カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「ジョン・レノン 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ジョンとヨーコを取り持つエルトンの疾走

2月最後の週、頃合い的にも春はすぐそこ、実際にも暖かさを

感じる日が増えてきていて、このまま一気に寒い冬をやり過ごし

春を迎えたい気持ちから、今週は、「疾走感のある音楽」を

チョイスしてお送りしてきました。

本日選んだのは、ジョン・レノン(John Lennon)、1974年発表の

作品で、アルバム「心の壁、愛の橋(WALLS AND BRIDGES) 」に

収録、シングルカットされ全米1位のヒットとなった

「真夜中を突っ走れ(Whatever Gets You Thru The Night)」

です。もうタイトル通り、冬から暖かな春へと突っ走りたいって

ことですけどね、エルトン・ジョンが参加していて、ほとんど

ユニゾンのダブル・ヴォーカルで歌われています。

ジョンにとって、個人名義のシングル曲としては、初の

全米1位となった曲で(「イマジン」でも最高3位)、当初

とても1位になるなんて考えていなかったジョンは、エルトンと

1位になったらエルトンのコンサートにゲスト出演するという

約束を取り交わしていた分けなんですけど、結果1位にまで

登り詰めてしまい、1974年に行われたエルトンの

マディソン・スクエア・ガーデンでのコンサートにジョンは

出演しています。で、本日は、その時のライヴの模様のYouTubeを

貼らせて頂いてます。・・・と言いたいところではありますが、

実は、この映像は、テレビドラマとして撮られた

「John & Yoko - A Love Story」内のもので(コチラのYouTube、

1:54:20の辺りから)、出演人物は全て偽物です^^

本物っぽいですけどね~・・・、でも、音源の方は本物のライヴ音源で、

これは、エルトン・ジョンのライヴアルバム「Here & There」に

収録されています。

映像では、必要にヨーコ(を演じた人)が映し出されますが、

このライヴの時点では、ヨーコとジョンは別居状態、いわゆる

「失われた週末」ってやつですけど、エルトンによって招待され

ていたヨーコとライヴ終了後、楽屋で再会し、寄りを戻すって

ことにもなってます。その辺の事情はヨーコ自身の口からコチラ

映像(素顔のジョン&ヨーコ (The Real Yoko Ono))で語られてる

分けなんですけど、この映像を見ると、ヨーコって凄い、ってか恐い、

ってかやっぱこの人あってのジョン・レノンだったのでしょう。

この人がいなかったら、ビートルズで才能を開花させた後の

ポールの双極として、ジョンが対峙できたのかってのは私としては

疑問に思うところですしね、音楽作りの上でのインスピレーション、

精神面、恋愛感情、あらゆる意味で、ヨーコはジョンにとって

不可欠な存在だったと思います。

ただ、逆にポールという存在がなかったら、ジョンがそこまで

ヨーコを必要としたかというのは、これもまた疑問なんですけどね、

私が思う、ジョン、ポール、ヨーコの関係っていうのは、そんな

感じです。何だかんだ言っても、ジョンは、心のどこかで、

ポールをライバル視してたと思う分けです。

ということで、何だかとりとめのない記事になってますけどね~^^、

良い週末を♪、ジョン・レノン&エルトン・ジョン、

エルトン・ジョン・レノンとも言いますが(言わない!)

