カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジュリー・ロンドン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ムーディーなジャズ、でも過剰?^^

なんか蒸し暑い一日でしたけどね、これから天候は下り坂、

雨も降りのその後は、グッと気温も下がり秋も深まっていく・・・

週末にかけての天気予報はそんなシナリオのようです。

と、まぁ、そんなところで、今週は、秋の風情という

季節感を盛り込みつつ、ジャズといった音楽はいかがでしょう

みたいな趣きでやってきました。

で、本日は、ってことなんですけど、いわゆるモダン・ジャズを

続けてばかりでも芸がないと思い、ジュリー・ロンドン(Julie London)

が歌う「バイ・バイ・ブラックバート(Bye Bye Blackbird)」を

ピックアップしてみます。

コチラで聴けるマイルス・デイヴィスの演奏がつとに有名になる

スタンダード・ナンバーなんですけどね、今回は、YouTubeで、

とても雰囲気のある映像を見つけたということで、ジュリー・ロンドンです。

1940年代中頃から60年代にかけて活躍した、アメリカ出身の女優兼

ジャズ・シンガーになります(詳しくはコチラ、Wikiをご覧下さい)

で、貼らせて頂いた、雰囲気のある映像というのは、日本での公演の模様

なんですけどね、YouTubeでは、1964年となってますが、Wikiを信じる

とすれば、1965年の5月初来日時のものになるようです。

何やらベースの人との妖しいデュオといった様相ですが・・・^^

ジュリー・ロンドンの夫は、「ルート66」の作者として知られる

ボビー・トゥループになりますが、この時は夫の率いるバンドと来日

していて、そのバンドのドン・バグリーって人がこのベーシストに

なるようです。最後までご覧頂ければ分かるんですけど、当時としては

かなりの刺激的なパフォーマンスだったんじゃないでしょうか。

いや、今でも、私的にはちょっとムカついたりもしますが・・・(笑)

何もそこまですることないですよね、しかも、多分後ろの方にいる

と思われる夫の前で(笑)、まぁ、最後のベースの「ブィ~~~~ン」

ってのが「笑」なので許すことにしますが^^

あと、そうですね、ブラックバードとは、クロウタ鳥になりますが、

不安や苦悩の象徴をブッラクバードということにして、「バイバイ」

っていう歌の内容になります。(コチラで原詞、訳詞を掲載されています)

ということで、ジュリー・ロンドンの豊潤で妖艶なヴォイス、

お楽しみ下さい、「バイ・バイ・ブラックバート」です。



Julie London - Bye Bye Blackbird

Bye Bye Blackbird - Cry Me a River



スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。