カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ハーブ・アルパート 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

秋の行楽に哀愁メロのトランペット

週が明けての月曜、また新たな週を迎え、ココ、

ブログ★ラヂオも新たな企画と共に、また一週間お送り

していくことになりますが、お付き合いのほど宜しく

ということで、今週は、ジャズなテイストのサウンドで

音楽をチョイスして行ってみようと思ってます。

秋も深まってきた、というよりは、かなり寒くなってますけどね、

それでも、多くの地域では、今時分が一番の紅葉の見頃にも

なりますか、今週末は、3連休という人も多いかと思いますが、

紅葉もピークにして、今年の見納めって感じにもなるのかなぁ、

みたいなことで、秋の最後の行楽にも出かけたくなるような、

秋ムードのBGM、といったジャズのサウンドといった感じで

今週はお送りできればと思ってます。

で、本日は、ハーブ・アルパート(Herb Alpert)の

「ライズ(Rise)」をピックアップします。

まぁ、ジャズというよりはフュージョン・・・というよりも、

イージー・リスニング風ではありますけどね、現代で言うところの

スムース・ジャズと呼ばれるジャンルの元祖といった感じの

サウンドになります。

大ヒットした曲でもあり、1979年に、インストゥルメンタルの

ナンバーとしては珍しい全米NO.1にも輝いてます。

そして、こちらも大ヒットの同名アルバム「ライズRise)」に収録

された表題曲になります。

ハーブ・アルパートは、ココでは、以前コチラで「Rotation」という曲を

取り上げていて、その時と書くことが、被ってしまうんですけど、

アメリカ出身のトランペッターであり作曲家、メージャーレコードレーベル

A&Mの創始者であり社長としても知られる人です。

そして、日本では、「オールナイトニッポン」のテーマ曲として

「ビター・スウィート・サンバ」(コチラで聴けます)が使われたことで、

誰しもがその演奏を一度は耳にしているということになります。

(詳しくはコチラWikiをご覧下さい)

で、この「ライズ」という曲、ファンキーなイントロから、いきなり

ムード歌謡風のトランペットが意表をつく感じなんですけど、紡ぎ出す

哀愁のメロディはこの時期にピッタリといった感じ、ファンクビートが

生み出す高揚感と哀愁のメロが、実に摩訶不思議なブレンドといった印象で、

聴き入ってしまうということになります。

ということで、多分PVの女性は奥さんで、セルジオ・メンデスと

ブラジル'66の元ボーカリストのラニ・ホールということになりますが、

そのイチャイチャ振りも絵になる男前トランペッター、

ハーブ・アルパートの演奏で、「ライズ」です。



Herb Alpert - Rise





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

いかがわしいけど、純なトランペッター

ゴールデンウィーク、大型連休の初日ということに

なりますか、4月29日昭和の日、いかがお過ごしでしょう。

今週のブログ★ラヂオは、そんなところにちなんで、

行楽へ、ドライブのお供に、フュージョン・サウンドという

ことでやれせてもらいましたが、本日は、

ハーブ・アルパート、「ローテーション」のピックアップ

で参ります。

ハーブ・アルパートは、トランペッターになりますが、

まぁ、フュージョンというよりは、イージーリスニング系の人

なんですけどね、1979年、時はまさにフュージョン・ブームが訪れる

最中に発表された「ライズ」というアルバムが、

ベスト・ポップ・インストゥルメンタル・パフォーマンス部門で、

グラミー賞を獲得するほどの大ヒットとなっていたりで、

フュージョンというか、スムース・ジャズのジャンルに

カテゴライズされる人でもあります。

表題曲の「ライズ」(コチラ)は、インストゥルメンタル・ナンバー

としては珍しい、米チャートでNo.1にもなってます。

今回、YouTubeより貼らせていただいた映像の「ローテーション」

もそのアルバムからの一曲になりますが、何故に有名な「ライズ」

でないのかと言うと(まぁ、どっちにしようか迷いましたが^^)、

私的にこちらの曲の方がカッコいい、というか、今回テーマの

ドライブのお供的なところで、気持ち良さそうと思ったからです。

バックのサウンド・トラックになっている演奏の

リズム・アレンジが、かなりの秀逸さで、ジャズ・ファンク

もしくは、現代のヒップ・ホップに通じるよなカッコ良さと

気持ち良さで響いてきます。

このハーブ・アルパートという人、実は米音楽界では、

結構な大物で、カーペンターズ等が所属している

米メジャーレーベル、A&Mレコードの創設者だったりします。

AはアルパートのAです。ただ、元々は、お金儲けというより、

自身の創作活動のために創設したということのようなんですけどね。

トランペッターの他、作曲家、アレンジャー、プロデューサー

としても活躍する人で、1960年代のデビュー以来ヒット曲も

数多く手かげてます。

特に日本で有名なのは、ラジオの深夜番組、

「オールナイトニッポン」のテーマ、「ビター・スウィート・サンバ」

コチラ)で、誰しもが知るところになるでしょう。

本人的には、トランペッターとしてのミュージシャンという

ところに一番のこだわりがあるようです。

ちょっと、ロス疑惑(三浦〇義)っぽい、いかがわしい風貌

なんですけでね、純粋なこだわりで音楽をプレイした結果、

リッチになってるという風で、やるなぁ~、って感じだと思います^^

(詳しくは、コチラをご覧ください)

ということで、ハーブ・アルパートで、「ローテーション」です。



Herb Alpert - Rotation

Rotation - Rise




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。