カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ミッシー・エリオット 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

これからみんなでチキチキ変態ビート

さて、ジメジメの梅雨の時期ということで、

今週のブログ★ラヂオがお送りする音楽は、爽やかなサウンド、

さらには、それを通り越し無機質ってくらいのサウンドを

チョイスしていこうって感じで始めてます。

前回のスティーヴ・ウィンウッドは、まだ爽やかな感じも

ありましたけどね、今回は、サウンド的には、これでもかって

くらい贅肉の削ぎ落とされた無機質なもの、でも、肉感的グルーヴは、

しっかりと保たれているといったところの音楽、

ミッシー・エリオット(Missy Elliott)の「ゲッチュア・フリーク・オン

(Get Ur Freak On)」をチェキラ!ってことで行ってみます(笑)

ミッシー・エリオットは、女性ラッパーの第一人者として知られる

人で、シンガー、ソングライター、プロデューサー、リミキサーと

マルチな才能を発揮する人でもあります。普通に歌っても凄く上手い人

なんですけどね、やはりラッパーといった感じがカッコいいです。

多数の人と共演していて、裏方ってところでの活躍も広範囲に及びます。

(詳しくは、コチラWikiでどうぞ)

で、この「ゲッチュア・フリーク・オン」は、2001年発表のアルバム

ミスE...ソー・アディクティヴMiss E. So Addictive)」に

収録の一曲、シングルとしてもヒットし、なんと言っても

いきなりのっけからの日本語、

「これからみんなでメチャクチャ踊って騒ごう騒ごう」が

話題を呼び、日本でも注目されることになってます。

彼女とは盟友のヒップホップの有名プロデューサーで

サウンドクリエーターのティンバランドとの共作、一聴して分かる

その独特のサウンドは「チキチキ系変態ビート」とも

呼ばれるようです(笑)

世に出た当初は、かなり奇抜な印象でもあったんですけどね~、

今聴くとポップ(?)なようにも思えるし、すこぶるオシャレといった

感じもしてきて、発表当初の輝きはそのままに、時代が進むと共に

親しみが増してくるというのは、真に先進的であった証にも

なるかと思います。

ということで、ミッシー・エリオット、

「ゲッチュア・フリーク・オン」です。



Missy Elliott - Get Ur Freak On





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。