カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「スティーヴィー・ワンダー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ウキウキの大御所

いかにも春らしい、このところのポカポカ陽気に誘われ、

今週は、ウキウキな音楽のピックアップでお送りしています。

本日は、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の

「ファン・デイ(Fun Day)」で行ってみます。

まぁ、いくらウキウキとは言ってもですね、あまりに落ち着きの

ない、とっちらかった感じになってしまうのも何なので、

スティーヴィーの大御所感のあるところの大人なウキウキと

いった様子で、本日は行ってみたいと思います。

とは言っても、タイトルからして「Fun Day」なので、楽しい

一曲には違いないのですが、そこはスティーヴィー、ジャズの

テイストもある凝ったメロディラインに深みを感じたりする曲です。

原詞及び訳詞はコチラに掲載されていますが、「今日は

楽しい日、君と僕のための日、空は晴れ晴れ、小鳥も歌う」

っていう、もう何の疑う余地もないウキウキ、ハートウォームな

一曲になります。

1991年発表の、これは、スパイク・リー監督によって撮られた

映画「ジャングル・フィーバー」のサウンドトラックとなり、

同名のスティーヴィーのアルバム「ジャングル・フィーヴァー

Jungle Fever)」の一曲目に収録されています。

(映画とアルバムについて詳しくはコチラのWikiを)

スティーヴィー・ワンダーの全盛期は、やはり、1970年代前半から

76年くらい、アルバムで言うと「トーキング・ブック」、

インナーヴィジョンズ」、「ファースト・フィナーレ」、

キー・オブ・ライフ」といった一連の作品になると思うんですけど、

ピークを過ぎたとは言え、80年代も凄く人気がありましたし、

クォリティ自体はどれも高い作品をその後も発表し続けている分け

ですが、中でもこの「ジャングル・フィーバー」は、どれも粒ぞろい

の曲が収録されてますし、私的に、ピーク後に発表された作品の

中では、いぶし銀の光を放つ好きなアルバムだったりします。

発表された時代的には、ニュージャックスウィングの全盛時、

この「ファン・デイ」には、そんな弾むビート感が反映されてます。

貼らせて頂いたYouTubeは、音質重視のものなんですけどね、

コチラ←クリックでそのPVも見れますが、レジャーを楽しむ

スティーヴィーといった様相で楽しさを醸し出し、パラセールに

まで挑戦していて凄いですけど、車の運転はさすがに

どうなんでしょう?、ひょっとして、佐村河内?(爆)

最後の「Stevie see ya(スティーヴィー見えてる)」のオチは

笑えます。

(スティーヴィー・ワンダーについて詳しくはコチラを)

ということで、スティーヴィー・ワンダーで、

「ファン・デイ」です。



Stevie Wonder - Fun Day

(最近のスティーヴィーってどうなの?、と思いYouTubeを検索して

みましたが、前回登場のファレル・ウィリアムスと今年の

グラミー賞授賞式のステージで、共演してたりしていて相変わらず

元気です。さらには、ダフト・パンクやナイル・ロジャースも一緒で

豪華なんですけど、「おしゃれフリーク」や「アナザー・スター」も

飛び出す、シックやスティーヴィーのファンにとってはたまらない

映像は、コチラでどうぞ)






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ちょっとハズい有名曲で初夏ラスト

さて、先日梅雨入りしたかと思えば、今日は、まるで、

梅雨が上がったのような真夏を感じさせる一日になりました。

もう、夏もすぐそこと予感させていた分けですが、

そんな最中、今週のブログ★ラヂオは、快適な初夏5月に聴く

ソウル・R&B編といった、今となっては、非常に的外れなテーマで

音楽を選んで参りました(笑)

