カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ザ・ビートルズ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

待ちきれずに追ってしまう春の日差し

さて、今週は、春とは言えまだまだ寒いこの時期、

待わびる暖かな春の日差しを思い浮かべるような楽曲を

選んで、お送りしてきたブログ★ラヂオ、昨晩からはやはり

寒かったですけどね、でも、今日あたりは、大分持ち直しできた

様子で暖かくなってきてました。こちらでは、風が強かった

ですけどね~、もしかしたら、これは、春一番っていう

やつだったのかもしれません、もう春はそこまでという

気がしてきました。

ということで、本日の春の日差しの一曲は、ビートルズ

(The Beatles)の「アイル・フォロー・ザ・サン

(I'll Follow The Sun)」をピックアップして参ります。

まぁ、知らない人はいないビートルズなんですけど、

これは、1964年発表のアルバム「ビートルズ・フォー・セール

Beatles for Sale)」収録の一曲です。

ビートルズ作品の中では佳曲扱いになる曲ですが、

そこは駄曲のないビートルズ、彼等ならではの美しいメロと

アレンジ、ハーモニーで、素晴らしいと言わしめる一曲です。

実質ポール・マッカートニーによって書かれた作品に

なるようです。

「僕は太陽を追っていく」っていう曲で(原詞対訳はコチラ

サイト様で掲載されてます)、「夢を追いかけて、

ここからは去ることにはなるけれども・・・」みたいな感じに

なりますかね、卒業や別れ、旅立ちといったシーズンでも

ありますし、その辺でもハマる一曲かと思います。

(この曲について詳しくはコチラのWikiを)

で、昔からこの曲には気になるところがあって、それは、

出だしのメロディが、やけに不安定に聴こえるってこと

なんですけど、今回調べてみて、私なりに解明してみましたが、

これは、いきなりブルースの終止形(アーメン終止とも言う)

から始まってるからなんだと思います。初っぱなのメロから

終止形ってのも凄いですが、コード進行をみると

コチラで掲載されてます)、キーがCの時のブルース終止、

G→F→Cって形になっていて、「One day, You'll look」の部分

(コードで言うとG→Fの部分)が不安定で次に導き出される

「to see I've gone」(コードで言うとCの部分)で初めて

落ち着くってことになります。で、ブルース終止って

いうのは、普通G7→F→Cって進行になりますが、この曲は、

G→F7→Cとなっていて、さらに、風変わりな印象に

聴こえるってことになると思う分けです。

まぁ、何が言いたかったのかと言えば、ビートルズは、やはり

天才ってことなんですけどね。

(ちなみに、ポールは、私は驚異のブルース終止使いだと

思っていて、「イエスタデイ」も、「レット・イット・ビー」も

この進行は出てきます)

ということで、2分足らずの短い曲ではありますが、そんな天才

ならではのギミックや素晴らしいメロで聴かせる一曲、

ビートルズで「アイル・フォロー・ザ・サン」です。

太陽に向かっていく様な良い週末を♪^^



The Beatles - I'll Follow the Sun

この曲を歌うポールのライヴ映像は、↓URLクリックで。

ファンは大喜びですが、クドイです(笑)

http://www.youtube.com/watch?v=RoRbIkew1Ck






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

John is a great Rock'n'roller

押し迫った、何かと慌ただしい師走、とにかく突っ走る

といった感じから、私は、思わずロックンロールのようだと

思ってしまう月ということで、今週は、ロックンロールな

テイストのサウンドをピックアップしてお送りしてきました。

本日は、ビートルズ(The Beatles)の

「ロック・アンド・ロール・ミュージック

(Rock and Roll Music)」をチョイスです。

まぁ、まんまのタイトルですけどね^^、オリジナルは

チャック・ベリーで、ビートルズによるカバーは、

1964年発表の「ビートルズ・フォー・セール

Beatles for Sale)」に収録されています。

で、何で今日ビートルズかと言えば、明日の

12月8日は、ジョン・レノンの32回目の命日となり、

お偲びさせて頂くということでもあります。

なので、もちろん、この

「ロック・アンド・ロール・ミュージック」は、

ジョンによるリードヴォーカルが取られていて、若さ溢れる

ジョンのヴォーカルが炸裂している1曲になります。

おそらく、ビートルズの楽曲の中でも1、2を争う

アグレッシブなプレイなんじゃないかなぁと思っていて、

それこそビートルズの残した名曲というのは、

多々ある分けですが、私的には、その中でも、

結構印象に残っている一曲であり、パフォーマンス

だったりします。

因みに、この曲、ベースを弾いているのは、

ジョージ・ハリスンということのようで、ポールは、

ピアノを演奏しているらしいです。

(詳しくは、コチラWikiをご覧ください)

