カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ルーファス・トーマス 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ショーパン赤ずくめの男エンターティナー

今週は、遅ればせながらではありますが、端午の節句に

ちなんで、男達の音楽、題してメンズ・サウンドということで

お送りしている分けですが、となれば、私的には、アメリカ南部の

サウンド、田舎風でアーシーな泥臭い感じがやはり思い浮かぶ

って感じで、本日は、メンフィス辺りのサウンドとして知られる

スタックス・レコードから輩出された、ルーファス・トーマス

(Rufus Thomas)の「ウォーキン・ザ・ドッグ(Walking the Dog)」

をピックアップです。

1959年から60年の初頭といった頃のヒットで、後に

オーティス・レディングやサム&デイヴといったスターも生み出す

ことになるスタックス初期の礎を築いたヒットになります。

もうまさに、メンフィス・サウンドといった感じ、そして、

そのサウンドを作っていたバックのバンドは、ブッカー・T&ザ・MG's

ってことになりますが、貼らせて頂いた映像は、ほぼ、その

ブッカー・T&ザ・MG'sが映画ブルース・ブラザーズを期に1988年に

復活したもので、ここでは、ブルース・ブラーザーズ・バンド

と名乗ってます。まぁ、キーボードでリーダーの

ブッカー・T・ジョーンズ、ギターのスティーヴ・クロッパー辺りは

有名なので名前だけでも挙げておきます(詳しくはコチラ、過去記事はコチラ)。

ルーファス・トーマスって人は、いかにもなミュージシャンと

いうよりは、色物系ってことにもなりますかね、この曲では犬ですけど、

他には、ニワトリとかといった動物もの真似みたいな、

アメリカの江戸家猫八って感じもあったりするんですけど、

ただ、この人が頭角を現してきた頃というのは、まだ黒人差別も

強く行われてた時期で、そこで、エンターティナーとして黒人が

のし上がっていくための方法として、ルイ・アームストロングなども

そうですが、そのようなおどけた芸人として取り入っていく手段も

とらざるを得ないということでもあった分けです。

そして、そういったところを生き抜いてきた人だからこそ、

映像では、単なる赤ずくめのショートパンツのオッサンってだけではない

カッコ良さといったものも醸し出しているように思います。

男なんじゃないでしょうか。

(ルーファス・トーマスについて詳しくはコチラ、さらに詳しくは

コチラのサイト様でどうぞ)

ってことで、ストーンズ辺りのカバーでも有名曲ってことになり

ますが、ルーファス・トーマスで「ウォーキン・ザ・ドッグ」です。



Blues Brothers Band & Rufus Thomas - Walking the dog






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。