カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「リターン・トゥ・フォーエヴァー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アートなテクニカル・ロマンス

今週はブログ★ラヂオの秋の文化祭と称して、

いや、称してはいませんでしたが^^、まぁ、そんな感じで、

芸術を感じる音楽ということで、ピックアップして参りました。

本日は、リターン・トゥ・フォーエヴァー(Return to Forever)

の登場で、取りあえずは、この文化祭もお開きということに

したいと思います。

リターン・トゥ・フォーエヴァーは、キーボードのチック・コリアと

ベースのスタンリー・クラークが中心となって結成された、

主に1970年代が主要な活躍時期となるアメリカの

ジャズ・フュージョングループになります。

Wikiによれば、おそらくはメンバー同士でスケジュールが合えば

ということなんでしょう、今でも折りをみて活動は続けてるようで、

ほとんどライフ・ワークのようになってる感じがします。

(詳しくはコチラを見て下さい)

私的には、これはジャズといっていい、「ア~、ア~、ウウウ~♪」

っていう怪しい歌から始まる、グループ名を冠したデビューアルバムは

よく聴いていて印象深い作品にもなってるんですけど、



本日取り上げてみるのは、その後のフュージョン、さらにはロック寄りに

大きく梶を切った作品の中の、1976年に発表されたヒットアルバム、

浪漫の騎士Romantic Warrior)」に収録された表題曲、

「浪漫の騎士(The Romantic Warrior)」です。

前回は現実的とも表した、キング・クリムゾンであった分けですが、

今回は「浪漫」ということで、存分に現実逃避していただこう

という趣向になってます(笑)

とにかく、YouTubeで見つけたライヴ映像の演奏の様子が凄まじくて、

思わず貼り付けさせて頂くことにしてしまいました^^

またもや、今回も長尺の演奏になってしまうんですけどね、芸術に親しむには

このくらいの時間の労は惜しんではいけないってことです(みたいな、

申し訳ない^^)、6分30秒過ぎくらいからですか、ピアノソロが始まるん

ですけど、そこからラストまで、疾走し、たたみ込んでくる

怒濤の演奏は、まさに驚異的と言ってもいいもので、

今回も充分に聴き応えのある演奏になってると思います。

どのメンバーも、芸達者、異常に楽器が上手いんですけど、前述の

チック・コリア、スタンリー・クラークの他は、ギターが、

アル・ディ・メオラ(以前ココでは、コチラ、スーパー・ギター・トリオ

で登場しています)、ドラムがレニー・ホワイトといった布陣です。

と、まぁ、そんなところで、お聴きください

リターン・トゥ・フォーエヴァーで「浪漫の騎士」です。



Return to Forever - The Romantic Warrior

← 「Returns」収録のライヴバージョンになります。




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。