カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「エリック・クラプトン I 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「育てる心」で臨みたいと思います

昨日は、サッカー日本代表対Jリーグ選抜といったチャリティー試合の

開催で盛り上がりを見せていました。私は、岡崎選手のシュートが

決まった辺りで、切り上げてしまったのですけど、その後ニュースで

見たカズのシュートには感動してしまいました。やはり、この男こそ

キングと呼ばれるに相応しいと思ったところです。

ただ、この試合でもそうだったですけど、最近テレビを見ていて

気になるのは「頑張ろう」という言葉です。

何をいったい今以上に頑張るんだと、真面目に考え出すと結構ヘビーな

言葉のようにも思えます。でも、まぁ、テレビなどを見ていると

あちこちで募金活動を始める人とかいるみたいで、私のような

人間は機会があればそういったことに少しでも協力させてもらう、

そのくらいのことしかできないし、それで良いと思ってますけど、

どうでしょう・・・

それから、まぁ頑張れるといえば、節電であったり、計画停電、電車の本数が

減ったりだとか、品薄状態、さらには、ひょっとしてこの先ある

かもしれない、被災者支援のための増税だとか、そのようなことで

つべこべ言わずに頑張って耐えていくということなんだと思います。

けれども、これは、考えようによっては、某電力会社だとか権力側の

人達にとって都合の良い話ばかりなんじゃないかと思えてしまったりで、

ひょっとしてあの大袈裟とも思える「頑張ろう」コールは、そういったことを

正統化するためのものかと勘ぐりたくもなってしまいます。

でも、皆が幸せに暮らせるのだったらということで、甘んじることができる

というのもこの国の良いところなのでしょう。

・・・って感じで、ただ画面の向こうで明るく「頑張ろう」と言われても

いろいろめんどくさいことを考えてしまう私ではありますが^^、

この状況でシンプルでいるには、「頑張ろう」という言葉よりも、

「生きよう」とか、今回テーマにしたい「育てよう」という言葉の方が、

私的には、しっくりくるように思います。

「復興」よりも「育てよう」って言ったほうが、なんだか未来を

感じて良いように思いませんか?

ということで、本日の一曲となりますが、

エリック・クラプトンで、「レット・イット・グロウ」です。

「Let It Grow」、「育てよう」というか「育てなさい」的な

ニュアンスになるんですかね。(訳詞はコチラ

例えば、植物を育てるとすれば、前述のように頑張って水を与えることも

必要になってきますが、実際に「頑張る」というよりも、「見守る」

「愛でる」という時間がほとんどで、そういった心のあり方も、今、そして、

今後長い間続くことになるんでしょうけど、大事になるんじゃないかなと

思ったりします。

ってことで、1974年発表のこれも名盤と言われている

461オーシャン・ブールヴァード」に収録された、

ファンの間では結構な人気曲ということになる、

エリック・クラプトンで「レット・イット・グロウ」です。

(461 オーシャン・ブールヴァードについて詳しくはコチラ

クラプトンについてはコチラをご覧下さい)

↓ にもYouTubeよりスライド映像を貼らせてもらいましたが、

今回の記事に合ったオススメのイメージ動画は

Let It Grow ← をクリックで観ていただければと思います。

綺麗な花や風景写真の数々と共に癒されもすることでしょう♪



Eric Clapton - Let It Grow

Let It Grow - The Cream of Clapton




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロックの輪廻転生、真夏のホラー?

