カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「アデル 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

片思いでしんみり晩秋

今週はストレートに、しんみりとした晩秋といった雰囲気の

音楽でお送りしているブログ★ラヂオになります。

本日は、アデル(Adele)の「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ

(Make You Feel My Love)」をピックアップします。

もう、今年のグラミー賞を総ナメにしてしまった歌手ということで、

多くの人に知られていアデルってことなんですけどね、

まぁ、詳しくは、コチラWikiや、ココでも前回取り上げた記事の

コチラを見て頂ければと思います。

で、今回の「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」は、

2008年、彼女が19歳の時に発表したデビューアルバム、その名も

19」に収録された1曲、ボブ・ディランのカバーになります。

他にも、ビリー・ジョエル(コチラ)、ブライアン・フェリー

コチラ←カッコいい^^)等、数多くの人がカバーしていて、

これはもう名曲ということになるようです。

ボブ・ディランのオリジナルは、1997年リリースの

Time Out of Mind」に収録されており、YouTubeでは、

コチラで聴けますが、何故かライブ・バージョンのものしかなくて、

これは、「シングス・ハヴ・チェンジド」のシングルCDに

収録されているものになるようです。

(この曲に関しては、英語なんですけど、コチラWikiをご覧

頂ければと思います)

貼らせて頂いたアデルのPVは、深夜4時のマンションで一人、

携帯を見つめてもメールの返事は無く、自分の方へと振り向いて

くれない相手を思い「私の愛を気づかせるため」って歌っている

かなり悲痛な片思いの状況となっていて(原詞対訳はコチラ

サイト様で掲載されてます)、これぞアデルっていう情感豊な歌に

泣けるものになります。

ただ、最近のアデルは結婚(正式には発表されてないようですが)、

出産なんてことも経験していて、ハッピーな状況にあるようで、

今後こういったアデルならではの不幸な表現ができるのかというのを

大きなお世話ですが、不安視する声もあるようです。

まぁ、ひたすらハッピーなアデルというのもそれはそれで、

聴いてみたい気もしたりしますが^^

それにしても、ディランの曲というのは、ちゃんとした人が歌うと

非常にメロディアスなものになるもので、本来メロディーメーカー

としても優れた人になるんだろうなぁと思います。まぁ、本人の

独特な節回しの味わい深い歌もそれはそれで素晴らしいのですが。

ということで、アデルで、「メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ」です。



Adele - Make You Feel My Love






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

超人気雛

いやいや、今日はまさかの雪。

それも近年では珍しく、10cmを軽く越えるという結構な

量の積もりようでした。昼間にはやんで、気温も上がり

暖かさも感じるような回復傾向も見せ始めましたけどね、

こりゃしばらくの間溶けるまで、まぁ、この感じだと

凍ることはないと思うんですけど、ぬかるんだりで、

靴やズボンを汚して過ごすことになりそうです。

ってことで、そんな最中のブログ★ラヂオの更新に

なりますが、今週は、もうじきに訪れる「ひな祭り」

ということで、女性アーティストの方々に登場していただき、

お祝い申し上げようという感じでやってます。

本日は、やはり女性アーティストってことになれば、最近は

この方をどうしても外す分けにはいかないってことで、

アデル(Adele)の登場です。

記録ずくめ、脅威のアルバムセールス、今年のグラミー賞も

総なめにしていましたが、まさに2011年は、アデルの年で

ありました。

で、まずはグラミーの最優秀レコード賞にも輝いたこの曲、

2011年発表のアルバム「21」に収録された、

「Rolling In The Deep」をお聴き頂きたいと思います。



Adele - Rolling In The Deep




いやいや、カッコいいですよね。そして、上手い。

でも、これだけだと、何故にこれほど売れたのか分からない

というのが私の印象としてあります。一部の音楽好き、

ブルース・ロックファンってんですか、そんなところで、

話題になるのなら分かりますけどね~・・・。その昔、

フリートウッド・マックが地味な音楽性でありながらも

突然、爆発的に売れてしまった、なんて状況も思い出したり

もしました。

でも、今回はその謎を解くべく、私が、ひょっとして

こういうことか、とちょっと納得した映像をもう一本

貼らせていただこうと思います。

これは、コチラのサイト様の、先日お亡くなりになられた

エタ・ジェイムズの追悼記事でお見かけしたものなんですけどね、

そこでは、現代の歌手アデルにさえも影響を与えた

エタ・ジェイムズという文脈で、その偉大さを語られていました。

もちろん、それには何の異論もないのですけど、今回はアデルの

歌そのものにスポットを当ててみたいと思う分けです。

エタ・ジェイムズのカバーで「Fool That I Am」を歌ってます。

何て言うんでしょう、超上手いとしか言いようがないの

ですが。これで、二十歳そこそこですからね、脅威です。

これは、本物だと思います。

私の感覚では、ジャニス・ジョプリンを越えてると思えます。

ジャニスについては、以前にコチラで書きましたが、

確かに女性ロック・シンガーとしては超一流な分けですが、

本物のソウルというかブルース・シンガーと呼ぶには、

いま一つって感じのまま、この世を去らてしまったように

私は思ってます。でも、このアデルは、そこんところを越えて

しまってるんじゃないかと思わされる分けです。

あと、容姿はちょっとイケてる感じとは違うけれども、

歌はめちゃめちゃ上手いという、やはり音楽で人を感動させる

のに容姿は関係ないってところで、何とかアギレラとか、

ケイティー何とかが全盛の時代、そのアンチテーゼとして、

多くの人に称賛され勇気を与えるような、例えば、

スーザン・ボイルの流れに乗った部分もあるんじゃないの?、

なんてことも思ったりしました。

ってことでですね、本日は2曲目となる、アデルで、

「Fool That I Am」です。



Adele - Fool That I Am

そして、本家、やはり素晴らしいエタ・ジェイムズの

「Fool That I Am」は、コチラでどうぞ。

← エタ・ジェイムズの「Fool That I Am」



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。