まぁ、今日で5月も終わりということでですね、もう一日

そんな的外れにお付き合い願えればと思うところですが、

今年の春から初夏の音楽、ラストを飾るのは、

スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)で、「心の愛

(I Just Called to Say I Love You)」です。

1984年の発表、映画「ウーマン・イン・レッド」に使用された

一曲で、ふんわりとソフトであり、しなやかな感じが、

まさに春から初夏の雰囲気を漂わせる曲になりますが、これはもう、

言わずと知れた大ヒット曲、あえてこうして取り上げるのも、

何だか気恥ずかしく思えてくるんですけどね。例えば、ビートルズで

言えば、「イエスタデイ」や「レット・イット・ビー」をあえて

取りあげるようなもので、もう十分知っているので、ココで聴く

必要もないと思われてしまうとそれまでなんですけど(笑)、

まぁ、今年の春を締めくくる大御所の名曲ということで、

聴いて頂ければと思います。

ただ、この曲がいくら名曲とは言ってもですね、この曲を聴いた

だけで、スティーヴィーは凄いと熱くなってしまうのは、ちょっと違う

気がする分けで、例えば、「イエスタデイ」や

「レット・イット・ビー」は凄い、なので、ビートルズは凄い

っていうのは違うと思うのと一緒で、決して全てを出し切ったような

本質的な曲という分けではないのだけど、あまりにも有名なので

この曲だけで全てのイメージを形造られてしまうという危険があり、

誤解を生じやすい一曲になるようにも思います。

まぁ、ファン心理からすると、名曲であり凄いことは、分かるけれども、

あえて聴くには、やはり気恥ずかしさがあるくらいの温度感が

ちょうどいいような一曲です。ビートルズファンが、あえて

「イエスタデイ」を聴くと変な感じがするのと一緒というか。

貼らせて頂いたPVは、受話器を片手に歌ってますけどね、

これは、もちろん、タイトル直訳ですが、「ただ愛してると

言いたかったから電話した」ってことの表現になります。

原詞はコチラ、和訳はコチラのサイト様で掲載されてます。

ということで、私的には、何が好きってエンディングのチャチャチャ

ってのが、特にお気に入りだったりするのですが(笑)、

スティーヴィー・ワンダーで、「心の愛」です。

(因みに、コチラWikiに詳しいですが、元々この曲は、

日本のブレッド&バターに提供されていて、松任谷由実が詞を付け、

細野晴臣による編曲で「特別な気持ちで」というタイトルで発売される

予定でした。が、発売寸前にスティーヴィー側からの要求で、

取り止めになったといういわく付きの経緯があったりします。

5年後にブレッド&バターの発売も認められていて、そのバージョンは、

コチラで聴けます。

スティーヴィー・ワンダーについて詳しくは、コチラのWikiを)



Stevie Wonder - I Just Called To Say I Love You






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

冬の夜空の運命のリボン

ふと気が付けば月も変わり、2月も最初の週末を

向かえることになるんですね。

「鬼は外、福は内」って、節分にもなりますか。

いったい豆をいくつ食べたらよいのか、食べてるうちに

分からなくなってしまうくらい沢山食べなければならない

という悲しい事態にもなってますが^^;・・・、時の進行の速さを

感じずにはいられないってことにもなってます。

ってことで、今週のブログ★ラヂオは、いよいよ節分を

向かえてこれからは徐々に暖かくなっていくんだろうとも

思われますが、何しろ今が一年で一番の寒さのピーク、

とにかく寒いのですけど、こちらの地方では、ふと夜空を

見上げると空気が澄んでいて、沢山の星々が綺麗に輝いている、

そんな季節にもなり、冬の夜空&星といったものを

思い浮かべるロマンチックな音楽を、って感じで綴ってきました。

で、今年、このテーマの最後を飾る一曲は、

スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の

「リボン・イン・ザ・スカイ(Ribbon In The Sky)」で

行ってみます。

やはり名曲、スティーヴィー凄い!、それではお聴き下さい、

で終わらせても十分なくらいの良い曲ではありますが・・・

取りあえずは、ちょっと説明も加えさせて頂くことにしたいと思います。

これは1982年発表のベストアルバム「ミュージックエイリアム

Original Musiquarium I)」に新曲として収録された一曲。

ファンだとアルバムで揃えてたりで、ベスト盤には手を出さなかったり、

そして、スティーヴィーは他にもベストは沢山発売されて

いてるのですが、でも、他のベストには、この曲は収録されて

なかったり、なんてこともあり、ひょっとしたら、それほどには

知られてない曲になるのかもしれません。

にしても良い曲。日本だと「運命の赤い糸」なんて言いますが、

それと同じ例えで、スティーヴィーは空に浮かぶリボンを思い浮かべて

いるって歌詞になるようです(コチラのサイト様を参照させて頂き

ました。原詞、訳詞も掲載されてます)

