カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ボブ・マーリー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

強力な暑さにリデンプション(救い)の歌

いきなりですけど、暑い最中、今回は時節柄、最近の

「グローバル化」という言葉を基に、恥ずかしながら大上段に

構えた感じではありますが、「平和」について考えてみたいと

思います。

私的には、グローバル化とは、混ざり合い、溶け合い、

共有(シェア)することだと思ってますが~、

弊害もあります、それまでの国固有の文化が薄れたり、純潔が守れ

なかったり、外国人犯罪が増えたりってことあるでしょうね~。

グローバル化を恐れ、純潔を守ろうとし、自国の利益ばかりを

考えていたら民族紛争にもなりかねないというのもあります。

でも、ネットがこれだけ普及してしまった時代、グローバル化の

流れは止められないように思います。

そして、昔ながらの悲惨な出来事を繰り返さず、良いにしろ

悪いにしろ、今の閉塞感を打破して、人類が新しいステージに

到達するには、グローバル化っていうのは、キーになる言葉

なんじゃないでしょうか。

まぁ、まずは、同じ人間として、民族人種を問わず、お互いを

尊重し、困ってる部分では、助け合える関係を築けるかどうか

ってところに掛かってるように思いますけどね。昔から言われて

いる、世界は一つ、人類は皆兄弟ということでもあります。

と、私が、今のところ考える「平和」とは、こんな感じですが・・・

ってことで、ここからが本題、本日の一曲となりますが、

今週は、夏らしいラテン・テイストの音楽でお送りしてきた

ブログ★ラヂオ、まぁ、訳の分からない前文とのかねあいも

考えてですね、ラテンに含まれる一ジャンルでもあるレゲエで、

ボブ・マーリー(Bob Marley)の「リデンプション・ソング

(Redemption Song)」をピックアップして参ります。

1980年発表の最後のオリジナル作品となった

アップライジングUprising)」の最終曲として収録された

一曲です。

(ボブ・マーリーについて詳しくはコチラWikiをご覧下さい)

貼らせて頂いた映像は、いささかマスコミ的な平和といった

イメージもあり、ウソ臭いと思われてしまう向きもあるかとは

思うんですけどね~、趣旨を伝えるには、デフォルメされた

大袈裟さというのも必要だろうということで選ばせて頂き

ました。原詞対訳はコチラのサイト様で掲載されているので、

是非目を通して頂ければと思います。

実際のボブ・マーリーの、やっぱ凄いカリスマ性とオーラ、

エナジーに溢れているライヴ映像はコチラ←クリックでどうぞ。

ということで、ボブ・マーリーの代表作にもなる一曲で、

「リデンプション・ソング」です。

平和な週末を♪



Redemption Song | Playing For Change





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

自然&生きる&レゲエ

前回は「頑張ろう」よりも「育てよう」的なスタンスで、

この難局に臨んでいきたいみたいなことを書いてますが、

今回はもっと根元的な、やっぱ突き詰めればそうだよねといった、

「生きよう」といった感じで参りたいと思います。

そもそもこの悲劇は、自然の猛威にされされてしまったことに

よってもたらされているのですが、かといって、人は自然の恵みを

得ることでしか生きられない分けだし、人にとって自然は

脅威でもあれば、無くてはならない有り難いものでもある分けです。

この矛盾した感じを、できれば大らかな心持ちで受け入れて生きて

いった方が健康的だろうと私は思っていて、

やはり、自然によって人は「生かされている」といったところに

思いが至る分けです。

人は自然に抗(あらが)うことはできないというか・・・

そりゃ、人というのは弱い生き物で、動物のように丸裸で自然の中で

生きていくことはできなくて、ある程度、人工的な方法で身を

守らなくてはならないのですけど、それが、行き過ぎたことに

なってしまい、自然を克服したなどと思い上がってしまうと

とんだしっぺ返しを食らうってことになるんじゃないでしょうか。

今回の原発事故に私はそれを見ます。

自然に対する「畏怖の念」というのは忘れてはならないし、

どんなに文明が進歩したところで、良い面も悪い面もある自然と

共にあるという思いは持ち続けていたいものだと思います。

・・・とそんな感じの自然の中で、何があっても共に「生きよう」

というのが今回のテーマになりますが、そんな自然から思い切り

生命力を授かり、発散させて「生きよう」とする思いに

力を与えてくれるアーティストということで、私が最初に

思い浮かべる、ボブ・マーリーの「ライヴリィ・アップ・ユアセルフ」を

本日の一曲としてお送りしたいと思います。

まぁ、レゲエなんですけど、基本的にレゲエにはそのような

イメージを持ってます。

「Lively Up Yourself」、「元気だしなよ!」って感じの

曲になりますかね(コチラ

ってことで、このリズム、ホント、元気出てくるんですけど、

ボブ・マーリーで、「ライヴリィ・アップ・ユアセルフ」です。

(ボブ・マーリーについて詳しくはコチラをどうぞ)



Bob Marley - Lively Up Yourself

Lively Up Yourself - Live! (Remastered)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レゲエ大御所の愛のメッセージ

