カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「サラ・ブライトマン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

卒業からの新ジャンルへの挑戦

今週は、時節である「卒業」をテーマに音楽をチョイスして

お送りしていますが、ここでちょっと、大人になってからの

卒業なんてことを考えてみるんですけどね、

私的には悪しき習慣からの脱却ってことで、卒業という

言葉を使いたいと思う分けです。

・・・悪しき習慣、色々ありますね~、まぁ、ここで自らあえて

それを暴露するなんてことはしない分けですが(笑)、

まぁね、悪しき習慣もいろいろと、心地良かったり

するものなんですけど・・・^^

ってことで、本日の一曲は、そんなところで、悔い改めよ的な

卒業にも、もってこいな音楽でお送りしてみたいと思います。

サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)で、

「タイム・トゥ・セイ・グッバイ(Time To Say Goodbye)」です。

聖なる感じが実に心を洗ってくれるのではと思います。

サラ・ブライトマンは、イギリスの歌手で、クラシックと

ポップスを融合させたようなスタイル、

クラシカル・クロスオーバーと呼ばれるジャンルの立役者的

存在になります。まぁ、私は、普段このようなジャンルの音楽を

ほとんど耳にすることのない門外漢ってことでもありますし、

詳しくはコチラWikiをご覧下さい。

そして、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」は、1996年の大ヒット

ナンバー、彼女の代表曲ということにもなります。

貼らせて頂いた映像は、サラ・ブライトマンのソロになってますけど、

元々は、イタリアのテノール歌手、アンドレア・ボチェッリとの

デュエットとして発表されてます。さらには、オリジナルも

アンドレア・ボチェッリの曲、というか持ち歌になります。

(詳しくはコチラでどうぞ。原詞、訳詞はコチラのサイト様で

掲載されてます)

ということで、ココでは滅多にない、聖なるジャンルのピックアップ

という感じにはなりますが、でも、下半身シースルーの衣装

気になりますねぇ、みたいな・・・ま、その辺が、悪しき習慣

ってことにもなる分けですが(笑)、悔い改めたいと思います、

サラ・ブライトマンで、「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」です。



Sarah Brightman - Time To Say Goodbye





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。