今週は、お盆明け、ロックなテイストで、もう一度気合いを入れ直し

この猛暑を乗り切っていこうということで始めてみましたが、

あまりにも過酷な猛暑、前回のジャック・ジョンソンでは、

早くも一息入れてしまうというグダグダ感も織り交ぜつつ、

本日は、まぁ、ちょっと熱い演奏となりますかね、私的には、この暑さで、

気合いをいれるには、ちょうどいいテンションということにもなりますが、

エリック・クラプトン・バンドの演奏で、「テル・ザ・トゥルース」でいってみます。

クラプトンが主要メンバーだったデレク&ザ・ドミノス、1970年発表の名盤

「いとしのレイラ」に収録されている一曲です。



で、まぁ、本日のご注目は、この名盤の話というよりもアップの映像で、

ギターを弾いている最近話題のギタリスト、デレク・トラックスです。

実は、本日はデレク・トラックスでいってみようと思い、YouTubeを検索していたら、

この映像が見つかったってことなんですけどね、そういった意味で、先ほどは、

クラプトン・メインというよりも、クラプトン・バンドとして紹介させてもらいました。

いいギタリストなんじゃないでしょうか、ことギター演奏において、

ここでは、クラプトンも食ってしまっているように思います。

で、もう一度「いとしのレイラ」の話に戻るんですけど、このアルバムには、

デレク&ザ・ドミノスの他に、全面に渡ってデュアン・オールマンが参加していて、

名演を聴かせてくれる分けですが、デュアン・オールマンと言えば、

オールマン・ブラザーズのギタリスト、そのオールマン・ブラザーズのドラマーが、

ブッチ・トラックスで、この人の甥っ子が、このデレク・トラックス

ということになります。因みにデレクとは、デレク&ザ・ドミノスから

取られているとのことです。

残念ながら、デュアン・オールマンはバイク事故で亡くなられている

のですが、あたかもデュアンの生まれ変わりのようなスライド・ギターを

ここで披露してくれているのが、デレク・トラックスです。

ロックの輪廻転生とでも申しましょうか、ゾンビ現象というのも変ですけど、

真夏のホラーといったことでも、この時期にはピッタリな演奏と

なるんじゃないでしょうか。わけ分かりませんが・・・^^;

他にも、クラプトンとボーカルをとっているドイル・ブラムホールIIとか、

9月に発売されるニュー・アルバム(コチラ)の関係で、ツッコミたいところが、

満載映像なんですけど、長くなってしまいそうなので・・・

詳しくお知りになりたい方は、リンクを丹念にクリックされるのが良いかと思います^^

ということで、これは、2007年のクロスロード・ギター・フェスティヴァルでの模様と

いうことになります、エリック・クラプトン・バンドで「テル・ザ・トゥルース」です。



Eric Clapton - Tell the Truth

Tell




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

80年代のクラプトン

コラボ作品を連ねている今週のブログ★ラヂオ。

本日は、エリック・クラプトンティナ・ターナーのコラボで、

「ティアリング・アス・アパート」です。

といっても、この場合、本日アップのビデオでドラムを演奏している

フィル・コリンズとクラプトンのコラボと言った方が正確に

なろうかと思います。

1980年代には、クラプトンの作品をジェネシスのドラマーとして

知られるフィル・コリンズがプロデュースするという二人の蜜月的な

期間があって、アルバム「ビハインド・ザ・サン」とこの曲が収められた

1986年発表の「オーガスト」が残されてます。

いずれもクラプトンの長い音楽歴の中で見れば、異色の作品、

いかにもといった80's・ポップなサウンドで彩られていて、

とにかく元気ハツラツといった様子で、ボーカルにしろ

一時は目一杯弾くようなこともなく抑え目だったギターも

ここでは弾(はじ)けてます。

私生活も順調だったということなんでしょう、長男のコナーが

8月に誕生し、そこからアルバムタイトルの「オーガスト」に

なってるようです。

ただ、息子コナーは1991年、窓から転落し幼い命を亡くしてしまいます・・・

その悲しみから作られたのが、「ティアーズ・イン・ヘヴン」です。

とまぁ、話はそれてしまいましたが、ここで、共演している

ティナ・ターナーに関しては、この頃は元気とはいっても基本ブルージーな

クラプトンと共演しても、まんま彼女のキャラ、いつでもこの人は元気です。

そんな彼女に引っ張られてか、クラプトンもノリノリって感じ

なのではないでしょうか。

多くの人が、知るように80年代に大復活を遂げた歌手ということになります。

(以前、アイク&ティナ・ターナー(←クリック)としても取り上げてます。

合わせてどうぞ)

他には、エルトン・ジョンやマーク・ノップラー(ダイア・ストレイツ)の

顔も見えますが、どうやらこれは、1986年イギリスで行われた

チャリティー・イベント、「プリンス・トラスト」の模様のようです。

ということで、エリック・クラプトン&ティナ・ターナーで、

「ティアリング・アス・アパート」です。



Eric Clapton & Tina Turner - Tearing us apart

Eric Clapton - August - Tearing Us Apart




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ちょっとムカついちゃうかな~?

