カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「クリーム 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「ギター・アイドル」第一弾、ブルース渡り鳥

9月も中盤、季節は秋ということになっていきそうな気配

もありますが、今日、こちらでは、昼間はまだ若干暑かったです。

まだまだ、本格的な秋というには、早いようなので、

毎日あれやこれやと音楽をチョイスしている

当ブログ★ラヂオといたしましても、秋っぽい曲を

連ねていくには、ちと早いといったところで、先週は、

ポップ洋楽史上においては、やはり無視しがたいというところ、

アイドルを思い浮かぶにまかせて、並び立ててみましたが、

今週も、まあそんな感じで、そして、私の個人的にも

音楽を聴いてきた中で重要だと思われる、「ギター・アイドル」達

を上げ連ねてまいりたいと思います。

まあ、私、いわゆるロックと呼ばれている音楽もあれやこれや

と聴いてまいったわけですが、やはりカッコイイなあと思わせるのが

ギタリストでありました。なんとなくテクニシャン、ニヒルに構えた

感じっていうんですか、ボーカルが陽であれば、ギタリストが陰みたいな、

そんな大人を思わせるところに惹かれていたのだと思います。

そして、ギタリストの奏でる音なりフレーズでいろいろと見分け

られるようになってこそ、いっぱしの音楽ファンという思いもありました。

ふ~む、このギタリストのこんなところが素晴らしいのだ、

と分析的に悦に入るのが好きでした。ってか今でも好きかな(笑)

といっても、そこはブログ★ラヂオ、あまり深く掘り下げることもなく、

洋楽初心者でも、耳にしておいても損はないだろう、といった

ごくごく基本的なところ、あえて紹介するのもどうよ?

といったところを臆面もなくピックアップしてまいりたいと思います。

左のいっぱい並んだカテゴリには、取りあえず代表的なところは

できるだけ押さえておきたいという意味もかねて、みたいな(笑)