「真夜中を突っ走れ」です。

(この曲について詳しくはコチラのWiki、訳詞はコチラ

サイト様で掲載されてます、原詞はコチラ



John Lennon & Elton John - Whatever Gets You Thru The Night

← ライヴ録音

← スタジオ録音





スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

主張@成人の日

今日は、「成人の日」。

新成人の方々は、晴れ着が着れたり、堂々とお酒が飲めたり、

煙草が吸えるようになるお目出度い日。

それから、成人式のバカ騒ぎみたいなのが、

毎年ニュースになったりしますが、

まぁ、地方では、久々に友人と大人になった姿で

顔を合わせるって感じの意味合いが大きいのかと思いますが、

でも、実質的な意味、この日を境に本当に大人に

なれるのか、といえば、そんなこともなく、

まぁ、形式的なものが、残っているって感じなのでしょう。

私なんて、大人って何だ?、という気がいまだにするし、

「大人になる」って結構永遠のテーマだったりします。

でも一方では、難しいことは抜きに、普通に生きて年を重ねれば、

自然と大人になれる、自分は大人だと言い張れるようになる

という気もします^^

だいたい、生きているっていうのは、それだけで、

結構大変なもんだったりする分けですし。

・・・って、何だかとりとめのない感じになってきましたが、

そんなところを受けて、ブログ★ラヂオ的には、今週は、

大人のイメージっていうんですか、それも、20才の頃、

私が思っていた大人な感じのミュージシャンってところを

何人か行ってみようかな、などと考えています。

で、本日は、ジョン・レノンの登場。

昔、「成人の日」には、「青年の主張」なんていうのが

ありましたけど、とにかく、主張といえば、私的には、

ジョン・レノンってことになりますか、ご存知、元ビートルズ

のカリスマです。

よく言われているとおりの「愛と平和」の主張、

まさに、「成人の日」に相応しいところのメッセージかと

思われます。新成人の方々には、そんな「ラヴ&ピース」な

社会の実現を目指していただきたいと願うところです。

曲は、「イマジン」とかが有名だし良いのでしょうけど、

以前に取り上げてるので、今回は、「マインド・ゲームス」で

行ってみようと思います。(原詞・訳詞はコチラで、

この曲について詳しくはコチラでどうぞ)

1973年発表のアルバム「マインド・ゲームス(ヌートピア宣言)」の

タイトル・ナンバーでシングル・カットもされ、

日本でもよくヒットしていたのを覚えてます。でも、それ程、

ジョン・レノンを代表する曲という分けでもないのですが、

私的には、何故か、非常に感動的で印象深いナンバーになってます。

同じようなフレーズが繰り返されてるだけのような

感じなんですけどね^^

取り上げさせてもらった映像では、冒頭煙草のポイ捨てが、

気になる人もいるかとは思いますが、何分昔のことで、

お許し下さい(笑)

ということで、ジョン・レノンで「マインド・ゲームス」です。


John Lennon - Mind Games
アップロード者 bebepanda. - 他の音楽動画をもっと見る。

映像が切れ切れになってしまう方はコチラで。

John Lennon - Mind Games

Mind Games - Power to the People - The Hits (Remastered)




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

年末祭り

2009年も終了までのカウントダウンが始まったという

感じの最終週の月曜となりますか。

残り4日、このフィナーレを迎えるに当たり、当ブログ★ラヂオと

いたしましては、ニギニギしい、お祭り的な映像と音楽で、

ラストスパートの如く突っ走り、今年一年を振り返ることもなく、

気前よく一気にゴールを向かえたいと考えています。

本日の登場となるのは、ここへきて何となく登場回数の増えている

ビートルズ関連、まあ、前回もそうでしたが、ジョン・レノン

率いるところのバンド、ダーティ・マック(The Dirty Mac)です。

メンバーは、エリック・クラプトン、キース・リチャーズ、

ミッチ・ミッチェル・・・ってニギニギしいでしょう(笑)

言わずと知れた神様クラプトンと、もちろんローリング・ストーンズの

ギタリストでキース・リチャーズ、ここでは、一歩譲るしかなかったのでしょう、

ベースを弾いてます(笑)、そして、ジミ・ヘンドリックスのバンド、

エクスペリエンスのドラマーでミッチ・ミッチェルということになります。

1968年にテレビ番組のクリスマススペシャルとして収録された、

ストーンズ主催のプログラム、「ロックン・ロール・サーカス」からの映像です。

実際には、テレビでは放映されず、お蔵入りになってたものが、

現在はDVDになってます。

他にも超豪華ゲストが出演していて、その中の一コマということになりますが、

お蔵入りになった理由は、ゲストとして参加したザ・フーの演奏がカッコよすぎて、

当時ブライアン・ジョーンズの脱退騒ぎでゴタゴタしていたストーンズと

比較されるとヤバイから放送しないで欲しい、とミック・ジャガーが言ったとか、

言わないとか・・・といった感じで伝えられているようです。

(詳しくはコチラ←クリックでどうぞ)