で、その空は、曲調からして、私はロマンチックな夜空を想像する

って感じで、今回の選曲となりました。

スティーヴィー・ワンダーは、アメリカのミュージシャン、

歌手で作曲家、音楽プロデューサー、楽器も何でもこなすという

言わずと知れた天才ってことになりますが、まぁ、詳しくは

コチラWikiをご覧頂ければと思います。ココでも他に

10曲ほど色々とチョイスさせて頂いてるのでコチラ←クリックで

その素晴らしい作品群を聴いていただけると嬉しいなぁ、

などとも思います。

ということで、スティーヴィー・ワンダーで、

「リボン・イン・ザ・スカイ」です。



Stevie Wonder - Ribbon In The Sky





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

傑作アルバムからの過ぎゆく夏

今年の夏もいよいよ終盤、猛暑という感覚は、

すっかり忘れ去られた感じになってますけどね。

それにしても、毎日はっきりしない天気、雨なんだか

曇りなんだか、でもちょっと晴れたりみたいな、

総じて、蒸し暑いという日が続いてます。

まぁ、鬱陶しい感じの残暑になってる分けですが、

そんな文句もいいつつも、やはり夏が終わっていくのは寂しい

ものです。で、今週のブログ★ラヂオは、このような残暑にも

心地良く響くソウル、R&Bっていう感じでやってきていて、

本日は、「サマー・ソフト(Summer Soft)」っていう曲の

アップです。スティーヴィー・ワンダーの1976年発表の

大傑作アルバム「キー・オブ・ライフ (Songs in the Key of Life)」

に収録された一曲になります。

ホント、すんごいアルバムで、聴く度に凄いんですけどね、

それが、30数年間、まったく変わらない感覚で、いつの時代でも

何のてらいもなく凄いというのは、ちょっと他にない感じです。

・・・と、ひたすら「凄い」を連発してしまう分けなんですけど(笑)、

ポピュラー・ミュージックって、こと音に関しては、流行りすたりが、

激しくて、どうしても新旧を感じてしまうものなんですけど、

このアルバムには、何故かそれがないんですよね。

天才スティーヴィーの才能が爆発して普遍になったってことに

しておこうと思います^^

で、この「サマー・ソフト」は、そこに収録された曲の中では、

脇役的な位置づけの佳曲って感じではあるんですけど、

それでも、この出来ってことですからね、やっぱ凄いんです^^

今週のブログ★ラヂオのテーマ的には「サ~マーズ ゴ~~ン♪」

って歌われている辺りがピッタリのように思うんですけど、

「夏と共に彼女も行ってしまった」という歌詞で実際には、

10月に夏の出来事を振り返っているという内容になります。

で、YouTubeより貼らせて頂いた映像なんですけど、

スティーヴィーじゃなくて、インディア・アリーのライヴの様子です。

残念なんですけど、この曲のスティーヴィーのライヴや映像というのは、

ありませんでした。音源は下の方に貼らせてもらうことにします。

インディア・アリーは、近年注目のシンガーになるんですけど、

アコースティックなサウンドのR&Bといったスタイルが、まさに、

現代の癒しといった様相で、多くの人の指示を受けている分けですが、

ここでも、そのオーガニックな歌いっぷりが、なかなかいい感じで、

素晴らしく、アップさせて頂くことにしました。

そして、注目すべきは、アレンジも音の感じも、ほぼスティーヴィーの

オリジナルのままに演奏されてるんですけど、まったく現代の音

として響いている辺り、やはり「キー・オブ・ライフ」凄いと

なるかと思います。

・・・とまとまった感じもあるので、インディア・アリーの歌で、

「サマー・ソフト」です。

因みにスティーヴィーも観客として見ていて、最後の握手で

登場してます^^



India Arie - Summer Soft



Stevie Wonder - Summer Soft

Summer Soft - Songs in the Key of Life




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

スティーヴィーSUN

まだまだ、春らしい陽気が続くという感じにはならず、

暖かかったり、寒かったりしていて、今日もなかなか

寒い一日だったのですけど、今週は、待ち遠しい

穏やかでうららかな春の太陽をイメージするような音楽、

「おだやかSUN」「うららかSUN」ということで、

やってきた分けですが、本日は何のヒネリもないタイトル通りの

「スティーヴィーSUN(さん)」ということで^^、

スティーヴィー・ワンダーの「You Are The Sunshine Of My Life 」

邦題が、「サンシャイン」でお送りしたいと思います。

1972年発表のスティーヴィーがプロデュースを含め、

全ての面でアルバムに関わるようになった最初の作品

「トーキング・ブック」に収録されていて、それまでの

歌手としての評価に加え、作曲能力の素晴らしさも

世に知らしめた、記念すべき一曲ということになります。

全米チャートで1位になっているし、

もちろん、スティヴィーの代表曲です。

このアルバム「トーキング・ブック」がスティーヴィー黄金時代の

幕開けになり、後に発表された「インナーヴィジョンズ

ファースト・フィナーレ」「キー・オブ・ライフ

くらいまでが、とてつもない才能をマックスで発揮していた

時代ということになるかと思います。

で、この「You Are The Sunshine Of My Life 」、

穏やかで暖かなメロディーが、春の柔らかな陽光をイメージ

させてくれる分けですが、実際は、もっと強い光を放つ太陽という

感じで、「君は僕の命を照らす太陽」ってことなのかもしれません。

(原詞、訳詞はコチラでどうぞ)

まぁ、いずれにしろ心洗われるラヴ・ソング、春の穏やかな日の

幸せな気分にもよくマッチする曲ということでいかがでしょう。

スティーヴィー・ワンダーで

「You Are The Sunshine Of My Life 」です。


PS. 今日はこちらでも、恐ろしいほどの揺れを感じる地震が

あったのですが、付け足しのようで、非常に申し訳ないのですけど、

被害に遭われた方、お見舞い申し上げます。




Stevie Wonder - You Are The Sunshine Of My Life


この曲は、どうもライヴでは、皆が知っているということが前提

のようで、オリジナルよりは、かなり崩した感じで、上の映像のように

歌われるみたいで、初めて聴く人にはちょっと分かりずらい感じに

なってるようにも思います。なので、↓にオリジナルもUPして

おきます。間違いなく良い曲なのでぜひ!^^




You Are the Sunshine of My Life (Single Version With Horns) - The Definitive Collection




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。