアルバムを残して解散、続いて念願のスリー・ピース・バンド、

ベック・ボガート・アンド・アピスを結成しますが、

2枚のアルバムで終了、以降はソロとして、インストゥルメンタルな

ギターアルバムを発表しつつ現在にいたるのですが、

このように、アルバム2枚発表するごとに同じメンバーで

バンドを続けることが嫌になってしまうクセのある人のようです。

本能的、気持の赴くままに音楽活動を続けている人なのでしょう。

Wikipediaには結婚も6回してると書いてあります(笑)

クラプトンは「ヤツはギターと車のことしか考えてない」と言ってます。

「だから、あんなギターが弾けるんだ」とも、そして、

「オレは色々なことを考えすぎる…」とも言ってます。

とまあ、そんな自由奔放に思えるジェフ・ベック、

その性質通りの自由で、トリッキーな演奏は多くのギタリストの

憧れとなってます。けれども、どうなんでしょう、ロック系の

ギタリストでも最近はテクニック的には、どうしようもなく

凄く見える人達が普通に沢山いて、いくら、ベックが自由で

トリッキーだと言っても、同様のプレイを軽々とこなしてしまう

若い人達を見てしまうと、どうもかすんで見えてしまうのは

残念ながら否めないところです。

今回もYouTubeビデオをアップしようと思い色々見たのですけど、

確かに当時はスゲーって思ってましたが、

今となっては、ん~って感じになってしまうのですよね。

で、面白いの見つけました。長くやっている人だからこそといった映像です。

ロッド・スチュアートと共演している「ピープル・ゲット・レディー」です。

元々第一期のジェフ・ベック・グループでは一緒にやってた仲です。

その後は、ずっとたもとを分かってたのですが、

1985年発表のアルバム「フラッシュ」に収められたこの曲でコラボしてます。

オリジナルは、カーティス・メイフィールドによる

名曲ということになります。

映像では、ハプニング的にロッドが登場しているようですね。

ベックの驚く様子が見物です。

ということで、ジェフ・ベックとロッド・スチュアートで

「ピープル・ゲット・レディー」です。



Jeff Beck & Rod Stewart - People Get Ready




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

マイ ギター ヒーロー Part2

で、(昨日に引き続き)ジェフ・ベックなんですけど、

何でこの人が私にとってのギターヒーローなのかといえば、

単純にぶっちゃげ、ファンキーだからです。

テクニックがどうのこうのとかというよりも(上手いのには違いないと思いますが)

ファンキーだからです。

この人を通してファンキーないわゆる黒人音楽を知ったというか。

もちろんベックを知る以前にも黒人音楽の存在は知ってましたが、

一般のロックとはちょっと毛色の変わった、

この音楽で皆踊るんだろうな、別にオレ、ダンサーでもないしな~

ぐらいの認識でそんなに意識することもなかったです。

ただ、ジェフ・ベックが演奏することにより、

何だこのえらくカッチョエー音楽はと一変してしまったわけです。

要するに、いわゆる16ビートってやつを初めて体感させてもらったのが、

このジェフ・ベックというわけです。

ですので、ジェフ・ベックをもし知らなければ、

例えば、極端な話、デスティニー・チャイルドやビヨンセ

はたまた青山テルマを聴いても何も思わなかったでしょうし、

現在主流と思われるポップスにも何の反応を示すこともできなかったでしょう。

ただ、昔の音楽は良かったな~と言ってるだけの大人になっていたかもしれません。

そしてさらには、そういったポップス、ファンキーな黒人音楽だけにとどまらず、

ソウルやフュージョン、ジャズにいたるまで幅広く音楽に興味を持たせてもらったのも、

このジェフ・ベックを通してということに私の中ではなってます。

そういう意味でジェフ・ベックが私にとってのギター・ヒーローということになるのでした。

で、今回アップする映像なのですが、

ベックが真にファンキーだった頃の映像がなかなかみつからず、

なんとか見つけだしたのが、なにやらテレビでのセッション風なやや荒めの

映像及び演奏なのですが、ベックのファンキーさは十分にうかがえるのではと思います。



Jeff Beck - She's A Woman


ファンキーなベック作品集



「ラフ・アンド・レディ」


コレが一番カッコイイ!
いわゆる第2期ジェフ・ベック・グループによる1作目。
ファンキーなベック爆発です。



「ジェフ・ベック・グループ」


こちらも第2期ジェフ・ベック・グループの作品。
前作よりもブルースっぽい泥臭さが増し
シブカッコイイ作品となってます。



「ブロウ・バイ・ブロウ」


ソロになっての一作目。
全曲インストゥルメンタル。
シブ目に抑えられた感じの演奏にはなっていますが、
相変わらずファンキーで黒人音楽を十分に意識した作品になっていて
インスト作品の中ではこれが一番好きです。



「ワイアード」


こちらもインストな作品。
前3作はキーボードがマックス・ミドルトンという
渋目のとても素晴らしいキーボーディストだったのですが、
ここでは、ヤン・ハマーになっています。
その分派手に、ある意味ポップになってますが、
ファンキーなベックであることに変わりはないです。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

マイ ギター ヒーロー

ここのところネタにしているハードロックバンドには、

必ずといっていいほど、ギター・ヒーローがつきものです。

例えば、ガンズ・アンド・ローゼズにはスラッシュ、

ディープ・パープルにはリッチー・ブラックモア、レッド・ツェッペリンには

ジミー・ペイジ、ザ・フーにはピート・タウンゼント、

AC/DCにはアンガス・ヤングといった具合。

で、私にとってのギター・ヒーローといえば、

この人、ジェフ・ベック。

数あるギタリストの中でなんでこの人かといえば、

それはまあ、次回にでもということで、

今回はとりあえずこの珠玉のバラード(?)、『哀しみの恋人達』をどうぞ。


Jeff Beck_Cause We have ended as lovers 投稿者 wadzaloo2

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Jeff Beck - Cause We've Ended As Lovers




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。