カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「デパートメント・S 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

レアないかがわしさ

ここのところ急激に春めいてきていて、

冬に縮こまりがちだった背筋も思わず伸ばしてみたくなる

そんな風情も漂うわけですが、今週のブログ★ラヂオは、

そんな雰囲気にも合う、私的に新鮮でイキのいい音楽と思うところ、

パンキッシュで、ご機嫌、元気の良いロックを聴いていこう

ということで始めてみました。

本日は、デパートメント・S(Department S)の

「イズ・ヴィック・ゼア?(Is Vic There ?)」を

行ってみます。

最近は、あまりメジャーでは知られてないようなところ、

まぁ、前回のXTCは、割とみなさんご存知なようで予想外

でしたが、まぁ、結構なマイナー路線を突き進んでいる

ブログ★ラヂオになりますけど、今回登場の

デパートメント・Sこそ、おそらくここ日本においては、

誰も知らないと思います(爆)

なんせ、ググっても、ググっても、何の情報も得られない

分けですし・・・唯一日本語のサイトで見つけたのが、

コチラの中古レコード屋さんと思われるところだけでした。

私は、例によって、たまたまコンピレーション・アルバムに

収録されていて知ることになり、YouTubeで検索してみたら、

面白い映像が見つかってしまった、ということで、

今回のご登場という運びになりました。

なかなかの、今回のお題に沿う、イキのいい演奏だと思います。

でも、しょうがないので、意を決して、英語のサイトを

見てみることにしたんですけど、まぁ、英語の堪能な私には、

どうやら、イギリスのバンドであり、デパートメント・Sという

グループ名は、イギリスで1960年代に放送された

テレビシリーズからとられたもの、

この「イズ・ヴィック・ゼア?」は1980年に発表された

シングルで、全英チャートで、22位止まり、それでも彼等にとっては

最大のヒット、プロデュースは、モット・ザ・フープルのメンバーによって

なされているらしい、という情報を得るのが精一杯でした(笑)

(詳しくは、コチラでどうぞ、英語ですけど・・・^^)

で、今回貼らせて頂いた映像なんですけど、

とにかく、いかがわしい、インチキ臭い感じプンプンって

ことになりますが(爆)、なんだろう、曲がキャッチーで

良いのかなぁ、よく分かりませんが、引き込まれて

見入ってしまうものがありました。ノリも良いですしね。

歌詞はコチラにありますが、全部でたったの7行です。

それを繰り返しているだけということになりますかね・・・(笑)

意味も非常に分かりやすく私も含め日本人には優しいです(笑)

因みに、冒頭の、これも訳の分からないレゲエ・バンドは、

完全スルーということでお願いしたいと思います。

ということで、デパートメント・Sで、

「イズ・ヴィック・ゼア?」です。



Department S - Is Vic There ?

Is Vic There? - Substance




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。