カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「メアリー・J.ブライジ 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

待望の春、気分はジャスト・ファイン

さて、また新しい週が始まり、3月も中盤から後半へと差し掛かる

一週間、天気予報では、上々の天気に恵まれるようなこと言って

ましたし、いよいよ春も本格化してくるものと思われます。

そんな最中、お送りする今週のブログ★ラヂオは、待望の春到来、

「ウキウキと気分が沸き立つような音楽」ということで、また

一週間曲をピックアップして行ってみようと思ってます。

本日選んだのは、2007年発表、メアリー・J. ブライジ

(Mary J. Blige)の通算9作目となるスタジオ作品、全米1位にも

なったアルバム「グロウイング・ペインズGrowing Pains)」

に収録され、そのリード・シングルとして発売、シングル・チャート

では、22位のヒットとなった「ジャスト・ファイン

(Just Fine)」です。

「ひたすら気分が良い」みたいなタイトルですけどね、もちろん

春を迎え気分が高揚する様子にはジャスト・フィットなナンバー、

原詞及び訳詞がコチラのサイト様に掲載されてますが、すこぶる

ポジティブな一曲で、彼女の力強い歌声と相まって、グイグイと

ウキウキな気分へと誘(いざな)われます。

メアリー・J. ブライジは、1992年のデビュー、それまでソウルと

呼ばれていた音楽とヒップホップの融合を計った現代R&Bの立役者の

一人で、当時は、クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルとも

称されており、そりゃもうレジェンドな存在、以降も活躍を続け、

今やベテランの域に差し掛かってますが、貫禄充分、トップに君臨

し続けるに相応しいといった様子です。(詳しくはコチラWikiを)

ということで、メアリー・J. ブライジ、ウキウキな春気分煽られ

まくりのナンバー、お聴き下さい、「ジャスト・ファイン」です。



Mary J. Blige - Just Fine






スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

メリー・Xmas・ブライジ

明日はいよいよクリスマス、ココ、ブログ★ラヂオでも、

クリスマス・ソングのピックアップということで、先週から

やらせてもらってます。

本日の登場は、メアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)、

つい先日、2013年11月13日に発表された、彼女にとって初の

クリスマスアルバムとなる「メアリー・クリスマス

Mary Christmas)」収録の中から

「Have Yourself A Merry Little Christmas」、邦題は、

「あなたに楽しいクリスマスを」のピックアップです。

今では、黒人のソウル・ミュージックのことをR&Bと

呼ぶのが一般化してますが、ヒップホップの隆盛以降、

その影響受けた、ソウル・ミュージックのことをR&Bと

呼ぶようになったと、一応ココでは、そういう定義付けに

してますが、メアリー・J.ブライジは、1990年代初頭、

そのヒップホップとソウルの融合に多大な役割を果たした

人で、音楽史上においても重要人物、現代R&Bの立役者の

一人で、多くのリスペクトを集めるシンガーになります。

(詳しくはコチラWikiを)

クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルとも称され、当時は

尖りまくり、ブイブイ言わせてた人でもありますけどね、

今回ピックアップのクリスマス・ソングに関しては、

すっかり大人の佇まい、R&Bからヒップホップの要素が

抜け落ち、リアルなソウルミュージックとして歌われている分け

ですが、いやいや、クイーンの貫禄はそのままに、

ソウルシンガーとしても超一流であり、感動の歌いっ振りです。

因みに、収録アルバムの「メアリー・クリスマス」は、

デイヴィッド・フォスターによる全曲のアレンジと

プロデュースがなされていて、演奏は、ロンドン交響楽団に

よるものというかなりの異色作になってます。

「Have Yourself A Merry Little Christmas」は、

いわゆるスタンダードナンバー、コチラのサイト様を

ご覧頂けると、この曲について詳しく書かれていて、

訳詞も掲載されているので是非。

ということで、良いクリスマスを☆、メアリー・J.ブライジで、

「Have Yourself A Merry Little Christmas」です。



Mary J. Blige - Have Yourself A Merry Little Christmas






(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

クイーンのシック&エレガント・ソウル

最近は気温が高めに推移しているせいでしょうか、

なかなか秋も深まったという感じにもなってこないのですか、

いろいろとブログ訪問などさせて頂いてると、ポツポツと紅葉の

知らせなど見かけるようで、そろそろ秋も「酣」となって行く、

そんな時期なんだろうと思います。

って、字が読めない!?、えぇ、そうでしょうとも、変換したら

勝手にこの字になったんですけどね、「たけなわ」と読みます。

他には「闌」とも書くようです・・・と、また一つお利口さん

になったところで、いろいろとためになるブログ★ラヂオって

感じで(笑)、今週もまた始めてみますが、やはり、秋の装い

といった感じになりますかね、先週は結構聴き応えのあるラインナップ、

ともすれば、重たくもなってしまうような雰囲気でもあった分けですが、

なので、今週は、少し軽やか目、シック&エレガントみたいな、

まぁ、そんなおしゃれでハイセンス、ファッショナブル(言ってて

ちょっと「照れ」ですが)、そんなところを目指してまた一週間、

お送りしたいと思ってます。

ってことで、本日はメアリー・J. ブライジ(Mary J. Blige)の

「オール・ザット・アイ・キャン・セイ(All That I Can Say)」

をピックアップです。

1999年のヒット、アルバム「メアリー(Mary)」に収録された一曲で、

プロデュースがローリン・ヒルってことになってます。

まさに、シック&エレガントな一曲になるかと思います。

貼らせて頂いた、夢見心地のPVも良く出来ていて、大人のメルヘン

といった感じ、存分にオシャレな気分へと誘ってくれることでしょう^^

メアリー・J. ブライジは、1990年代の初頭から活躍するアメリカの

シンガーで、R&Bとヒップ・ホップを融合させたスタイルで、

音楽シーンに多大の変化をもたらした人で、昔は、

「クイーン・オブ・ヒップ・ホップ・ソウル」などとも称された

もんですけど、今回取り上げた曲のように、オーソドックスな

ソウル・シンガーとしても十分な実力を備えていて、

今では、押しも押されもせぬ、「クイーン・オブ・ソウル」といった

様子になってます。(詳しくはコチラでどうぞ)

ということで、メアリー・J. ブライジ、

「オール・ザット・アイ・キャン・セイ」です。



Mary J. Blige - All That I Can Say




ボーナス曲を含めた日本盤の方が充実していそうです。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

平成と昭和と変わらずに輝く夜の星

最近は、ドライなエアーのナイト・スカイにシャイニングする

スターがワンダフル、ビューティフルということで・・・

訳分かりませんが^^;、まぁ、ルー的に言えばそんな感じで

「星」をテーマに今週は音楽を選んでみるということで、

やってます。

本日は、メアリー・J.ブライジの「エヴリシング」で

行ってみます。

この曲が何で「星」なのかと言えば、聴けばお分かりに

なるはずですけど、あの、日本人歌手が歌った曲としては、

唯一、1963年にアメリカ、ビルボード誌で、No.1となった、

永六輔作詞、中村八大作曲、坂本九によって歌われた

「上を向いて歩こう」が、カバーされている、というか、

パクられているというか^^;、まぁネタにされている

からです。

もちろん、詞の内容は、ご存知の通り、上を向いて歩こう、

夜空を見て、「星」を眺めて、涙がこぼれないように・・・

ってことなんですけどね。

まぁ、取り上げさせてもらったPVを見る限りは、

「星」とは、あまり関係なさそうなんですけど、

十分そんなロマンティックな感じのする一曲に

なってると思います。

あと、スタリスティックスの名曲「You Are Everything」も

カバーされているというか、パクられている~・・・

ってか、ネタにしています^^

メアリー・J.ブライジは、ココでは、昨年の年末にも

登場(コチラ)してるんですけど、その時も書きましたが、

ソウルにヒップ・ホップを取り入れた歌手としては、

第一人者、クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルなどと

呼ばれ、現代のR&Bへと続く流れに大きな役割を果たし、

今やレジェントと呼ばれるような存在、

パンチが効いた伸びやかな歌声が魅力のアメリカの

シンガーです(詳しくはコチラでどうぞ)

この「エヴリシング」は、1997年発表の

シェア・マイ・ワールド」に収録されていて、

ジャム&ルイスによってプロデュースされています。

ということで、メアリー・J.ブライジで、

「エヴリシング」です。



Mary J. Blige - Everything

Everything - Share My World


そして・・・本家、坂本九です。

こんなイカしたPV(?)があったとは、今まで知らなくて

今回初めて見ました。この曲は海外では何故か「スキヤキ」という

題名で親しまれている分けですが(詳しい経緯をお知りに

なりたいかたは、コチラ←クリックでどうぞ)、冒頭、

新聞に書かれている文字が「SUKIYAKA」になってるのは、

笑えます^^

それにしても、メアリーのバージョンと一緒にこうして

聴いてみると凄く不思議な感じに陥りました。

この映像はおそらく1960年代の初頭のものでしょうから、

たった35~40年の間なんですけどね、昭和と平成とでも

言いましょうか、この激変ぶりは何なんだって思います^^

その間の時代を何の気なしに生きてきてしまった自分っていうのが

すごく不思議な感じです(笑)


Kyu Sakamoto - Sukiyaki 投稿者 Knightrdr

映像が切れ切れになってしまう方はコチラ←クリックで。

坂本九 - 上を向いて歩こう(Sukiyaki)

上を向いて歩こう - ベスト9!




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
ブログ内検索
ブックマークに追加
シチュエーション別まとめ
↓ クリックでどうぞ
ランキング
応援お願い Push Please



blogram投票ボタン

B★R Store



CASSINA IXC. ONLINE STORE

music.jp

HMVジャパン




- 高価買い取りサイトリンク -

ブランド品高価買い取り

ゲーム・DVD・CD高価買い取り
PC・デジカメ他家電系高価買い取り
楽器高価買い取り
受験参考書・テキスト高価買い取り
ALLジャンル高価買い取り
ランキング2
音楽

洋楽

pv

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。