カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「クインシー・ジョーンズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

年の瀬の諸行無常

さてさて、いよいよ2012年もファイナルへ向けて

まっしぐら状態、もういくつ寝ると、お坊さんが二人で

和尚がツー、と思わず押し迫ったギャグも口走りたくなる

昨今ではありますが、大晦日までの残り数回となった

ココ、ブログ★ラヂオの更新は、年末気分が盛り上がるような

音楽のチョイスでお送りしています。

本日は、「エヴリシング・マスト・チェンジ

(Everything Must Change)」という曲をピックアップします。

原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されていますが、

「なにもかもが変わっていってしまう、いつまでも同じ状態では

ありえない」っていう曲で、過ぎゆく時を思わず惜しんでしまう

年末の諸行無常といった感じには、もってこいな一曲になるかと

思います。

1974年発表のクインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)のアルバム

Body Heat」に収録されたのが初演となる曲で、そこでは、

この曲の作者自身であるベナード・アイナー(Benarad Ighner)に

よって歌われてる分けですが、以後は、ランディ・クロフォード、

ニーナ・シモン、バーブラ・ストライサンド等々、壮そうたる

歌手によってカバーされ歌い継がれる名曲になります。

(この曲については、コチラのサイト様で詳しく書かれてるので

ご覧頂ければと思います。クインシー・ジョーンズについて詳しくは、

コチラのWikiをどうぞ)

貼らせていただいてる映像では、シンプリー・レッド

ミック・ハックネルとチャカ・カーンのデュオで歌われていますが、

もちろん二人とも私のフェイヴァリットな歌手でもあり、見事な

歌いっ振り、さらには、素晴らしい演奏のライヴ映像になります。

ということで、クインシー・ジョーンズ、ミック・ハックネル&

チャカ・カーンで、「エヴリシング・マスト・チェンジ」です。



Quincy Jones, Mick Hucknall, Chaka Khan -

Everything Must Change





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ドタバタ感も楽し、年末祭り

いよいよ、今年の終わりまで秒読みな感じに

なりますかねぇ~。身の回りの今年中に片づけてしまわないと

いけない事はもうお済みでしょうか?、まぁ、私も含め

まだこれからという人がほとんどではないかと思いますが(笑)、

気ばかりがあせってしまうといった時期になりますかね。

残念ながら、私は、また今年も何の計画性もなく、

やるとなったら一気に片づけるというパターンが

決定しています^^

そんな慌ただしい最中のブログ★ラヂオの更新、

今週は、年末ムードを盛り上げる音楽、考えてみると

良く分からないお題ではありますが^^、まぁ、そんなところで

音楽をチョイスして、お送りしています。

本日はですね、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)の

「愛のコリーダ」です。

クインシーの曲の中では、かなり有名というか一番有名なの

かもしれませんが、 いわゆるベタ、またはクサイみたいな

そんな感じもするところであったりもするんですけど、

クインシー関連のオール・スター・キャストって感じで、

年忘れといったシチュエーションには合いそうな、お祭り的な

ライヴ演奏を見つけたので、貼らせていただき、楽しみつつも

年末気分を堪能していたでければ幸いと思います。

これは、クインシーの75歳の誕生日をお祝いした映像になります。

長い間、シーンに君臨し続け、ボスっぷりを発揮してきた

クインシーの誕生祝いに駆けつけたミュージシャン達が

はしゃいでる図ってことにもなり、演奏も結構グズグズだったり

するんですけどね、まともに演奏すると前述したようにベタと

いった感じもしないでもない曲が、逆に、実に楽しそうなものに

思えて、これはこれで良いのだってことにしたいと思います^^

ん~、このドタバタ感は、やはり押し迫った年の瀬の感じを

よく表しているんじゃないでしょうか(笑)

因みに、バンドの演奏を指揮してるのは、クインシーじゃない

です(客席で見てるんだと思われます)。クインシーが

指揮をしないと、こういうことになる的な演奏ってこと

なのかもしれません(笑)

(クインシー・ジョーンズについて詳しくは、コチラをどうぞ)

「愛のコリーダ」は、1981年発表の傑作アルバム「The Dude

(邦題は「愛のコリーダ」)に収録された一曲で、他にココでは

過去に紹介した名曲「One Hundred Ways」や、

「Just Once」も収録されています(コチラでどうぞ)

ということで、クインシー・ジョーンズ、

「愛のコリーダ」です。



Quincy Jones - Ai No Corrida





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。