カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ウォー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

宇宙を貫くラテン・ファンク

前回の記事では、暖かな一日だったみたいなこと書いてますが、

あれから一変、めったに降らない雪が降ったりして、いきなり

極寒の真冬へと逆戻り、今年一番の寒さになってます。

ただ、「星」をテーマにお送りしている今週のブログ★ラヂオ的には、

そんな気候を想定しての企画、昨日は、雪が降った後は、強力な風が

吹き始め、空は晴れ渡ったものの空気は乾燥し澄み渡り、こちらの

地方特有の冬の気候となって、夜には沢山の星が瞬いてました。

ということで、本日の星をテーマの一曲は、ウォー(War)の

「ギャラクシー(Galaxy)」をピックアップします。

星を題材にした曲とはいえ、前回からちっともロマンチックには、

ならないですけど、今回もラテン調ディスコといったテイスト、

ウォーならではの一曲ってところなんですが、まぁ、この時期、

星は綺麗に瞬いていたとしても、寒くてとてもじゃないですが、

優雅にロマンチックな雰囲気で眺めてるなんて分けにはいかず、

ダンス・ミュージックといったグルーヴで寒さを忘れさせる感じも、

それはそれでありなのではといったところです。それでも、まぁ、

次回はそれなりに、ロマンチックに締めくくってみたいとは

思ってますが。

ウォーは、ラテンやファンクを基調としたアメリカのバンド。

他にも実に多種多様な要素の音楽を織り交ぜたスタイルで、この

バンドならではの特異な音世界を作り上げることに成功してます。

元祖ミクスチャーとも呼べそうで、私はこのバンド好きです

けどね~。

元々は、アニマルズのヴォーカル、エリック・バードンが、

アメリカに渡った後、そのバック・バンドとして1969年に結成され、

翌年にレコードデビュー。エリック・バードンが抜けた後も活動を続け、

すぐれた作品を世に送り出し、現在に至るまで、特に、ヒスパニック系

ラテン・ポップといったシーンでは、数々のアーティストに影響を

与えています。(詳しくは、コチラをご覧ください)

今回ピックアップの「ギャラクシー」は、1977年作の同名アルバム、

ギャラクシーGalaxy)」のタイトル曲。オリジナルメンバーで

録音された最後のアルバムとなってます。

さすがに、当時大流行していたディスコブームに便乗したかな、

って曲調ですが、彼等ならではのサウンドやグルーヴは健在で、

やはりこれも素晴らしい一曲です。

ということで、「ギャラクシー」とは、銀河系とか星雲といった

星の大集団みたいなイメージになるようですが、ウォーで、

「ギャラクシー」です。



彼等の本領、アルバム収録の長尺バージョンは、

コチラ←クリックで。

War - Galaxy



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

穏やかに盛り上がる平和なウォー

さて、今週はお盆休みという夏の休暇を前に、雰囲気を

盛り上げるべくトロピカルなイメージのサウンドをということで

やってきましたが、本日はウォー(War)の

「オール・デイ・ミュージック(All Day Music)」を

ピックアップして参ります。

ウォーは、1970年代に活躍したアメリカのバンド、ラテンビートを

基調としたファンクバンドとなりますが、その独特なノリの

リズムとサウンドは、ワン・アンド・オンリーな存在として

今も語り継がれる、っていうか、今でも十分通用するクォリティが

素晴らしいってことになります。

「オール・デイ・ミュージック」は、1971年に発表の同名アルバム

タイトル曲になりますが、今回は1974年に発表されている

War Live」での演奏がなかなかの感動ものということで、

そこからのYouTubeを貼らせて頂きました。

単調なパターンを繰り返しながらも知らぬ間に盛り上がっていく

という、これがもうまさにウォーの真骨頂、心地良く穏やかな

サウンドとリズムに浸りつつもテンションが上がっていくっていう、

他ではちょっとない感じ、強引な言い方をすると、ピンク・フロイドを

ファンク版としたような(メチャクチャですけど、笑)、そんな感じが

して参ります。

なので、ピンク・フロイド同様この「オール・デイ・ミュージック」も

10分という長い演奏になりますが、心地良くも気持ちを揺さぶれつつ

最後まであきることなく聴いて頂けるのではと思います。

休暇前の週末なので、まぁ良いでしょってことでもあります^^

あと、ハーモニカ、ソロでも人気のある、リー・オスカーがこのバンドの

一員ってことになりますが、やはりいい感じで吹いてます。

(ウォーについて詳しくはコチラのサイト様をどうぞ)

ということで、ウォーの演奏、「オール・デイ・ミュージック」です。

良いお盆休みを ♪



War - All Day Music



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。