カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「グリーン・デイ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

春への疾走

やっと待望の春も間近となるんでしょうか。

今日は暖かさを感じる一日になりました。

ここ最近は、ダメ押し的に、それも強力に寒かった

分けですけど、ようやく長かった冬もこれで終わりを告げる

ことになるんですかね。

ということで、ちょっと春めいた感じに誘われて、

今週のブログ★ラヂオは、もう寒いのはいいので、

疾走感のあるロックなサウンドでもって、

一気に寒さをやり過ごし、春をお迎えしよう、

ってな感じで行ってみたいと思います。

で、本日の登場は、グリーン・デイ(Green Day)、

曲は、「アメリカン・イディオット(American Idiot)」です。

2004年に発表された、同名のアルバムの表題曲になりますが、

これは反戦をテーマにしたコンセプトアルバムになりますかね、

現時点では、グリーン・デイの最高傑作になると思われ、

翌年のグラミー賞のロック部門で最優秀賞も獲得しています。

コチラWikiに詳しいです)

グリーン・デイはアメリカのパンクバンド。パンクと言っても

メロディアスな要素も多分にあり、結構ポップだったりも

する分けですが、それでも、パンクの持つ攻撃性、

反骨精神みたいなのも十分に兼ね備えたバンドとなり、

現代を代表する、これぞまさにロックバンドってことに

なると思います。(グリーン・デイについて詳しくはコチラを)

今回貼り付けさせていただいたPVでは、

アメリカの国旗が溶けて流れ出すみたいな

ある意味大変なことになってますけどね、日本で日の丸を

バックにこんなことしたら、それこそ大変なお叱りを

受けるってもんなんでしょうね~、きっと。

でも、これでグラミー賞取ったりとかですからね、不思議な国

というか、さすがはロック先進国になるかと思います。

まぁ、逆に言えば日本は平和というか、本来あるべき姿の

ロックバンドっていうのは本当は必要ないのかもしれない

と思ったりします。日本のロックバンドというのは、

ほとんどが人生応援歌メインって感じですしね、あれはやはり

日本(固有)のロックバンドになると思われます。

まぁ、それが良いとか悪いとか、そういうことではないですけど

(平和なのはもちろん良いことですし、人生応援歌に勇気づけ

られる人だって沢山いる分けですし)、ただ、少なくとも

サウンドの真実味、必然性ということで言えば(表現したい事に

対してサウンドもしっかりと意味のあるものになってるってこと

なんですが)、私は、圧倒的に「洋」なものの方に分が

あるように思っていて、面白いと思ってしまう分けです。

ということで、今回は何やら語ってしまいましたが(照れ笑、

グリーン・デイで「アメリカン・イディオット」です。


↑ 音量注意、そして、映像が切れ切れになってしまう方、
コチラ←クリックでどうぞ

Green Day - American Idiot






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。