カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「グールー 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

オシャレラップ

さて、今週もまた一週間やらせていただいたブログ★ラヂオ、

この梅雨のジメジメとした、ウェットでバッドなコンディションを

クラブ的なグルーヴ、ノリの良い音楽で、やり過ごしてみようって

ことでしたが、本日は、グールーのピックアップで参りたいと思います。

残念ながらグールーは、昨年の4月、43歳(47歳という説も)という

若さにして、亡くなられてしまわれているのですけどね、

ニューヨークを拠点とし、ヒップホップ・グループ、

ギャングスターのMCとして、さらには、ソロプロジェクト、

ジャズマタズ(Jazzmatazz)の主催者として活躍した人です。

元々、ラップにジャズを取り入れてカリスマ的人気を得ることに

成功したギャングスターになりますが、そのラッパーである

グールーが、リアルなジャズ・ミュージシャン達との共演を果たすべく

開始したプロジェクトが、ジャズマタズということになるんですけどね、

ヒップホップとジャズの実験的融合ということになりますか、

「ヒップ・ホップ・ジャズ革命」なんて邦題の副題がついたアルバム

からの一曲、「ノー・タイム・トゥ・プレイ(No Time To Play)」を

本日の一曲とさせていただきたいと思います。

これは、1993年に発表されたジャズマタズとしては

最初のアルバムとなり、ファンの間では、衝撃をもって迎えられた

ということになってます。

この「ノー・タイム・トゥ・プレイ」では、共演者として

以前ココで取り上げているロニー・ジョーダン(コチラ)がギターを

弾いてたりしますが、随所で聴かれる、いかにもといった

彼らしい渋いギターが、いい味で曲に絡んでます。

ヴォーカルとしてフィーチャーされている女性は、

D.C.リーです。

と、まぁ、曲説明としては、何やかんやとややこしい感じに

なってしますけどね、曲そのもは、ノリが良くて、

ヒップでオシャレということになるかと思います。

正方形で区切られたブルーノートのジャケット風

PVもホント、オシャレって感じでありますが、

グールーで、「ノー・タイム・トゥ・プレイ」です。



Guru Featuring Ronny Jordan and D.C. Lee - No Time To Play

No Time to Play - Jazzmatazz, Vol.1




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。