さて、蒸し暑い最中、おくつろぎをといった趣で、

レゲエを選んできた今週、本日は、いよいよ、前回も少し

触れましたが、ルーツ・レゲエの大御所、ボブ・マーリー

登場でいってみたいと思います。

やはり、この人に関しても、その音楽に向かう姿勢や思想、

社会に対するメッセージ性といったところには、触れない分けには

いかないのでしょうけど、ココ、ブログ★ラヂオでは、

そういったデリケートな部分には、あまり触れたくはない、

というか、私には、難し過ぎるというか(笑)、その辺は、

音楽を聴いた人各自が自由に感じ取って、影響を受けるなり

日常生活の糧としていただければいいと思っている

ということで、逃げたいと思います^^

まぁ、ここで音楽を選ぶ時に、まず考えるのは、

それが、楽曲として、音として素晴らしいかどうかということで、

ただ単にアーティストのメッセージが深く込められた

曲だからという理由で選ぶということはまずしないですしね。

で、ボブ・マーリーは、偉大なメッセンジャーでもありましたが、

それ以前に素晴らしいミュージシャンであったと

私は思うわけです。

70年代後半から、80年代にかけて、例えば、ロックでも

デコラティブで大がかりな音へと変化していった分けですが、

この人の余計なものは全て削ぎ落としたようなスカスカな音は、

実に新鮮で気持ち良く響きました。

曲も良くて、メロディ・メーカーとしても素晴らしいと思います。

ま、なんだかんだと言ってますが、とにかくレゲエのリズムは

心地良いってことなんですけどね(笑)

ということで、本日の一曲は、「ワン・ラヴ」。

ボブ・マーリーの曲は、人々を扇動するような攻撃的な曲と、

愛や平和を歌った穏やかな癒し系といったものとで、大きく

二つに分けられるのですが、この曲はもちろん後者。

むしろ癒し系の曲にこそ、この人の真価が発揮されるように

私は、思うのですけどね。メチャメチャ厳しいところを

行った人だからこそ、持てる優しさということなのかもしれません。

映像は、やたら子供が出てきて、どこかの企業が好感度を上げるために

作ったCMのようでもありちょっと残念かな・・・ボブ・マーリーも

ちょっとしか出てこないし・・・その代わりと言ってはなんですが、

ポール・マッカートニーが出てきます(笑)

それでは、ボブ・マーリー、1977年発表のアルバム「エクソダス」からの

ヒットで、「ワン・ラヴ」です。



Bob Marley - One Love / People Get Ready

One




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

芯から癒されちゃって下さい

さて、今週は「夕暮れ」「夜」を感じる癒しの曲ということで

やってまいりましたが、一応ここで一旦終了ということにさせていただきます。

もっと、ジャズやソウルの深淵なやつとか、

AORやブラック・ミュージックのサラサラとしたお洒落なやつとか、

いろいろ考えてもみましたが、結局は割とポップで

ちょいベタかなあというところで収めた感じになりました。

実はこのくらいの所が一番休まるのではと思ったりもしましたのでね。

で、今日はちょっと変わったところというか、レゲエですね。

ビデオを観ていてかなり和むものがありました。

やっぱこれが一番なんじゃないですか。

もう、芯からくる感じですかね(笑)

ボブ・マーリーで「ノー・ウーマン・ノー・クライ」です。


Bob Marley - No Woman no Cry
アップロード者 la_shivi. - 音楽動画、アーティストのインタビュー、コンサートやその他色々。

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Bob Marley - No Woman No Cry

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レゲエ・レジェンド ボブ・マーリー

昨日に引き続きのレゲエということで、

やはりというか当然のようにボブ・マーリーです。

この世界ではレジェンド(伝説)ということになってます。

ボブ・マーリーといば、一般的に差別、抑圧、貧困からの解放、

立ち上がろう!戦おう!ウォー!といったイメージですが、

ほぼ単一民族の日本に生まれ育った私には、

どうもそこのところがリアリティーを持って捉えきることができません。

それどころか、レゲエという音楽の性質上、

あのンチャカ、ンチャカというリズムを聴いてしまうと、

どんなに悲惨で惨めというか、戦闘的であったり重たい内容の曲でも、

脳天気、さらに言ってしまうならば間抜けに聞こえてしまいます。

で、ここでちょっと待てよと。

どんなに悲惨で惨めな状況であろうとも脳天気でいられるというのは、

実は本当に「強い」ということなんじゃないの、なんて思ったりするわけです。

そこのところがジャマイカ人、ラスタマンの奥深さなのでは

と勝手に解釈し、私のレゲエが好きな理由なのではと思ったりします。

(ただ単にあのンチャカ、ンチャというノリと最小限の音数、

簡素というか簡潔なアレンジが気持ちいいだけなのかもしれませんが。)

で、ボブ・マーリーに戻りますが、前述のような理由で好きなのに加えて、

さらにはメロディー・メーカーとして本当に素晴らしいと思うのです。

攻撃的な曲で盛り上がるのも良いのですが、

むしろ「ノー・ウーマン・ノー・クライ」に代表されるようなソフトな曲に

彼の真価が発揮されるような気がしてなりません。

彼の作ったラヴ・ソングは全て名曲のように思えます。

で、そんなメロディー・メーカーとしてのボブ・マーリーの真価がいかんなく発揮された

ラヴ・ソング「イズ・ディス・ラヴ」を。



Bob Marley - Is This Love

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。