ということで、ビートルズ、

「ロック・アンド・ロール・ミュージック」です。

良い週末を♪



The Beatles - Rock & Roll Music


おまけで~す^^

この曲の出色のカバーを見つけてしまいました。

紹介せずにはいられないという気持ちを抑えきれず、

コチラ←にリンクしておくことにします。

ザ・ピーナッツです^^






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やはり革命だったんじゃないでしょうか

アップルとウィンドウズ・パソコンを比べると、いや当時は

ウィンドウズではなくMS-DOS、IBMパソコンなんて言ってましたが、

ワクワクするという点では、いつもアップルの方が上回っていたように

思います。このワクワク感が今のiphoneにまでずっと続いている

ことになるんですけど、ワクワク感を生み出す天才、

スティーブ・ジョブズ氏がお亡くなりになりました。

昨日辺りから大々的に報じられているところなんですけどね。

いろいろと考えさせられてしまうものがある分けです。

パソコンを世に送り出した最初の人物ってことになりますか、

スティーブ・ウォズニアックと共同で開発された、

アップルコンピューターがそれに当たる分けですが、

まぁ、技術的に、真の天才はこれをほぼ独力で造りあげた

ウォズニアックの方だと思うんですけどね、ジョブズはプロデュースする

能力、人々を魅了する能力に超長けたカリスマになるかと思います。

時は1972年、ジョブズはコーラの瓶を売って食費を稼ぎ放浪していた

と言いますから、ウッドストックのコンサートが1969年の事ですので

フラワームーヴメント、ヒッピー文化に影響されてたってことに

なるんでしょう、そして、ウォズニアックにいたっては(コチラ

見るからにヒッピーなんですけどね^^、パソコンもそんな文化を背景に

生まれてきた代物になります。出所は決して由緒正しいものではないです。

なので、いまだにハッキングやらウィルス、2ちゃんねるやらオタクとか、

そんないかがわしいものも内包していると私は考えるんですけど、

そのような祭りの屋台的で、アンダーグラウンドないかがわしさとでも

言いましょうか、その辺が逆に魅力でもあったりして、私もこのようなブログを

やっているのだとも思います。

もちろん、パソコンの発達が世の中を変えてしまったのも事実で、

ビジネスにおいては、ビル・ゲイツのマイクロソフトが、

エンターテイメントの分野においてはアップルがということで概ね大別

されるんですけど、元々はヒッピーをやっていた人達が、

「何か面白いことがしたい」さらには、「世界を変えてやるぞ!」

といった思いを持つようになり現実のものとなっているという分けです。

それはさらに加速され、今の中東やらウォール街での騒動も

端は、この二人のヒッピー、二人のスティーブによって発せられている

ように思えて仕方がないです。

ってことで、ブログ★ラヂオ、本日の一曲になりますが、

そんな感じで思い浮かんだ曲、さらには、今週テーマにしている

秋晴れの日に聴きたい曲ってことにもなる・・・と思いますが^^、

1968年リリースのシングル盤、「ヘイ・ジュード」のB面に収録され、

編集アルバム「ヘイ・ジュード」に収められた一曲になります、

ビートルズ(The Beatles)で、

「レボリューション(Revolution)」です。

(原詞・訳詞はコチラに掲載されています、レボリューションについて

詳しくはコチラをご覧ください)


スティーブ・ジョブズ氏のご冥福を心よりお祈り致します。




The Beatles - Revolution

Revolution - The Beatles 1967?1970 (The Blue Album)