今週はAORといった趣で綴っていてるブログ★ラヂオ、

今日はエリック・クラプトンで「チェンジ・ザ・ワールド」です。

まあAORって感じのアーティストでもないのでしょうが、

この曲に関しては、AORな名曲だと思っています。

他には、「ワンダフル・トゥナイト」「ティアーズ・イン・ヘヴン

なんてのもあります。

まあ、どれも皆お馴染みだと思います。

クラプトン、過去には、私のギターの師匠であるとか(コチラ)、

ラヴ・ロマンスがどうのこうのとか(コチラ)、レゲエを世界に

広めたのはとか(コチラ)、いいろいろ書いてきました。

なので、これといって書くこともないのですが、

今日アップする映像に関していえば、

まあ、カッコイイなあってことですかね。

後は皆様どうぞお楽しみ下さいという感じで充分

という気もしますが、いやいや、まだ続けましょう。

「チェンジ・ザ・ワールド」はR&B界のスターであり、

有名プロデューサーでもある、ベイビー・フェイスとの共作でも

ありますが、ここでは文字通りコラボというか

デュオとして演奏しています。

7分30秒とちょい長めのビデオですが、最後まで観ることをお勧めです。

アレンジも凝ってるし、クラプトンもノリノリでギター弾いてます。

ただね、ちょっとカッコ良過ぎっていうか、ちょい鼻につくというか、

ムカツクというか…

そう、ちょっとね、ムカついてきたりもします。

なので、一言いいっスか、

パーカッションの女性は シーラ・Eです!

別にたいした意味はないですけど、

言ったらスッキリするかなと、思っただけです。

まあそんなところまで目を配りつつですね、

最後まで観ていただければ幸いかと思います。

それでは、エリック・クラプトンで「チェンジ・ザ・ワールド」です。


Babyface/Eric Clapton Change the World 投稿者 Keo

Eric Clapton & Babyface - Change the World

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ロック史上最大のロマンス「いとしのレイラ」

前回に引き続き、そして前回述べた通り私のギターの師匠ということで、

さらにエリック・クラプトンで、曲は「いとしのレイラ」。

正確にはクラプトンが結成したバンド、デレク・アンド・ドミノスによるものです。

クラプトンといえばブルースということになりますが、

人生さえもブルースを地でいってしまった人でもあります。

この歌もそうです。

人の嫁に恋してしまいます。

そして、それは自身のことを歌っています。

相手の女性は、ジョージ・ハリスン(ビートルズ)の嫁パティー・ボイドです。

またジョージはクラプトンの良き親友でもあります。

クラプトンは悩みます。

さらに悪いことに、同時期に親友のデュアン・オールマンやジミ・ヘンドリックスの

不慮の死といったものが相次ぎます。

勢い、ドラッグに溺れ、アルコールに溺れ。

パティーとはこの後、結婚にまで至りますが、

このような恋愛は古今東西やはり上手くはいかないものです。離婚しています。

といった具合で人生そのものがブルースになってしまうと、

演奏活動もままなりません。この後はしばらく音楽活動は休止ということになります。

そして復帰後は、復活、再生の歴史となり現在に至っています。

「ティアーズ・イン・ヘブン」ではグラミー賞まで取ってます。めでたし、めでたし。

と、まあ今こうして生きてるだけで奇跡といった感じのエリック・クラプトンですが、

真にクラプトンがブルース・マンとして攻撃的なギターを弾いていたのは、

この「いとしのレイラ」までです。

その後の復活、再生の歴史の中で聴けるのは、ポップなブルース、明るいブルース、

分け解かんないかもしれないですが、そんな感じです。

音楽も難しいものです。

で、「いとしのレイラ」は今でも演奏してるみたいですが、

本人的にはどんな気持なのでしょう。

ファンが要求するからしょうがないと言えば、しょうがないのでしょうが。

このロック史上最大のロマンスが、

梨元さんの喜びそうなただのゴシップネタに終わらず、

人生における深みみたいな感じで皆に捉えられているところが、

クラプトンのクラプトンたるところだと思います。



Eric Clapton - Layla

この映像はもちろん復活、再生後のものです。

オリジナルはコチラで。

iTunes ダウンロード icon



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。