で、ダーティ・マックが演奏しているのは、「ヤー・ブルース」。

アルバム「ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)」に収録されていますが、

とにかく、現代音楽の全ての要素が詰まっていると評されるほどのこのアルバム、

その中で演奏されている、ビートルズにしては珍しい

ブルース・ナンバーということになります。

http://www.youtube.com/watch?v=XfF0XMLMLqU

さすがに、このダーティ・マックの演奏は、白人ブルースマンとして名を馳せた

人ばかりということで、ビートルズのものと比較すると、全くスムーズ、

こなれていて、ジョンでさえ、ブルースシンガーとしてもイケてるんじゃない?って

思わせるほどのカッコよさで決めてくれてます。

ということで、幻の一夜限りのスーパー・バンド、年末に相応しい夢の共演、

ドリーム・ジャンボ、ダーティ・マックで、「ヤー・ブルース」です。


Dirty Mac - Yer Blues
アップロード者 Gaspard_Elliott. - 最新の注目音楽動画をみる。

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

The Dirty Mac - Yer Blues

The Dirty Mac - Rock 'n' Roll Circus - Yer Blues




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

12月8日は・・・

今週のブログ★ラヂオはロックン・ロール特集ということで、

やらせてもらってます。12月8日の本日は、ジョン・レノンの登場です。

・・・まあ、命日ってことになります。

昨日登場のエルヴィス・プレスリーを敬愛しギターを弾き歌ったのが、

音楽に傾倒していくきっかけになっているということで、実は、

昨日のエルヴィスは半分は前フリといか、まあ、エルヴィスを前フリに

使うなんてとんでもないバチ当たりといか贅沢なことなのですが

・・・スミマセン^^

で、ビートルズとエルヴィスなんですけど、実は一度だけ1965年に

会見が実現しています。セッションなどの交流を終えた後、

エルヴィスが、ビートルズのレコードは全て揃えていると言うと、

ジョンは「僕はあなたのレコードは1枚も持っていない」

と答えたんだそうです。周りの空気は凍りつきます・・・

さらには、ベトナム戦争に賛同する姿勢や、マンネリ気味の映画出演を

痛烈に批判し始めたのだそうです。

このことによって、ジョンはエルヴィスから嫌われる存在になってしま

います。一本気というかなんというか、エルヴィスが好きだからこその

エンターテイメントな方向のみに傾倒するエルヴィスへの批判なんでしょうけどね。

で、そんな一本気のジョンに、さらに拍車をかけるようなオノ・ヨーコ

との出会いとなるわけですが、今回アップのビデオもある意味過激です。

ずっとジョンとヨーコがいちゃついてる映像です。

なんて言うとヨーコさんには、過激なんてとんでもない、世界の皆が

こうやって愛し合えば世の中平和になるのよ、などと叱られそうですが^^

ということで、本日の一曲は「スターティング・オーヴァー」、直訳すると

「再出発」ということになりますが、まさに、それまで音楽活動を休止

していて再出発を切ろうとしていた矢先に起きた1980年12月8日の

不幸な出来事でした。つくづく理不尽にもほどがあると思います。

曲の内容はジョンがヨーコに捧げたもので、5年間のジョンの

「主夫」生活を終え、改めて二人の愛を確かめ合うといったものです。

(詳しい訳詞はコチラ←クリックでどうぞ)

そして、なによりも今特集に相応しい、ロックンローラー、ジョンの

存在を如実に示した会心の一曲なのではないでしょうか。

1980年発表のアルバム「ダブル・ファンタジー」に収録され、死後に

シングルカット、NO.1ヒットというか、ビルボード誌集計では、

ジョンのソロとしては最大のヒットになってます。

ジョン・レノンで「スターティング・オーヴァー」です。



John Lennon - Starting Over

John Lennon - Lennon Legend - (Just Like) Starting Over



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ハッピー・クリスマス

さらに昨日に引き続きというか、

やはりですね、ジョン・レノンで「ハッピー・クリスマス」です!



John Lennon - Happy Xmas (War Is Over)

iTunes ダウンロード icon




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。