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

やっぱ凄いと思う4人のしみじみ

しみじみと、夏の終わり、秋の訪れを感じながらの選曲ということで、

今週はお送りしてきたブログ★ラヂオになりますが、

最後の登場になるは、ビートルズ(The Beatles)ってことで

締めくくってみたいと思います。

曲は、「イン・マイ・ライフ(In My Life)」、

ジョン・レノンがリード・ヴォーカルを取る切ない一曲です。

1965年発表のアルバム「ラバー・ソウル(Rubber Soul)」に

収録されていて、詞はジョンによるもの、メロディーの方は、

ポール・マッカートニーとの共作、一説では、ポール単独の作曲とも

言われています。ってかポールは、そう言っているようです^^

コチラのWikiを参照してみました)。

途中のバロック音楽風、チェンバロを弾いているようなソロも

印象的なものですが、これは、元々ピアノでゆっくりと弾いて

録音されたものを、実際の曲のテンポに合わせて高速で再生させたら

このような音になったということのようです。

確かにそう言われてみると、ソロの最後の方が不自然に

早く感じたりします。

といった感じで、録音の方法とかも凝っている分けなんですけど、

「ラバー・ソウル」は、プロデューサーのジョージ・マーティンと

共にビートルズがそういった録音等も含め、トータルな面で

意識的に取り組み出した最初のアルバムとされています。

このアルバムと次の「リボルバー」辺りをビートルズの最高傑作とする人も

少なくないです。

私は、多分、4人が一つの方向を向いていて、しかもそれぞれが、

音楽的な高みに達し脂が乗りきっていたのがこの頃って

感じがするんですよね。

この辺を最後に段々と別々の方向に向かって行くように思います。

(アルバム「ラバー・ソウル」について詳しくはコチラを)

・・・と、ビートルズオタクっぽい事ばかり書いていても、

この曲の切なく、しみじみとした雰囲気が失われてしまうような

気がするので、切り上げることにしましてですね、YouTubeより貼らせて

いただいた映像は、訳詞がメインになってるものなんですけど、

こうして、詞をかみしめながら聴いてみるとこの曲のしみじみ感が

さらに増してくるってことになってます。

一番愛おしい人というのは、モトカノ?、いや、ジョンの半生を

考えると私は母親のような気がします。

そして、別バージョン、ビートルズの映像と共に見られるPV風YouTubeも

下方に貼り付けさせて頂くことにします。

それでは良い週末を、ビートルズで、「イン・マイ・ライフ」です。





The Beatles - In My Life

In My Life - The Beatles 1962?1966 (The Red Album)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

「愛」を送るバレンタインデイということで

さて、今週は、お菓子業界にとっては勝負の一週間、

バレンタイン・ウィークとなるわけですが、ココ、ブログ★ラヂオも

そんなお菓子業界に加担させていただこうということで、

バレンタインデイを盛り上げるべく「愛」に因んだ曲を何曲か、

ピックアップしていこうと思ってます・・・

って、なにやらニヒルに始めてみましたが、やっぱ気恥ずかしい感じ

ですね・・・ほとんどの場合は、義理チョコなんでしょうけど・・・

まぁ、常日頃より「愛」はメインテーマーの一つとして据えている、

ココ、ブログ★ラヂオではありますが(笑)、それだけに、

あえてとなると、変な感じです。

ということで、本日は、ビートルズ、「オール・マイ・ラヴィング」で

いってみたいと思います。

まぁ、ご存知でしょう。ビートルズのポップ性を思う存分象徴

したような曲です。1963年発表の曲ということになりますが、

あまりビートルズのことを知らない若い世代にも、

なんていい曲なんだ、と思っていただけるのではないでしょうか。

そんな、嫌らしい意味を込めての選曲でもある分けです(笑)

そして、「All my loving. I'll be sent you~♪」と歌われている

あたりは、バレンタインデイにぴったりかと思います。

映像は、完全な口パクですけどね。

そこはかとなく寒い感じも漂ってますが(笑)、あの、世界を

席巻したビートルズも、デビューしたての若い時には、

売り込みのためとはいえ、こんなことも一生懸命やっていた、

ということになるかと思います。

ということで、ビートルズで「オール・マイ・ラヴィング」です。



The Beatles - All My Loving






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。