カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「マット・ビアンコ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

真夏の30秒

今日こちらでは、午前中は雨模様、そのせいか昼からは

曇りとなりましたが、激暑い昨日までの猛暑からは一段落

ついたような、少し過ごしやすい一日となりました。

それにしても、その変わりということになるんでしょうか、

やたら湿気を感じる蒸す陽気となってます。

灼熱の火に焼かれるか、蒸し焼きにされるかって感じ、

いずれにしろ、この時期、肉体的には過酷ということに

なるようです。

そんな最中、今週末には、取りあえず一息つける

お盆休みを迎える分けなんですけどね。

ここでまたリフレッシュ、鋭気を養うということになれれば

良いと思います。ってことで、今週のブログ★ラヂオと

なるんですけど、そんなお盆休み、お出かけになる方、

里帰りされる方、家でゴロゴロされる方、色々かとは思いますが、

まぁ、真夏の休暇前、ここはやはり気分はトロピカルといった感じで

行ってみたいと思ってます。

で、本日アップの一曲は、マット・ビアンコ(Matt Bianco)の

「ハーフ・ア・ミニット(Half A Minute)」です。

(邦題は「30秒の奇跡」とつけられてます)

今でもオシャレな音楽フリークの間では人気のマット・ビアンコ。

これは、1984年発表のデビューアルバム、「探偵物語

Whose Side Are You on)」の収録曲、シングルカット

されヒットし、もういかにもな感じの彼等を代表するラテンテイストで、

軽快、オシャレ、心地良しといった一曲です。

マット・ビアンコは、イギリスのグループで、マーク・ライリー個人の

バンドユニットとなりますが、この「ハーフ・ア・ミニット」は、

初期のメンバーとして参加していて、今ではソロとして活躍する

バーシア(Basia)によって歌われてます。

透明感、クリスタル、軽やかって歌声、やはりこの時期には

持ってこいです。(昨年は、この時期、コチラでマット・ビアンコ、

取り上げてます。その時は、バーシアのボーカルではなかった分け

なんですが、それでも、この時期に良く合うグループに違いないです。

「Yeh Yeh」って曲でしたけどね、合わせて聴いて頂ければと思います。

マット・ビアンコについて詳しくはコチラWikiでどうぞ)

ということで、マット・ビアンコ、「ハーフ・ア・ミニット」です。



Matt Bianco - Half A Minute





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

まさに軽快、イエー・イエー♪

夏らしいラテン・テイストなノリで、ポップな曲といった

イメージで、何曲かお送りしてみたいということで始めてみた今週、

本日は、そんなノリならばということで、ふと思い出した、

マット・ビアンコ(Matt Bianco)の登場で行ってみます。

マット・ビアンコ、名前だけは何となく耳にするんですが、

これ、人の名前じゃなくて、グループ名なんですよね。

・・・みたいな、ってことで、実は、恥ずかしながら今回取り上げるに

当たり調べてみて初めて知ったんですけど(笑)、まぁ、そうやって

音楽知識も増えていくってものですが、マット・ビアンコは、

マーク・ライリーを中心とするイギリスのバンドユニットになります。

現在でも一線で活動を続けていますが、一番ブレイクしていた時期は、

80年代になるのかなぁ、いや、84年にデビュー以来、現在まで、

コンスタントにアルバムを発表し、まぁ、オシャレ洋楽ファン筋

とでも言いますか、そんなところでは、人気をずっと維持している

グループということになりそうです。

ジャズ、ラテン、ポップスの融合という音楽性、いかにもといった

UK、心地良いサウンド系の老舗グループになります。

ちなみに、日本で最も知られるようになったのは、憶えている人も

多いかと思いますが、日産・ティアナのCMでドゥービー・ブラザーズの

カバー「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」が起用されたことに

よります。(コチラで聴けます、さらには、オリジナルはコチラ

どうぞ、マット・ビアンコについて詳しくはコチラ又は

コチラ←クリックでご覧下さい)

で、本日アップの曲は、「イエー・イエー(Yeh Yeh)」。

かなりポップな一曲になますが、オリジナルは、ジョージィ・フェイム

なるんですけどね、私的には、相当好きな曲ということで、

ジョージィ・フェイムのバージョンで、いつかココで取り上げてみたいと

思ってたんですけど、たまたま、マット・ビアンコのカバー・バージョンを

見つけてしまい、それも、かなり出来が良いということで、

今回のアップになったというのが、真相って感じになります^^

ということで、これは、1986年発表のアルバム「Matt Bianco」に

収録され、シングルとしてもヒットしています、

マット・ビアンコで、「イエー・イエー」です。



Matt Bianco - Yeh Yeh

Yeh Yeh - The Best of Matt Bianco



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。