ということで、初日一発目、出ました、エリック・クラプトン、神様

といったところで。

ご存じでしょうが、とても長いキャリアのある人で、

この記事で全てを語るのは、無理な話、「やなこった」って感じですが、

ギタリストとして取り上げるならば、やはり初期の頃、1960年代の後半

にかけてということになりましょう。クリーム時代の

「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」で本日はいってみたいと思います。

とにかく、イギリスにおいて、ルースターズというローカルバンドで、

プロのミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせてからは、

ヤードバーズ、ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズ、

クリーム、ブラインド・フェイス、そしてアメリカに渡って

デレク・アンド・ザ・ドミノスと数々のバンドを渡り歩くことになるのですが、

どのバンドも長続きしたためしはなく、短期間のうちに、脱退、解散

ということを繰り返すのですが、私は思うにクラプトンという人は、

結局のところ演奏したい音楽は、ブルースだけなんだけど、

白人ギタリストとして、どうやってプレイすれば自分にとって一番しっくり

くるのか分からず、見定められずにいた状態で

ずっとやってきた人なのだと思います。

自分探しってんですか、ギターを抱えた渡り鳥状態を続けていたのでしょう。

決して自分の本当にやりたい納得した音楽をしているわけじゃないんだけど、

裏腹に世間からは神様などとあがめ立てられ注目は浴びてしまう、

結構そんな感じはずっとプレッシャーだったのだと思います。

おそらく、ソロとして作品を発表するようになってもそんな感じは続いていて、

完全に吹っ切れたと思うのは、1994年発表の全曲ブルースのカバー・アルバム

フロム・ザ・クレイドル」以降ということになると思うのですが…

まあ、長くなってしまいそうなので、クリームについて触れておくことにしますが、

このバンドもクラプトンの意志が全面に反映されてってことじゃないですね。

ベースのジャック・ブルースのセンスでイニシアチブが取られたバンドでしょう。

ロック、ポップス、ブルースやジャズの融合ということでしょうか、

ジャズ畑のドラマー、ジンジャー・ベイカー、ブルースのクラプトンと

もう絵に描いたようですけどね。全てはジャック・ブルースのセンス

のような気がするのですけど…

いや、ジャック・ブルース、良いミュージシャンですよ。

決して嫌いじゃないし、その独特で、暗さを漂わせた、でもブルースというのとも

違うドロっとした感じのサイケもしくはプログレともいえそうな

音楽センスはむしろ好きです。

ということで、クリーム、1967年発表の「カラフル・クリーム」に収録されている

「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」です。

因みに映像でギター・ソロ時のクラプトンの手元が不自然なほど

映し出されていないないのは、左手の運指については当時企業秘密だったから、

なんて話を聞いてこともありますが、どうなのでしょう?



Cream - Sunshine Of Your Love

iTunes ダウンロード icon




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コピーするならコレ!「クロスロード」そして「オー・ブラザー!」

前回に引き続き、

エリック・クラプトンというか、彼が在籍していたクリームの

「クロスロード」が今回のネタです。

この曲私コピーしました。

コピーし終えて、あ、オレ、ギーター弾けるんだってなにげに自身が持てました。

なので、一応クラプトンは私のギターの師匠ということになってます。

初心者というか、コードが弾けたり、ちょっとしたフレーズの弾ける人は、

この曲のコピーはオススメです。

(もし本当にコピーするのなら、今回アップしたビデオじゃなく

コチラ、アルバム「クリームの素晴らしき世界」に収められたフィルモアでの

ライブ・ヴァージョンが、ソロとかよく錬られてる感じがしていいと思います)

やっぱギターはとりあえずブルースでしょう。

チョーキングやらプリング・オン、プリング・オフ、スライドといった

基本のテクニックも勿論習得することができます。

このブルース・ギターというやつを一度は踏んだ上で、

ハード・ロックなり、ジャズなり、フュージョンへと進んでいくのが

本筋かと思われます。

勿論そのままブルース・ギターを極めるのもアリです。


Cream - Crossroads 投稿者 sixtiesfreak

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

Cream - Crossroads

iTunes ダウンロード icon




因みにです、

この「クロスロード」の原曲はローバート・ジョンソンという

ブルース・マンによるものです。

あらゆるポピュラー・ミュージックの源はこの人から、

なんて言われ方をよくします。

「クロス・ロード(・ブルース)」という曲は

“オレは交差点でひざまずいていた”みたいな歌い出しで始まるのですが、

ロバート・ジョンソンには、交差点で悪魔に会い、

魂と引き替えにギター・テクニックを手に入れたなんていう

有名な逸話があります。その交差点は現存するらしいです。

(詳しく知りたい人ははコチラというか、

「ロバート・ジョンソン クロス・ロード」で検索すればぼろぼろ出てきます。)

とにかく、ローバート・ジョンソンの残した曲というのが、

現在一枚のCDにまとめられていて、

それを聴けばもの凄いテクニックの持ち主というのはあきらかです。

一人で弾いているとはとても思えません。悪魔に魂を売ったに違いないです。

さらに(今回は長いです)、

ロバート・ジョンソンというと

私はコーエン兄弟の「オー・ブラザー!」という映画を思い出します。

あきらかにロバート・ジョンソンを意識したギター弾きが出てきます。

本当に面白い映画でした。傑作、名画だと思います。これこそオススメです。

詳しくはコチラ




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

お坊ちゃまな総理が続きますが

安倍さん、福田さんは品の良いお坊ちゃま総理でしたが、

麻生さんは、お坊ちゃまでありながらも男らしさを主張する

例えば、4WDを乗り回しているような、

ちょい悪でやんちゃなお坊ちゃまという感じです。

それだけに、こちらの方がよりリアルか。


そんな麻生さんにはこの曲を。



Politician - Cream Farewell Concert '68

iTunes ダウンロード icon

ちなみに、ギターを弾いているのは、

若き日のエリック・クラプトンです。



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。